LOADING

お風呂

【お風呂・浴室】リフォームの平均相場と価格別に何ができるか解説!

お風呂や浴室のリフォームをする場合、どのくらいの費用になるのでしょうか?見積もりで提示された価格が高いのか安いのかを判断するためにも、平均相場を知ることが大切です。

リフォームの内容によって費用は変わりますが、価格帯別の平均相場を紹介します。リフォームの規模などから価格帯をある程度絞り、それから平均相場をチェックすれば実際にやりたいリフォームがどのくらいの価格になるのかを考えます。

各価格帯における平均相場について詳しく見ていきましょう。

なお、浴室のリフォームを業者に依頼するときの“おすすめ方法“を先に少しだけ話しておきます。

自分で優良業者を探したり、一社ごとに見積もり請求をしたりするのは大変な手間ひまです。

そのため、一度に複数の業者の見積もりが手に入る『一括見積もりサービス』を利用することをおすすめします。

最安値のリフォーム料金で、なおかつ、しっかりリフォーム工事をしてくれる優良業者を探すなら、この方法をぜひ試してみてください。

▼一括見積もりを詳しく見る▼

お風呂・浴室リフォームの価格帯別の平均相場

電卓とペンが置かれた見積書

お風呂や浴室のリフォームは、3つの価格帯に分けられます。

  • 50万円以内でできるリフォーム
  • 50万円から100万円でできるリフォーム
  • 100万円から200万円以上でできるリフォーム

この3つが主な価格帯になり、それぞれで平均相場も違います。リフォームの内容によって価格帯が決まるわけですが、平均相場はどのくらいになるのでしょうか?

~50万円でできるリフォーム

業者にデータを見せてもらう女性

50万円以内のリフォームでは、主に以下のような工事が行われます。

  • 浴室内の内装工事
  • 浴槽の交換
  • 手すりの設置といったバリアフリー工事

こうしたリフォームは工事の内容も比較的簡単で、手間や人件費もそれほどかからないため、費用も50万円以内に収まることがほとんどです。50万円以内となっていますが、実際に50万円かかることは多くありません。

ではこの価格帯の平均相場ですが、約30万円程度が相場となります。簡単なリフォームなら30万円前後の予算があれば実際に工事できる可能性が出てくると考えれば良いでしょうか。30万円を目安にしておきましょう。

この価格帯でもっとも費用がかかるのが浴槽の交換です。浴槽の交換のみの工事でも、浴槽の価格と浴槽を交換する工事の費用で30万円ほどかかるケースが一般的です。

浴槽の価格によってはさらに高くなる場合もありますが、やはり30万円を目安にしておくと計画も立てやすいでしょう。平均相場である30万を切る価格でリフォームできれば、費用を最小限に抑えられたと言えます。

50~100万でできるリフォーム

業者同士の比較

50万円から100万円の価格となるリフォームは以下のような工事が代表的です。

  • ユニットバス全体の交換
  • 在来工法からユニットバスへの変更

ユニットバス全体の交換というのは、これまで使っていたユニットバスをまるごと取り外し、まったく新しいユニットバスへと交換する工事のことです。ユニットバスは浴室全体が1つのユニットになっているイメージで、交換もそれほど難しい作業ではありません。

そのため価格も50万円から100万円程度になることが多くなります。もう1つの在来工法からユニットバスへの変更は、ユニットバスではない従来の形の浴室を一旦取り壊し、そこに新しいユニットバスを設置する工事のことです。

ユニットバス同士の交換よりも価格が高くなってしまいますが、やはりこの価格帯でリフォーム可能なケースが多いようです。それぞれの平均相場ですが、ユニットバス全体の交換は70万円前後が相場になるでしょう。

新しいユニットバスの価格が50万円ほど、工事の費用が20万円ほどの内訳となっています。在来工法からユニットバスへの変更は90万円から100万円くらいが相場です。

100万円~200万円以上でできるリフォーム

業者にグラフを見せてもらう女性

3つに分けられる価格帯のうちもっとも高い費用となり、リフォーム工事の内容も大規模なものになっていきます。この価格帯で行われるリフォーム工事は以下のような内容です。

  • 浴室の移動
  • 浴室の増設

浴室の移動というのは、現在の浴室から別な場所に浴室を移動させる工事のことで、新たに配管工事が必要になるなど、工事も大規模になるためどうしても価格が高くなります。同様に浴室の増設も大規模な工事が必要です。

また、これら以外にもハイグレードな浴槽に交換するなど、100万円以上の費用がかかるリフォーム工事もあります。この価格帯は200万円以上と上限がはっきり決まっていませんが、選ぶ部材の品質や工事の規模などによって価格がどんどん高くなるからです。

