LOADING

お風呂

【決定版】お風呂・浴室リフォームを安くする『6つのコツ』と注意点

お風呂をリフォームする場合、内容によっては費用が高くなってしまう可能性もあります。あまり予算がないという場合便利な機能を新たに備えることができず、せっかくのリフォームもいまいちな完成になるかもしれません。

しかし予算がなくてもコツを理解しておけば、費用を安くすることもできるでしょう。今回はどのようにすれば安くなるかについてまとめますので、これから業者に依頼するつもりの人は事前に参考にすることをおすすめします。

なお、浴室のリフォームを業者に依頼するときの“おすすめ方法“を先に少しだけ話しておきます。

自分で優良業者を探したり、一社ごとに見積もり請求をしたりするのは大変な手間ひまです。

そのため、一度に複数の業者の見積もりが手に入る『一括見積もりサービス』を利用することをおすすめします。

最安値のリフォーム料金で、なおかつ、しっかりリフォーム工事をしてくれる優良業者を探すなら、この方法をぜひ試してみてください。

▼一括見積もりを詳しく見る▼

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

お風呂・浴室リフォームの平均費用と相場

業者にデータを見せてもらう女性

まずお風呂のリフォームにかかる平均費用と相場は、以下の通りです。

ユニットバス入替 50万円~150万円
在来工法 50万円~数100万円
浴槽交換 10万円~50万円
浴室塗装 10万円~20万円
パネル工法 10万円~20万円
床シート貼り 4万円~10万円
浴室ドア交換 3万円~10万円

次に浴槽や床などがセットとなったユニットバスの場合ですが、50万円から150万円と幅が広いです。浴槽の状態によってリフォーム内容が左右されるため、お風呂のように一部だけを新しくするよりも高くなる場合もあります。

また相場はあくまでも相場であり、リフォームのための工事の内容も関係するため絶対的なものではありません。

明るいユニットバス

【お風呂・浴室】リフォームの平均相場と価格別に何ができるか解説!

お風呂・浴室リフォームの価格帯別の平均相場 お風呂や浴室のリフォームは……続きを読む

浴槽のみリフォームする場合の平均費用と相場

業者同士の比較

もしリフォーム内容が浴槽のみに限られる場合、平均費用と相場は以下の通りです。

FRP 1万円~35万円
ポリエステル系 2万円~40万円
ホーロー 8万円~135万円
ステンレス 2万円~30万円
木製 50万円

浴槽に使われている素材の種類によって、費用が変動するのです。リフォーム内容にもこだわるのであれば、素材にも注意すると良いでしょう。たとえばFRPには軽くて丈夫であり、防水性があるというメリットが存在します。

また浴槽の交換を行う場合、平均費用と相場は以下の通りです。

浴槽撤去処分 5万円
浴槽取り付け 6万円
防水処理 約2万円
白いユニットバス

【浴槽種類別】在来工法とユニットバスのリフォーム価格・費用一覧!

お風呂の在来工法とユニットバスの違い ユニットバスはシステムバスとも呼……続きを読む
気をつけるんだ!
必要な処理を行うために費用がかかるため、予算の見積もりには注意してください。

お風呂・浴室リフォームの費用を安く抑えるコツ

チェックリストに入れるサラリーマン

リフォームにはどうしても費用がかかってしまいますが、以下に紹介するコツにより安くすることもできるでしょう。

自分の力だけではなく業者の協力が必要な場合もあり、また失敗を防ぐための注意点についても紹介します。

少し暗めのお風呂場

【お風呂・浴室】リフォームの平均相場は?価格&費用を安くするコツ

お風呂・浴室リフォームの価格帯・平均相場 お風呂や浴室のリフォームはど……続きを読む

選ぶ商品のグレードを下げる

上記でも説明しましたが、たとえばユニットバスの場合リフォームのために100万円以上かかってしまうこともあります。浴槽やシャワーだけではなく、以下のような機能が備えられていることもあるためです。

  • デザイン性が良く保温効果が期待できる床や壁
  • 浴室暖房乾燥機
  • ミストサウナ
  • 浴室のバリアフリー

利便性が高くなれば、それに比例して費用も高くなるでしょう。もしお風呂やユニットバスの機能性にそこまで強いこだわりがないのであれば、リフォーム内容のグレードをあえて下げて見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか。

