LOADING

お風呂

参考にしたい!お風呂・浴室のシャワー交換・後付けの種類別費用一覧

お風呂にシャワーがないと髪や体を洗ったり、浴室を掃除したりする際に不便な思いをします。この問題を解決しようと、交換や追加、後付けを希望している方は少なくないでしょう。

とくに費用がどの程度かかるのか気にする方は多いはずです。今回はシャワー交換・追加・後付けに必要な費用の相場のほか、リフォームの種類別特徴をシャワールームについてまで含めてまとめました。

なお、浴室のリフォームを業者に依頼するときの“おすすめ方法“を先に少しだけ話しておきます。

自分で優良業者を探したり、一社ごとに見積もり請求をしたりするのは大変な手間ひまです。

そのため、一度に複数の業者の見積もりが手に入る『一括見積もりサービス』を利用することをおすすめします。

最安値のリフォーム料金で、なおかつ、しっかりリフォーム工事をしてくれる優良業者を探すなら、この方法をぜひ試してみてください。

▼一括見積もりを詳しく見る▼

シャワー交換・追加・後付けにかかる費用

机に並べられたタブレットとメモ帳とコーヒー

家のお風呂にシャワーがなく、追加・後付けしたい場合に気をつけたいのが、既存の設備の有無によってかかるお金に大きな違いが出るということです。

まず必要な設備がなく、新規で導入しなければいけない場合には、以下のようなさまざまなパターンを考えることができます。

  • 風呂釜がなく、追い炊き機能などを使って湯船の水を温めている場合は250,000円ほど
  • お風呂に新しくシャワー機能付きバランス釜を導入する場合は200,000円ほど
  • 自動湯沸かし機能を付けたい場合は320,000円ほど

次に、給湯器などの設備が導入済みの場合にかかる費用について見ていきましょう。

  • 混合栓をシャワー付きのものに変更する場合は20,000円ほど
  • 湯と水の水栓が別で配管変更する場合は40,000円ほど

当然ではありますが既存設備がない場合のほうが圧倒的に高額な費用がかかります。なお家の浴室にシャワーがあって、ホースを交換したい場合は、8,000円から11,000円ほどの費用がかかると思っておくと良いでしょう。

シャワーリフォームの種類と交換費用

お風呂の天井

シャワーのない浴室をシャワーのある空間に変更したい場合の選択肢はいろいろとあります。費用はかかりますが、快適さを求めるのであれば給湯器の設置および風呂釜の変更がおすすめです。

しかし予算が十分にない場合でも、諦める必要はありません。安価な解決法もあります。

団地用の風呂釜・バランス釜

お風呂場の窓

団地では湯船の横に風呂釜が取り付けられているバランス釜が主流です。シャワー機能が付いていないバランス釜の場合、シャワー機能のあるものに変更するか給湯器を導入するリフォーム方法があります。施工費用は以下のとおりです。

  • シャワー機能付きバランス釜に交換するときは140,000円ほど
  • 壁貫通型給湯器を導入するときは、配管工事など込みで240,000円ほど
  • 壁掛け型給湯器を導入するときは、配管工事など込みで200,000円ほど

シャワー機能付きのバランス釜に変更する場合には、工事に大体1日を要します。これに対し、壁の工事を行わなければいけないときには、大体3日ぐらいは完了までにかかると思っておくと良いでしょう。

風呂水ポンプ

ポータブルシャワー
(画像出典:amazon「ポータブルシャワー」)

シャワーのないお風呂では、浴槽にためた湯を洗面器に汲んで体や髪のボディソープやシャンプーを流す形になるのが一般的です。なんども繰り返し汲むのが面倒くさい、シャワーがあれば良いのにと思う方も少なくないでしょう。

そのような場合には風呂水ポンプを使用して解決する手段があります。シャワーヘッドの取り付けが可能な商品が販売されており、浴槽にためた湯を汲み上げてシャワーとして髪や体、浴室掃除に使用することが可能です。

介護用品として開発された商品やサーファー向けに開発された充電式などが販売されています。数千円程度からでも購入が可能なため、大掛かりなリフォームをするより費用負担は軽いといえるでしょう。

バスポンプ

風呂水ポンプ
(画像出典:リショップナビ)

