LOADING

お風呂

【お風呂・浴室】リフォームの平均相場は?価格&費用を安くするコツ

お風呂や浴室のリフォームを行いたい場合、その価格や費用が気になります。いったいどのくらいの費用でリフォームが可能なのかを把握しておくことも大切です。

費用がわかれば予算も準備できるようになりますし、価格が高いのか安いのかも判断できるようになります。

ここではお風呂と浴室のリフォームに焦点を当て、価格や費用を安くするためのコツをまとめます。さらに利用できる補助金についても紹介します。こうした情報を抑えておけば費用を最小限にしながら理想のリフォームが目指せます。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リノコのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

お風呂・浴室リフォームの価格帯・平均相場

電卓とペンが置かれた見積書

お風呂や浴室のリフォームはどんな内容になるかで価格も大きく違ってきます。ここで紹介するのはあくまでも平均的な相場ですので、実際にリフォームする時は見積りをしっかりチェックするなどして、費用の内訳も見ておきましょう。

ではお風呂や浴室のリフォームにはどのような内容があるのかをまとめます。

  • ユニットバスの入替
  • 浴槽の交換
  • 浴室ドアの交換
  • 浴室の塗装
  • 床のシート貼り

以上のようなリフォームがよくある内容です。それぞれのリフォームで価格帯や平均相場を把握しておく必要があります。たとえばユニットバスの入替はもっとも費用が高くなるリフォームで、平均相場は50万円から150万円ほどです。

ユニットバスをまるごと入れ替えるため費用もどうしても高くなってしまいます。次に浴室の交換ですが、こちらは10万円から50万円ほどが平均相場となります。ユニットバスの入替に比べれば安くなっていますが、それでも数十万円の費用がかかることが多いようです。

浴室ドアの交換は3万円から10万円ほどが平均相場で、ドアの質などにもよりますが安ければ数万円ほどで完了できます。浴室塗装は10万円から20万円ほど、床のシート貼りは4万円から10万円ほどがそれぞれ平均相場です。

【浴槽の種類別】価格・費用一覧

業者と話し合う女性

浴槽にはいくつかの種類があり、それぞれでリフォームの価格や費用も変わります。浴槽は大きくユニットバス在来工法の2つに分けることができ、さらに在来工法は複数の種類に分かれています。まずは浴槽の種類を理解しておきましょう。

  • ユニットバス
  • FRP浴槽
  • 人工大理石浴槽
  • ホーロー浴槽
  • ステンレス浴槽
  • 木製浴槽

以上6つのが基本的な浴槽の種類になり、ユニットバス以外はすべて在来工法と呼ばれるタイプに該当します。

ここでワンポイント
ユニットバスをFRP浴槽にしたり、ステンレス浴槽をユニットバスにしたりと、さまざまなリフォームが可能です。

ではそれぞれの浴槽でリフォームをするとして、どのくらいの費用がかかるのか、平均的な額を紹介します。まずユニットバスですが、ユニットバス本体の価格が40万円から120万円ほどで、そこにリフォーム工事の費用として30万円ほど必要になるのが一般的です。

トータルで70万円から150万円ほどの費用が平均相場と言えるでしょう。FRP浴槽は20万円ほど、人工大理石は80万円ほどと、在来工法のタイプは種類によってかなり費用が上下します。ホーロー浴槽なら40万円ほどです。

さらにステンレス浴槽なら20万円ほど、木製の浴槽なら50万円ほどの費用が必要で、これに浴槽の取り外しや取り付け、防水処理などの費用10万円ほどが加わります。

【浴室の箇所別】価格・費用一覧

ペンと電卓で計算中

浴室のリフォームというと浴槽にばかり目が向いてしまいますが、他にもリフォームできる箇所はたくさんあります。浴室のどの部分をリフォームするかでも価格や費用は変わるのでしっかり知識を身につけておきましょう。

浴室のリフォーム可能な箇所としては以下の部分が挙げられます。ちなみにここでは浴槽は除外しています。

  • 浴室ドア
  • 水栓

浴槽を除いたリフォーム可能な部分としては、これら5つが代表的です。それぞれの価格や費用を見ていきましょう。浴室ドアのリフォームでは、基本的にドアの交換をするのですが、費用の相場は10万円ほどです。

ドアの種類によっても具体的な費用は変わりますが、10万円を目安にすると良いでしょう。水栓の交換にかかる費用は3万円ほどで、工事の内容もそれほど大掛かりにはならず、費用も安めに抑えられています。

床のリフォームは主にタイルの張替えですが、相場は6万円ほどです。壁も同じくタイルの張替えが主な内容で、床よりも少し高い10万円ほどが相場です。最後に浴室内の鏡もリフォーム対象で、鏡を交換するだけなので2万円ほどで済むことが多いでしょう。

気をつけるんだ!
浴槽のリフォームと比較すると費用はそれほど高くありませんが、浴槽とセットでリフォームすることも多いので、最終的な金額がいくらになるかを計算しておきましょう。

【住宅タイプ別】価格・費用一覧

電卓とペンを使って料金を計算

お風呂や浴室のリフォーム費用は、住宅のタイプによっても価格が変わるため注意が必要です。住宅タイプは大きく2種類に分けられます。

  • 一戸建て
  • マンションなどの集合住宅

まず一戸建てですが、一戸建てのお風呂や浴室のリフォームでもっとも割合の多い価格帯は100万円から120万円となっています。およそ2割のリフォームがこの価格帯に収まっていて、平均相場と考えることもできます。