浴槽やシャワーなど一部だけにこだわる、また標準的な機能に抑えるなどの工夫があると安くすることができるでしょう。

浴室リフォーム業者に依頼する(大手メーカーは高額)

業者がお風呂のチェック

大手メーカーが悪いわけではありませんが、以下のような理由からリフォームの費用が高くなる可能性もあります。

  • 業務を下請けの業者に回すこともある
  • リフォーム費用から仲介手数料だけを手にすることもある

お風呂のリフォームを安くするのであれば、浴室リフォーム業者に直接依頼した方が良いかもしれません。たとえば浴槽のドアを新しくするだけでも、大手メーカーによる見積もりでは15万円以上かかってしまう場合もあるでしょう。

一方浴室リフォーム業者に同じ内容の依頼をした場合、見積もり結果が8万円程度になるという可能性もあるのです。また工事の項目についても、浴室リフォーム業者の方が内容がシンプルでわかりやすいのではないでしょうか。

業者がお風呂のチェック

【メーカー別】お風呂・浴室リフォームにかかる費用・性能を徹底比較

ユニットバスメーカーの特徴・費用の比較一覧表 メーカー 特徴 ……続きを読む

部分的にDIYを行う(やりすぎはNG)

シャワーヘッド

以下のような内容であれば、業者に依頼せず自分の手でお風呂のリフォームができるのではないでしょうか。

  • シャワーヘッドの交換
  • タオルハンガーの取り付け
  • タイルにデコレーションを施す
  • 壁や床などの一部だけを新しくする

簡単な内容でリフォームの範囲も限られている場合、自分の手で行い費用を節約することをおすすめします。

ただし素人がDIYをやりすぎてしまうとお風呂が壊れてしまい、修理のために余計に費用がかかってしまう可能性もあります。

たとえば水漏れなどを起こしてしまった場合、そのまま放置するとトラブルの原因となるでしょう。浴槽の設置や配管に関わる内容は無理をせず、専門的な技術を持ったプロに任せることをおすすめします。

複数社に見積もり依頼で相見積もり比較

業者と話し合う女性

お風呂のリフォームにかかる費用は、業者によって異なる場合もあります。少しでも安くするためには、複数社に見積もりを依頼すると良いです。1円でも安く内容に納得できるのであれば、その業者を依頼すると良いでしょう。

ただし注意点も存在し、費用があまりにも安い場合は以下のような問題があるかもしれません。

  • 人件費が大幅に削減されている
  • 工事の内容が雑であり危険性がある

お風呂のリフォームが安くなったとしても、欠陥があれば意味がないでしょう。集合住宅の場合、ご近所トラブルに発展してしまう場合もあります。

もし見積もりの内容に疑問を感じたら、その場でスタッフに質問してください。また見積もりを依頼する業者の数は、3社ほどが良いのではないでしょうか。

積極的に値引き交渉を行う

電卓とペンが置かれた見積書

見積もりの結果お風呂のリフォームのためにどうしても予算が足りないのであれば、値引き交渉を行うこともコツです。融通の利く業者のスタッフであれば、こちらの態度が良ければ費用を安くしてくれるかもしれません。

しかし安くするためとはいえ、それが当たり前と思わないことです。業者のスタッフも人間であり、しつこい値引き交渉を嫌に思うかもしれないためです。わがままだと判断されれば、リフォームすら難しくなる可能性もあります。

値引き交渉を行う場合、スタッフの様子を慎重にうかがいながら話を進めると良いでしょう。たとえばいきなり半額以下にしろと要求するのではなく、全体の数パーセントだけ安くしてほしいと丁寧に伝えてみてはいかがでしょうか。

介護リフォームの場合は補助金制度あり

計算

以下の条件に該当すれば、介護保険制度の対象となります。

  • 要支援または要介護1から5と認定されている
  • 住宅改修が必要である

このような介護リフォームの場合は一家庭につき20万円まで、住宅改修の9割が補助されるのです。補助金制度の利用条件を満たしている場合、お風呂のリフォーム費用を安くするために積極的に活用することをおすすめします。