お風呂用のポンプを使用して、シャワーを浴びる方法を導入する場合、製品選びの際に注意したいポイントがあります。たとえば、以下の点は確認したほうが良いでしょう。

  • 浴槽の湯を汲み上げるのかタンクに湯を入れるのか
  • 電源式か電池式か

まずタンクに湯を入れて使用するタイプは、湯を入れる手間が発生します。また浴槽の湯を汲み上げて使用するタイプの製品に比べて、容量が少なめです。ただ体や髪、浴室掃除で使用するのに極端に困るようなことはないでしょう。

次に電源式か電池式かの問題ですが、電源式はお風呂の外にあるコンセントにプラグを挿して使用するため、お風呂の扉を開けておく必要があります。一方、電池式は扉は閉めておけるものの、シャワーの威力が比較的強くない製品が多いです。

手動シャワーポンプ

手動式シャワーポンプ
(画像出典:amazon「手動式シャワーポンプ」)

手動シャワーポンプはアウトドアやレジャーのほか、車やバイクの高圧洗浄、海やプール、スポーツ後のシャワーとして使われているものです。さらにはベランダの清掃やエアコンの洗浄、植物の水やりなど、実にさまざまな用途で使用されています。

電源や電池を必要とせず、手動で使える圧力式のものは使用方法が簡単で、タンクに湯をためてポンプを押し、レバーを握るだけです。

噴射の威力については、体や髪を洗うには十分です。ただ、保温するような機能があるわけではないため、冷めないように注意しなければいけません。この手動シャワーポンプも、導入するにあたっての費用負担が軽い点が魅力のひとつといえます。

安い製品だと2,000円程度から見つかるでしょう。先述したように用途は幅広いため、ひとつ持っておくと便利です。

バスポンプシャワーヘッド

バスポンプシャワーヘッド
(画像出典:amazon「バスポンプシャワーヘッド」)

製品の中には浴槽の湯が空の状態で使用可能、さらに湯を入れるタンクも不要な製品も販売されています。また温水でシャワーが浴びられるということで、冬場の使用にも向いている優れものです。

値段は8,000円から9,000円程度かかりますが、軽い費用負担でシャワー付きの浴室にしたい方には向いているといえるでしょう。

ただし気をつけなければいけないポイントもあります。具体的には、都市ガス・プロパンガスを燃料として使う浴室にしか設置できないのがまずひとつ。

もうひとつは風呂釜と湯船を連結する循環穴が2個ある浴室にしか設置できない点です。そのほか、水圧の低い地域は使用不可と、使う人が限定される点に注意しなければいけません。

シャワー後付けの際に注意すべきポイント

ポイント

給湯器設置済みの状態で、水栓の交換だけで良い場合は20,000円程度の出費です。しかし、設置していない状態や交換が必要な状態の場合には、大体200,000円の出費になるのを覚悟しなければいけません。

また給湯器の取り付けにあたって、配管や電気の工事、湯船の交換などをしなければいけない場合、追加費用が発生する点にも気をつけなければいけないでしょう。

それから分譲マンションでシャワーを後付けしたい場合には、あらかじめ管理組合に話を通しましょう。増設のための作業では、給湯設備などの変更が生じるかもしれません。

その際に、各設備の取り合いなど共有部分との調整をしなければいけなくなる場合が多いのが理由です。そのほか風呂釜や給湯器を取り付けずにシャワーを後付けする場合、すでに述べたようにバスポンプを使用する手があります。

気をつけるんだ!
バスポンプは安価ですぐに使いはじめられる点はたしかに魅力的です。しかし、電源の確保や噴射の勢いなど、使い勝手の悪さを感じがちなのは否めません。

シャワールームを設置する

青い服を着た業者

家にシャワーがなくて不便な思いをしている方や、シャワーはあるけれど、数が不足していて困っている方は少なくないでしょう。

あてはまる方におすすめしたいお悩みの解決手段のひとつとしてあげられるのが、シャワールームの導入です。

ここではシャワールームとは何か、特徴や機能、メリット・デメリットを解説するとともに、取り付けにかかる費用について説明します。また、メーカー別の特徴についても記載していますので、興味のある方はあわせてご覧ください。

特徴や機能とメリット・デメリット

○と×の2択を出す女性

シャワールームは、バスタブのないシャワーだけのスペースをさします。シャワーヘッド、扉や換気扇、排水口、壁・床パネル付きが普通で、0.75坪から1坪あれば導入可能です。