実際にはこの価格帯を中心として、20万円前後上下することが多いので、80万円から140万円くらい一戸建てのお風呂や浴室のリフォーム費用の平均と言えるでしょう。大雑把に100万円前後がかかると考えても良いでしょうか。

次にマンションをはじめとした集合住宅の費用ですが、こちらは中心となる価格帯が80万円から100万円と少し低くなっていて、この価格帯の割合はおよそ3割です。こちらも20万円前後上下することが多いので、60万円から120万円くらいが目安となります。

【メーカー別】価格・費用一覧

スマホの結果とグラフを比較する

たとえばユニットバスの交換をする場合、メーカーによって価格や費用が違います。各メーカーとも、シンプルグレードハイグレードの商品を用意しているので、それぞれのおおよその費用を見ていきましょう。

まずはLIXILです。

  • シンプルグレード 約80万円
  • ハイグレード 約140万円

次にパナソニックです。

  • シンプルグレード 約70万円
  • ハイグレード 約160万円

次にTOTOです。

  • シンプルグレード 約80万円
  • ハイグレード 約150万円

次にタカラスタンダードです。

  • シンプルグレード 約50万円
  • ハイグレード 約120万円

次にクリナップです。

  • シンプルグレード 約70万円
  • ハイグレード 約110万円

最後にハウステックです。

  • シンプルグレード 約70万円
  • ハイグレード 約120万円

このように、大きく違うというわけではありませんが、各メーカーで価格が違うのがわかります。リフォーム費用を抑えたい場合は、各メーカーの価格をチェックすることも大切です。もちろん各ユニットバスの機能や特徴などもチェックしておきましょう。

機能や特徴を踏まえたうえで、コストパフォーマンスに優れるメーカーを選ぶのも大事な考え方で、安さだけを考えてしまうと後で失敗したと感じることもあり得ます。

お風呂リフォームで使える補助金

お金を持ちながら電卓で計算

お風呂リフォームでは補助金を利用できる場合があります。よく知られているのが介護保険で、最大20万円が支給されます。介護保険を利用するためには以下のような条件を満たさなければなりません。

  • 要支援・要介護認定を受けた家族がいる
  • バリアフリー住宅としての要件を満たしている
  • 自治体へ申請済み
  • 自治体へ工事完了を報告すること

これらの条件を満たせば介護保険を利用してお風呂のリフォームが可能です。この他にも、バリアフリー化を目的としたリフォームならリフォーム減税制度が利用できることがあり、所得税や固定資産税が軽減されます。

さらに各自治体でもバリアフリー化を目的としたリフォームへ補助金を支給していることがあります。この制度についてはお住まいの地域の自治体に問い合わせをして詳細について把握しておくようにしましょう。

お風呂リフォームの費用を安くするためのコツ

新品のお風呂

お風呂リフォームの費用を安くするコツはいくつかありますが、単純な方法で言えばリフォームのグレードを下げると費用も安くなります。

浴槽をハイグレードではなくシンプルグレードにしたり、他の部分のリフォームでも部材のグレードを下げることで費用を抑えられます。

ただ、グレードを下げるということは品質が落ちるということなので、後で後悔しないように、本当にグレードを下げても良いのかしっかり検討しなければなりません。また、当然ではありませんが施工する業者によっても費用は変わります。

どの業者が安く工事をやってくれるかを事前に調べておけば、リフォーム全体の費用を抑えることも可能です。特にグレードを下げずに費用だけを安くしたい場合は、業者選びが重要な要素になってきます。

お風呂のリフォームは一括見積もりがおすすめ

業者同士の比較

安く工事をやってくれる業者を見つけるためにも、お風呂のリフォームでは一括見積もりを活用しましょう。一括見積もりというのは、複数の業者に一括で見積もりを依頼する方法です。簡単に各業者の費用を比較できるのが特徴です。

たとえば5社に対して一括見積もりを依頼すれば、5社それぞれが提示してきた見積もり内容を比較できます。費用の違いや工期の違い、工事内容の違いなどをチェックでき、総合的に優れた業者を判断しやすくなります。

特に費用の比較ができるのは大きなメリットで、同じ内容のリフォームでも業者によって金額が変わるのがよくわかります。一括見積もりをはインターネット上で手軽に申し込みができるので、積極的に活用するのがおすすめです。

まとめ

少し暗めのお風呂場

お風呂や浴室のリフォームはさまざまな条件などで費用が大きく変動します。理想のリフォームをしつつ、費用は最小限に抑えることがベストな方法になりますが、そのためのコツをしっかり覚えておきましょう。

平均相場を把握しておけば、見積もりで提示された金額が高いのか安いのかもわかるようになり、優良な業者を見つけられるようになります。また、リフォームの内容やグレードによっても費用は変わるので、予算に応じて工事内容や選ぶ部材のグレードも検討しましょう。

こうした点に気を付けておけば、必要以上に費用が高くなってしまうことも避けられます。費用を安くする方法としては一括見積もりをが非常に便利なので、リフォームを検討するならまずは一括見積もりに申し込んでみましょう。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リショップナビのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