LOADING

お風呂

【マンション】お風呂(浴室)のリフォームにかかる費用相場《まとめ》

マンションの浴室リフォームについて、費用相場が気になっている方は少なくないでしょう。今回はこの話題をメインに取り上げつつ、ほかにもお風呂のリフォームに興味がある方にお役立ていただけるような情報をまとめました。

たとえば、どのぐらいの年数が経過していればリフォームを検討したほうが良いのか、安くする方法はないのかについて記載しています。

なお、浴室のリフォームを業者に依頼するときの“おすすめ方法“を先に少しだけ話しておきます。

自分で優良業者を探したり、一社ごとに見積もり請求をしたりするのは大変な手間ひまです。

そのため、一度に複数の業者の見積もりが手に入る『一括見積もりサービス』を利用することをおすすめします。

最安値のリフォーム料金で、なおかつ、しっかりリフォーム工事をしてくれる優良業者を探すなら、この方法をぜひ試してみてください。

▼一括見積もりを詳しく見る▼

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

マンションのお風呂リフォームにかかる平均費用

お金と家

マンションの浴室をリフォームする際に発生する費用は、ユニットバス本体などの製品価格と工事費用に大別できます。金額についてリサーチするときには、製品価格と工事費用の両方を合わせた金額かどうかをチェックしましょう。

はじめに製品価格の平均費用についてですが、グレードによって異なります。以下の金額がかかることが多いと思っておけば、大きくは違わないはずです。

普通のグレードの製品 大体50~70万円
グレードが高い製品 大体120~150万円

次に、マンションのお風呂のリフォームにかかる、工事費用の相場を見ていきましょう。

使用中の浴室の解体処分 大体4~8万円
給排水管の工事 大体5~9万円
電気配線の工事 大体3~5万円
ユニットバスの設置 大体8~13万円
クロス張り替え クロス張り替え、お風呂の扉周辺の補修工事などが必要な場合はそれぞれ大体3~5万円

製品と工事をトータルして70~190万円がかかりますが、さらにオプションの追加でかかる費用は高くなります。

たとえば換気暖房乾燥機を付けると、製品価格で大体8万円から工事費を含めると大体10万円からかかるといった具合にです。

【価格帯別】お風呂リフォームの事例

業者に解説してもらう夫婦

浴室のリフォームで実現できることは、どれだけお金をかけるかによって変わってきます。ここでは50万円~、70万円~、100万円~と事例をもとに価格帯別に可能なことを解説します。予算を設定するための参考情報としてお役立てください。

明るいユニットバス

【お風呂・浴室】リフォームの平均相場と価格別に何ができるか解説!

お風呂・浴室リフォームの価格帯別の平均相場 お風呂や浴室のリフォームは……続きを読む

50万円~で施工した浴室・風呂リフォーム事例

電卓とペンを使って料金を計算

この価格帯ではまず間違いなく、普通のグレードの製品を購入する形になるでしょう。先述した平均相場に比べて割安なリフォームが実現していることになります。どんな人におすすめなのか、気になる方もいるのではないでしょうか。

50万円~の金額の浴室リフォームは、見た目がきれいに生まれ変わればそれだけで概ね満足できる方に合っています。

シンプルなデザインで浴室としての最低限の機能だけあれば良いと考える方であれば、この価格帯の実現可能性は十分にあるでしょう。

70万円~で施工した浴室・風呂リフォーム事例

見積書

70万円~の価格帯でのリフォームは当然、50万円~の価格帯での施工と比較して、グレードがアップします。

浴室にある程度の快適さを求めている方であれば、このぐらいの予算で満足できる可能性があるかもしれません。

たとえば、既存の浴室よりゆったりとした空間で入浴できるようになる、断熱効果・保温性を高められる、掃除の負担が軽減されるといった具合にです。また、この価格帯では暖房機のオプションを付けた事例も存在します。

100万円~で施工した浴室・風呂リフォーム事例

電卓とペンが置かれた見積書

ハイグレードな製品を導入しやすくなってくるのがこの価格帯です。防滑性やクッション性、断熱性や保温性、清掃性、防水性など、あらゆる機能を高められます。

オプションも浴室暖房乾燥機、ジェットバスなど高いものを追加することも十分可能です。100万円~の価格帯だと製品の選択肢が多くなるため、理想の浴室づくりのために妥協したくない方が設定する予算としておすすめです。

また浴室のバリアフリー化も100万円以上の予算があれば、十分に可能といえるでしょう。

マンションの浴槽別の特徴と価格・費用一覧

サラリーマンがチェック

どの種類の素材が使用されている浴槽のシステムバスかによって見た目や機能、価格には違いがあります。

自分が浴室に求めている要素を満たしている素材はどれか、また自分のマンションの部屋と相性が良い浴槽はどれかチェックしておきましょう。

白いユニットバス

【浴槽種類別】在来工法とユニットバスのリフォーム価格・費用一覧!