形は四角や丸、壁部は透明や半透明、遮断があり、鏡や収納棚、取っ手などが設置されたルームもあります。シャワールームにはさまざまなメリットがあり、シャワーのない方が導入する価値は十分にあります。具体的には以下のとおりです。

  • 風呂なしの部屋がシャワー付きに生まれ変わる
  • セカンドバスルームとして役立てられる
  • 工事のしやすさを意味する施工性のほか、防水性が高い

ただしデメリットがないわけではありません。導入を検討するにあたって以下の注意点があることは把握しておいたほうが良いでしょう。

  • 組み立て式のシャワールームは組み上げをしっかり行わないと水漏れリスクがある
  • 設置場所によっては排水音が騒音として下の階に響く、給排水管工事が必要になる場合がある
  • 基本のセット内容がメーカーによって異なるため確認が必要

なおシャワールームは住宅設備機器を取り扱うメーカーやリフォーム業者で、設置工事とセットで買い求めることが可能です。

取り付けにかかる費用と価格

電卓とペンが置かれた見積書

組み上げが簡単な製品であれば、150,000円程度から買い求めることが可能でしょう。日本や海外メーカーのブランド製品では、500,000円から1,000,000円の価格で販売されていると思っておくと、大きく外れることはないはずです。

なおシャワールームのメーカーについては日本を選択したほうが良いです。海外製品は届くまでに時間を要するだけでなく、日本の家に合わせて設計されていないために、水漏れなどのトラブルが発生するリスクがあります。

リフォーム費用はどういう形で導入するかによって、かなりの開きがあります。簡単な工事では500,000円程度で済むこともありますが、浴室を上の階に移し、シャワールームを下の階に新設するようなケースは高くなりがちです。

実際、3,000,000円ほどかかった事例もあります。

見積書

【決定版】お風呂・浴室リフォームを安くする『6つのコツ』と注意点

お風呂・浴室リフォームの平均費用と相場 まずお風呂のリフォームにかかる……続きを読む

シャワールームのメーカー一覧

チェックするサラリーマン

おすすめできる、主なシャワールームを取り扱っているメーカーとしては、以下の5社をあげることができます。

  • LIXIL
  • TOTO
  • MKクリエーション
  • Panasonic
  • タカラスタンダード

まずシャワーの機能にこだわりたい方は、LIXILやTOTOのシャワールームが良いでしょう。たとえばLIXILのシャワー・ド・バスの全身シャワーは、アームとノズルの噴射角度が変更可能です。

一方、TOTOはオーバーヘッド、ボディ、ハンドの3種類のシャワーが使い分けられます。

次に防水性に優れている製品が欲しい場合は、MKクリエーションが良いでしょう。日本人の設計士が日本の家庭向けに設計した、完全防水のシャワールームです。

ここでワンポイント
組み立てやメンテナンスの楽さ、価格の安さを重視したい方にも、TOTOがおすすめです。

転倒防止に繋がる防滑性を重視してシャワールームを選びたい場合には、Panasonicは候補になり得るでしょう。

同メーカーが取り扱うシャワー&パウダーIIには、防滑性に優れるフラッグストーンフロアが導入されているためです。そのほか介護用やヒートショック対策に繋がる製品であれば、タカラスタンダードがおすすめできます。

ぴったりサイズシャワーユニットはサイズの種類が1250あり、車椅子が入る大きさにすることも可能です。さらにパーフェクト保温で天井や壁、床が保温材で覆われています。

お風呂・浴室の天井・張替えリフォームにかかる平均費用&注意点!