300万円を超えるような金額になるケースも少ないながらあり、価格をチェックしながらリフォーム内容を検討することが大事でしょう。この価格帯の平均相場は、120万円から140万円くらいです。

あらゆる部材を最高品質にするなど、費用が高額にあることもありますが、一般的には平均相場くらいの費用に落ち着くことが多くなります。

フルリフォームにかかる平均相場価格

電卓とペンを使って料金を計算

フルリフォームとはスケルトンリフォームとも呼ばれていて、骨組みだけを残して他はすべてリフォームすることを指します。お風呂や浴室のフルリフォームでも、浴室全体をすべてリフォームすることになります。

工事も大規模なものになり、価格も高額になりやすいのですが、平均相場は先程紹介した価格帯である100万円から200万円以上でできるリフォームと同じ、120万円から140万円くらいと考えられます。

ただし平均相場はあくまでも平均的な相場であり、依頼する業者や実際の工事内容などによって価格は変わります。平均相場を大きく超える可能性もあれば、逆に平均相場よりも安く抑えられることもあります。

いかに費用を抑えられるかがポイントになってくるでしょう。

【お風呂箇所別】リフォームの価格・費用相場

電卓で計算しながらメモをする

お風呂をリフォームするからといって必ず浴室全体をリフォームするとは限りません。特定の箇所だけをリフォームすることも多く、この場合は価格も安く抑えられます。では箇所別の費用相場も見ておきましょう。

浴室内で個別にリフォームできる箇所としては、以下の部分が挙げられます。

  • 手すりの設置
  • 浴槽の交換
  • ドアの交換
  • 壁の張り替え
  • 床の張り替え

おおよそこの5箇所になるのですが、それぞれで相場も全く違うので注意してください。1つ目の手すりの設置は非常に簡単な工事となり、相場も3万円ほどと安くなっています。逆に浴槽の交換は箇所別としては高額になりがちです。

相場は50万円ほどで、やはり浴槽にてを加えるリフォームは費用もかかるというのがわかります。ドアの交換は10万円前後が相場で、壁の張り替えと床の張り替えはそれぞれ20万円前後が相場となります。

お風呂のある部分だけをリフォームする場合は、箇所によって価格が大きく変動するので必ず事前に見積もりを出してもらい、平均相場以内に収まっているかをチェックしましょう。もし平均相場を超えている場合は、業者の変更も視野に入れるべきです。

【住宅タイプ別】リフォームの価格・費用相場

マンション

住宅のタイプによってもリフォームの価格・費用相場は変わります。住宅タイプというのは一戸建てか、それともマンションなどの集合住宅かということです。どちらもやることは同じだし価格も変わらないだろうと考えてしまいますが、実は相場が違います。

まず一戸建てのリフォームの相場ですが、およそ80万円から140万円くらいが目安となります。一戸建てのお風呂のリフォームでは100万円から120万円が中心価格帯で、その前後の80万円から140万円くらいまでが相場に該当します。

次にマンションですが、こちらは一戸建てよりも少しだけ相場が安くなっていて、60万円から120万円くらいが相場となります。

マンションのお風呂のリフォームは中心価格帯が80万円から100万円なので、その前後20万年分くらいを含めた数字が相場になる形です。

気をつけるんだ!
多少の違いはありますが、一戸建てもマンションも相場は大きくは変わりません。一戸建ての方の場合、少し多めに予算を用意しておくように意識しておくのが良いかもしれません。

【メーカー別】リフォームの価格・費用相場

パソコンで調べる

次にメーカー別のリフォーム価格・費用相場を見ていきましょう。お風呂や浴室のリフォームが可能なメーカーはいくつかあり、それぞれで価格も違います。相場を抑えておくと、より安くリフォームしてくれるメーカーが見えてきます。

ただ、実は各メーカーの違いは非常に小さく、平均相場で見るとどこもほぼ同じというのが現状です。各メーカーとも、50万円から160万円くらいが相場だと想定してもらってかまいません。

相場にしては金額に幅があるのですが、これは使用する部材のグレードなどで実際の価格が変わるからです。

ここでワンポイント
シンプルなグレードで揃えれば50万円ほどでリフォームできることもありますし、ハイグレードなもので揃えれば150万円くらいはかかってしまいます。

いずれにしても各メーカーごとに価格が大きく変わることは少なく、グレードが同じなら機能性もほぼ同じになるので、より安く工事してくれるメーカーや、デザインが好みのメーカーを選ぶのが良いでしょう。