お風呂の在来工法とユニットバスの違い ユニットバスはシステムバスとも呼……続きを読む

FRP製浴槽のシステムバス

タイルの床と風呂

耐久性と防水性に優れているほか軽量で上階でも設置しやすいです。塗装もしやすく、容易に防汚性を持たせたり、補修や塗り直しをしたりできます。

加工もしやすいために、好みのデザインのものやジェットバスなどの機能を持つものが見つかりやすいです。ほかの種類に比べて割安で導入できる場合が多く、80~130万円が目安です。

なおFRP製浴槽は表面がなめらかで明るいカラーが多いです。そのため汚れが気になりやすい点や、高級感を求める方は物足りなさを感じやすい点がウイークポイントといえるでしょう。

鋳物ホーロー製浴槽のシステムバス

上から見たお風呂

耐久性や防水性、保温性が高く、掃除が簡単でカビも繁殖しにくい点が鋳物ホーロー製浴槽のストロングポイントです。

色のバリエーションが豊富にある点や、美しい光沢が長持ちするのも、魅力的な要素として含めることができるでしょう。ただ大量生産ができないために、110~150万円程度とFRP製浴槽と比較してみると割高感があるのは否めません。

メンテナンスのコストや手間もかかりがちです。そのほか、重い素材のため、1階以外での導入は土台の補強工事が必要で、その分の工期と費用が発生します。

人工大理石製浴槽のシステムバス

石材を使ったお風呂

70万円~250万円程度が目安であまりお金をかけたくない方と、機能や美しさにこだわりたい方の両方のニーズを満たしてくれます。色のバリエーションが多く高級感のある光沢を放つ素材です。

汚れが入り込みにくく、お手入れがしやすい点も魅力といえるでしょう。人工大理石製浴槽の欠点をあげるとすれば、傷がつきやすいことには注意が必要です。また塗装が剥げるため、塩化メチレン入りの洗剤での掃除はできません。

さらに樹脂のために、燃焼すると一酸化炭素が出る点も留意しておかなければいけません。

ヒノキ製浴槽のシステムバス

ヒノキ風呂

旅館の温泉気分を味わえるのが魅力です。温かみを感じる質感と、木の香りに癒されます。保温性に優れているほか、弱点であるぬめりや黒カビの発生しやすさを加工でカバーしている製品が多く清掃もしやすいです。

ただ高級素材ということで、240万円~270万円程度の費用がかかるのは覚悟しておいたほうが良いでしょう。またお風呂に窓がない場合は入浴後などにドアを開放したり、水気を拭き取ったりと対策をしなければ、長持ちさせにくくなってしまいます。

マンションのお風呂リフォーム時の注意点

下から見上げるマンション

マンションの浴室リフォームをするにあたって気をつけたいポイント、実践したいことは主に以下のとおりです。

  • マンションの規約をチェックする
  • マンションの管理組合に対し事前申請を行う
  • 事前にリフォームについて隣や上下階の住人に挨拶しておく

まず規約をチェックする理由ですが、マンションはどこでも自由にリフォームできるわけではありません。共用スペースや隣との境目部分は個人で手を加えることが認められませんし、専有部分もマンションによって制限が設けられていることがあります。

次に管理組合への事前申請ですが、これはほとんどのマンションで必要です。リフォーム業者が申請してくれることもありますが、自分でしなければいけないこともあるため確認が必要です。

また申請の許可が出るまでには数日かかることもあれば、1週間以上を要することもあります。そして隣や上下階の住人にリフォームについて挨拶しておく理由ですが、工事のときにはどうしてもうるさくなってしまいます。

リフォーム中にほかの住人に不快な思いをさせ、騒音トラブルに発展しないよう挨拶をしておくわけです。

ユニットバス交換時期の目安は約15年~20年

カレンダー

お手入れを怠っていれば、もっと早く交換時期が訪れる確率が高まる点には注意が必要です。浴室のリフォームを検討したほうが良いのかどうかの判断は、以下の2点のいずれかの条件を満たしているか否かですると良いでしょう。

  • 浴室がカビくさい
  • 寒い時期の浴室がこれまでと比べて冷える

まず浴室がカビくさくなっている場合についてですが、これはバスタブの下に水が入るタイプのユニットバスで起こりがちな問題です。

気をつけるんだ!
バスタブの裏でカビが繁殖し、嫌なニオイがするようになるケースはよくあります。

次に冬場のお風呂が以前より寒く感じる場合ですが、扉のパッキンが傷んですき間ができ、浴室内の保温性が悪くなっている疑いがあります。ほかにもなにか看過できない問題が生じた場合には、リフォームを検討するのが良いでしょう。