介護保険制度の利用条件を満たしていない場合でも、各自治体により独自の制度が設けられていることもあります。自分が住む自治体に介護リフォームに関する相談をすれば、利用できる制度を案内してもらえるかもしれません。

お風呂場の窓

浴室の介護リフォーム前に!失敗しない11のポイント&平均費用と相場

浴室の介護リフォームは『バリアフリー化』 浴室の典型的な介護リフォーム……続きを読む
ここでワンポイント
介護保険制度は費用の支払い後に支給が行われる場合もあるため、最初の支払いに注意しましょう。

安く費用以上の工事可能な優良業者を選ぶ方法

スマホをもってOKする女性

優良な業者を選びたいのであれば、以下のことを意識してください。

  • 現地調査が行われているか
  • アフターサービスや保証の内容が充実しているか

お風呂のリフォームがスムーズに行えるかなどは、現地調査を行っている優良な業者でなければ判断できないでしょう。いい加減なリフォームを行う悪徳な業者は、事前に現地調査を行わずにいきなり作業を始めるかもしれません。

またリフォーム後に何かトラブルが起きた場合、アフターサービスが利用できれば安心できるのではないでしょうか。具体的な内容についても業者から保証書が発行されれば、どのようなことに対応してもらえるかがわかるはずです。

きちんとした説明を行わない業者は、利用を避けると良いでしょう。

【鉄則】リフォーム前には必ず一括見積りで比較!

サラリーマンのチェック

一つの業者にのみ見積もりを依頼しても、比較できる対象がないため判断が難しいでしょう。複数社に見積もりを依頼した方がそれぞれのメリットやデメリットがわかり、費用を安くするための情報が多く手に入るでしょう。

お風呂のリフォームで失敗しないためには、一括見積もりにより納得のできるところを探すことです。施工のタイミングや追加工事の有無など、リフォームに関することで少しでも不安な点があれば遠慮せず質問してください。

やみくもに多くの業者に依頼するのではなく、自分でもある程度評判をチェックして数を絞ることもおすすめです。見積書の内容は細かくチェックし、信頼できる場合は正式に依頼してお風呂を新しくしてもらいましょう。

【当サイトおすすめ】リフォーム前に
利用すべき一括見積もりサービス2選
リフォーム前に試すべき2つのサービス

リフォーム前に必ず以下2つの一括見積もりサービスを利用してください。

なぜなら、リフォームには定価がないからです。適正価格を知るためには複数の見積もりを比べるしかありません。

各リフォーム会社に問い合わせて見積もりを取るのは大変です。以下のサービスなら一瞬で複数社に見積もり依頼、相場もわかり優良会社を紹介してくれます。

【リショップナビ】
累計利用者10万人突破の一括見積もり
リショップナビ
  1. 提携業者1500社
  2. 厳格な審査基準をクリアした会社のみ提携
  3. カンタン30秒で"最安値"がわかる(無料)

リフォーム一括見積もりといえば「リショップナビ」と言われるほど有名なサービス。提携業者は厳格な審査基準をクリアした優良リフォーム会社1500社なので安心です。

実際に利用した結果、当初のリフォーム費用より21万円も安くなりました。

万が一の保証のために「安心リフォーム保証制度」まで完備。リフォームで損しないために、安心して利用できるリショップナビを必ず活用しましょう。

リショップナビ
公式サイトはこちら
【リノコ】
無料&匿名で見積もり相場と優良業者がわかる
リノコ
  1. 自宅近辺のリフォーム適正価格が"10秒でわかる"
  2. 厳しい基準をクリアした優良施工店のみ紹介
  3. 1日の利用人数を制限するほどの人気サービス

自宅近辺で優良施工店を探すなら「リノコ」以上のサービスはありません。

「仕上がりが悪い」「追加請求がきた…」などトラブルが多いリフォーム。リノコなら厳しい基準をクリアした優良施工店のみ、また適正価格の"定額料金"なので追加費用は一切ありません。

安心・安全かつ無料&匿名で利用できるリノコは必ず利用してほしいサービスです。下記の無料診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

リショップナビ

リショップナビは利用すべき?評判は?メリット・デメリット全まとめ

リショップナビとは? リショップナビは累計利用者数400万人を突破、毎……続きを読む

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