お風呂リフォームの費用を安くするためのコツ

虫眼鏡とお金と電卓

ここからはお風呂や浴室のリフォームの費用を安く抑えるコツを紹介します。たとえば、使用する部材に特にこだわりがないなら、シンプルで価格の安いものだけを使用するのも1つの方法です。

特にフルリフォームのような大規模なリフォームを行う場合、部材を安いものにするか、高いものにするかでトータルの費用は大きく変わります。また入念な打ち合わせも大切です。

業者としっかり話し合い、無駄を無くすようにすれば工事を効率良く進められ、結果的に工事費用を安く抑えられます。もっとも大事なこととしては、業者選びが挙げられます。同じ内容のリフォームでも業者によって価格はバラバラです。

どの業者が安く工事してくれるのかを調べ、最適な業者を見つけることが何よりも重要なポイントです。

少し暗めのお風呂場

【お風呂・浴室】リフォームの平均相場は?価格&費用を安くするコツ

お風呂・浴室リフォームの価格帯・平均相場 お風呂や浴室のリフォームはど……続きを読む

お風呂のリフォームは一括見積もりがおすすめ

チェックする虫眼鏡

お風呂のリフォーム費用を安くするには業者選びが大事だと紹介しましたが、そこで活用したいのが一括見積もりのサービスです。一括見積もりはインターネット上で利用できるサービスで、申し込みをすると複数の業者にまとめて見積もり依頼が可能です。

各業者の見積もり結果が出たら、それぞれの金額を比較しましょう。これで簡単に最安値の業者を見つけられます。

しかも一括見積もりを利用した場合、業者は他の業者にお客を取られないようにと、通常よりもさらに価格を安くしてくれる可能性が出てきます。

1社ごとに単独で見積もり依頼をしてもこうしたメリットは生まれないので、お風呂のリフォームを検討しているならまずは一括見積もりでの業者選びがおすすめなのです。

【当サイトおすすめ】リフォーム前に
利用すべき一括見積もりサービス2選
リフォーム前に試すべき2つのサービス

リフォーム前に必ず以下2つの一括見積もりサービスを利用してください。

なぜなら、リフォームには定価がないからです。適正価格を知るためには複数の見積もりを比べるしかありません。

各リフォーム会社に問い合わせて見積もりを取るのは大変です。以下のサービスなら一瞬で複数社に見積もり依頼、相場もわかり優良会社を紹介してくれます。

【リショップナビ】
累計利用者10万人突破の一括見積もり
リショップナビ
  1. 提携業者1500社
  2. 厳格な審査基準をクリアした会社のみ提携
  3. カンタン30秒で"最安値"がわかる(無料)

リフォーム一括見積もりといえば「リショップナビ」と言われるほど有名なサービス。提携業者は厳格な審査基準をクリアした優良リフォーム会社1500社なので安心です。

実際に利用した結果、当初のリフォーム費用より21万円も安くなりました。

万が一の保証のために「安心リフォーム保証制度」まで完備。リフォームで損しないために、安心して利用できるリショップナビを必ず活用しましょう。

リショップナビ
公式サイトはこちら
【リノコ】
無料&匿名で見積もり相場と優良業者がわかる
リノコ
  1. 自宅近辺のリフォーム適正価格が"10秒でわかる"
  2. 厳しい基準をクリアした優良施工店のみ紹介
  3. 1日の利用人数を制限するほどの人気サービス

自宅近辺で優良施工店を探すなら「リノコ」以上のサービスはありません。

「仕上がりが悪い」「追加請求がきた…」などトラブルが多いリフォーム。リノコなら厳しい基準をクリアした優良施工店のみ、また適正価格の"定額料金"なので追加費用は一切ありません。

安心・安全かつ無料&匿名で利用できるリノコは必ず利用してほしいサービスです。下記の無料診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

まとめ

明るいユニットバス

お風呂のリフォームは3つの価格帯に分かれていて、価格帯ごとに相場がある程度決まっています。さらにフルリフォームする場合の相場や、箇所別の相場、住宅タイプ別の相場など、複数の相場が存在します。

各相場をしっかりと把握し、自分が行うリフォームの内容と照らし合わせ、どのくらいの価格の収まればお得なのかを考えるように心がけましょう。そうすればリフォーム費用を最小限にできます。

また、リフォーム費用を安くするには業者選びが非常に重要で、その業者選びに役立つのが一括見積もりというサービスです。一括見積もりはネット環境さえあれば無料で使えるサービスなので、積極的に使いましょう。

安く工事してくれる業者を一括見積もりで見つけ、打ち合わせを入念に行って安心して工事を任せられるようにすると、理想のリフォームに近づきます。

コメントを残す

ページの先頭へ