浴室の天井は『カビ』だらけ そもそも浴室の天井はなぜ、リフォームが必要……続きを読む

リフォーム優良業者を見つける方法

業者がお風呂のチェック

リフォーム業者の無料紹介サービスを利用するのが得策といえるでしょう。利用したからといって、必ず依頼をしなければいけないわけではありません。提示される見積もりに納得がいかなければ、取りやめにしても大丈夫です。

ただ、確認しておきたいこととして、以下のポイントがあげられます。

  • 現地調査(出張費)まで含めて見積もりだけでも完全無料か
  • 執拗な営業をかけてくる心配はないか

完全無料でしつこい営業がないのであれば、ひとまず安心です。一社の見積もりでは他社と比べて本当に安いかどうかが不明なため、必ず相見積もりを取りましょう。

その際、見積もりの内訳には記載のない追加費用が発生しないかどうかも、忘れずに確認したいところです。

女性デザイナーとリフォームの相談

これを読めば失敗しない!お風呂・浴室リフォーム業者の正しい選び方

お風呂・浴室リフォーム業者選びの基本 リフォーム業者の選び方では、以下……続きを読む

お風呂のリフォームは一括見積もりがおすすめ

家のリフォーム見取り図

浴室リフォームの一括見積もりを推奨する理由は複数あります。たとえば以下のメリットをあげることができます。

  • 無料で利用できる
  • 一度だけ必要事項を入力・送信すれば登録業者にまとめて申請できる
  • 比較検討しやすく最安値の業者がすぐにわかる
  • 優良業者が多数登録されている
  • 見積もりを依頼したからといって契約が義務なわけではない
  • 他社に提示された見積もり額を引き合いに出して価格交渉しやすい

一社にだけ見積もりをお願いして、正式にリフォームの契約を交わした場合、その業者が提案してくれたプランが最適かわかりません。

また、その業者が最安値なのかも不明です。あとになってより良い業者があったことを知り後悔するのを防げるのが、一括見積もりなのです。

【当サイトおすすめ】リフォーム前に
利用すべき一括見積もりサービス2選
リフォーム前に試すべき2つのサービス

リフォーム前に必ず以下2つの一括見積もりサービスを利用してください。

なぜなら、リフォームには定価がないからです。適正価格を知るためには複数の見積もりを比べるしかありません。

各リフォーム会社に問い合わせて見積もりを取るのは大変です。以下のサービスなら一瞬で複数社に見積もり依頼、相場もわかり優良会社を紹介してくれます。

【リショップナビ】
累計利用者10万人突破の一括見積もり
リショップナビ
  1. 提携業者1500社
  2. 厳格な審査基準をクリアした会社のみ提携
  3. カンタン30秒で"最安値"がわかる(無料)

リフォーム一括見積もりといえば「リショップナビ」と言われるほど有名なサービス。提携業者は厳格な審査基準をクリアした優良リフォーム会社1500社なので安心です。

実際に利用した結果、当初のリフォーム費用より21万円も安くなりました。

万が一の保証のために「安心リフォーム保証制度」まで完備。リフォームで損しないために、安心して利用できるリショップナビを必ず活用しましょう。

リショップナビ
公式サイトはこちら
【リノコ】
無料&匿名で見積もり相場と優良業者がわかる
リノコ
  1. 自宅近辺のリフォーム適正価格が"10秒でわかる"
  2. 厳しい基準をクリアした優良施工店のみ紹介
  3. 1日の利用人数を制限するほどの人気サービス

自宅近辺で優良施工店を探すなら「リノコ」以上のサービスはありません。

「仕上がりが悪い」「追加請求がきた…」などトラブルが多いリフォーム。リノコなら厳しい基準をクリアした優良施工店のみ、また適正価格の"定額料金"なので追加費用は一切ありません。

安心・安全かつ無料&匿名で利用できるリノコは必ず利用してほしいサービスです。下記の無料診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

まとめ

シャワーヘッド

シャワーの交換や追加、後付けをしたい場合には、風呂釜や給湯器といった必要な設備の有無によって、リフォーム費用は大幅に違ってきます。バスポンプやシャワールームの導入も含めて、予算と相談しながら自分にとってベストと思える選択をしましょう。

現状で風呂釜や給湯器を導入する資金が不足している場合は、バスポンプなどをひとまず使う手もあります。そうすることで、シャワーのある環境を確保しつつ、大掛かりなリフォーム費用を貯めていけるためです。

そしていざリフォームをするとなったときには、業者と費用の交渉をしてみるのが、安くするためのコツのひとつです。複数社の見積もりを取得し、それぞれのリフォーム業者に見せて価格競争させることで、より安くできる可能性があります。

no

リフォーム見積もりを安くする絶対条件は2つだけ《損しない全知識》

リフォーム見積もりを安くする方法その1『工事内容の決め方』 リフォーム……続きを読む

コメントを残す

ページの先頭へ