お風呂リフォームの費用を安くするためのコツ

ポイント

浴室のリフォームにかかる金銭的な負担を軽くするためには、補助制度を利用する手があります。以下の2点のうち一方の条件をクリアしていれば適用対象になることが可能です。

  • バリアフリー性
  • 省エネ性

適用対象となっていて、利用することによって補助金を受け取ることができたり、所得税や固定資産税、贈与税の負担が軽減できたりします。万単位でリフォーム費用を抑えることができるため、利用しない手はありません。

どのような条件があるのかについてですが、介護保険を使って最高20万円まで支給される補助制度を例に簡単に説明しましょう。

この制度ではバリアフリーの条件として、手すりが取り付けられていることや、湯船の高さなどが設定されています。

見積書

【決定版】お風呂・浴室リフォームを安くする『6つのコツ』と注意点

お風呂・浴室リフォームの平均費用と相場 まずお風呂のリフォームにかかる……続きを読む

お風呂のリフォームは一括見積もりがおすすめ

家のリフォーム見取り図

浴室リフォームの一括見積もりを推奨する理由は複数あります。たとえば以下のメリットをあげることができます。

  • 無料で利用できる
  • 一度だけ必要事項を入力・送信すれば登録業者にまとめて申請できる
  • 比較検討しやすく最安値の業者がすぐにわかる
  • 優良業者が多数登録されている
  • 見積もりを依頼したからといって契約が義務なわけではない
  • 他社に提示された見積もり額を引き合いに出して価格交渉しやすい

一社にだけ見積もりをお願いして、正式にリフォームの契約を交わした場合、その業者が提案してくれたプランが最適かわかりません。

また、その業者が最安値なのかも不明です。あとになってより良い業者があったことを知り後悔するのを防げるのが、一括見積もりなのです。

【当サイトおすすめ】リフォーム前に
利用すべき一括見積もりサービス2選
リフォーム前に試すべき2つのサービス

リフォーム前に必ず以下2つの一括見積もりサービスを利用してください。

なぜなら、リフォームには定価がないからです。適正価格を知るためには複数の見積もりを比べるしかありません。

各リフォーム会社に問い合わせて見積もりを取るのは大変です。以下のサービスなら一瞬で複数社に見積もり依頼、相場もわかり優良会社を紹介してくれます。

【リショップナビ】
累計利用者10万人突破の一括見積もり
リショップナビ
  1. 提携業者1500社
  2. 厳格な審査基準をクリアした会社のみ提携
  3. カンタン30秒で"最安値"がわかる(無料)

リフォーム一括見積もりといえば「リショップナビ」と言われるほど有名なサービス。提携業者は厳格な審査基準をクリアした優良リフォーム会社1500社なので安心です。

実際に利用した結果、当初のリフォーム費用より21万円も安くなりました。

万が一の保証のために「安心リフォーム保証制度」まで完備。リフォームで損しないために、安心して利用できるリショップナビを必ず活用しましょう。

リショップナビ
公式サイトはこちら
【リノコ】
無料&匿名で見積もり相場と優良業者がわかる
リノコ
  1. 自宅近辺のリフォーム適正価格が"10秒でわかる"
  2. 厳しい基準をクリアした優良施工店のみ紹介
  3. 1日の利用人数を制限するほどの人気サービス

自宅近辺で優良施工店を探すなら「リノコ」以上のサービスはありません。

「仕上がりが悪い」「追加請求がきた…」などトラブルが多いリフォーム。リノコなら厳しい基準をクリアした優良施工店のみ、また適正価格の"定額料金"なので追加費用は一切ありません。

安心・安全かつ無料&匿名で利用できるリノコは必ず利用してほしいサービスです。下記の無料診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

リショップナビ

リショップナビは利用すべき?評判は?メリット・デメリット全まとめ

リショップナビとは? リショップナビは累計利用者数400万人を突破、毎……続きを読む

まとめ

リフォームの展開図

マンションの浴室リフォームの平均費用は、ユニットバス本体などの製品価格と工事費用をあわせて70~190万円程度です。オプションを付ければ、そのぶんの費用が追加されます。

また、選択する浴槽や工事業者などによっては、平均費用より安くなったり高くなったりもします。どのぐらいのお金を出せるのか、そしてその中でどれだけ希望が叶えられるのか自分で調べたり業者と相談したりしましょう。

そして予算内で大きな満足感を得られるようなプランで、お風呂のリフォームをしてください。またリフォーム業者を選ぶ際には、アフターサービスのあるところを選ぶのが望ましいでしょう。

とくに保証があるのは大事で、リフォーム完了後に問題が見つかった場合のことを考えると、安心感が違います。

徹底解説!お風呂・浴室リフォームのメーカー選び方【人気15社比較】

【メーカー比較】お風呂リフォーム業者15選 お風呂や浴室のリフォームは100万……続きを読む

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