LOADING

お風呂

お風呂(浴室)のパネル交換リフォームの平均価格・費用相場【まとめ】

お風呂・浴室のリフォームはタイル、木材、シート、塗装といった具合に、さまざまな選択肢があります。パネルもその中のひとつですが、交換リフォームをする場合の平均価格・費用相場を知りたい方もいるでしょう。

今回はこの点を主体としたお役立ち情報を提供します。ほかにもDIYに挑戦しやすいものなのか、また負担を抑える方法、賢い見積もりの取り方などについてもまとめました。

お風呂・浴室のパネル交換リフォームで失敗したくないと思っている方は、ぜひご一読ください。

なお、お風呂・浴室のリフォームを業者に依頼するときの“おすすめ方法“を先に少しだけ話しておきます。

自分で優良業者を探したり、一社ごとに見積もり請求をしたりするのは大変な手間ひまです。

そのため、一度に複数の業者の見積もりが手に入る『一括見積もりサービス』を利用することをおすすめします。

最安値のリフォーム料金で、なおかつ、しっかりリフォーム工事をしてくれる優良業者を探すなら、この方法をぜひ試してみてください。

▼一括見積もりはこちらをクリック▼

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

お風呂・浴室のパネル交換リフォームの平均費用

お金と家

業者に依頼する形で行うお風呂・浴室のパネル交換リフォームでは、以下の2種類の費用が発生します。

  • 製品価格
  • 工事費用

インターネットで情報収集しているときに、平均費用より異様に安い金額が載っている場合があります。それは製品価格または工事費用のいずれかが含まれていない可能性が高いため、両方の合計額であるかの確認をしたほうが良いでしょう。

製品価格はメーカーやグレードによって、また工事費用も業者によって変わってきます。在来工法なのかユニットバスなのかによっても、金額に違いが出る点は知っておいたほうが良いでしょう。

140,000~220,000円程度はパネル交換リフォームでかかることが多いです。ちなみに工事費用についてはリフォーム前の壁の解体撤去やパネルの取り付け費用などが含まれています。

気をつけるんだ!
業者の見積もりは内訳までしっかりとチェックし、記載のない追加費用を支払うことにならないか、確認しておくのを忘れないでください。

【メーカー別】パネル単品価格と特徴

業者に説明を受ける家族

工事費用は工法にもよりますが、全体的に見ると100,000~110,000円がかかるケースが多いです。この金額を抜きにしてパネル単品だとどの程度のお金がかかるのか、気になっている方もいるでしょう。

Panasonicとフクビ化学の製品について解説しますので、チェックしてみてください。

Panasonic

パナソニック
(画像出典:パナソニック公式サイト)

Panasonicが取り扱っているバスルームの商品シリーズのひとつにFZがあります。節水シャワーやエステケアシャワー、暖房換気乾燥機などオプションが豊富で、掃除のしやすさも魅力的な要素のひとつです。

パネル単品での価格を見てみましょう。

Dグレード 1616サイズ 60,000円ほど
Dグレード 1621サイズ 90,000円ほど
B/Cグレード 1616サイズ 80,000円ほど
B/Cグレード 1621サイズ 110,000円ほど

以上の内容からわかるように、グレードが上のものほど、サイズが大きいものほど費用負担は大きくなります。

これにプラス工事費用がプラスされると、大体160,000~220,000円程度の費用がパネル交換リフォームで発生することになるでしょう。

パナソニックのお風呂リフォーム

これで完璧!パナソニックのお風呂リフォームで失敗しないための注意点

パナソニックのお風呂・ユニットバス商品特徴と費用 [caption id="a……続きを読む

フクビ化学(アルパレージ)

フクビ化学
(画像出典:フクビ化学公式サイト)

フクビ化学のバスパネル、アルバレージはリーズナブルなだけでなく断熱性に優れ結露にも強いです。色バリエーションも多く、中性洗剤とスポンジを使って拭き取るだけと掃除も簡単。軽量でやわらかく、カッターで切れる高い加工・施工性も魅力的です。

リーズナブルと述べましたが、どのぐらい安いのかは気になるところではないでしょうか。フクビ化学のアルバレージは、1枚あたりの目安となる価格は910×2450mmで大体18,000円からです。

パネル交換リフォームで、パネルだけでは大体36,000円ほどから費用がかかるでしょう。これに工事費用をプラスすると、136,000~146,000円の金額になります。

なるべく費用負担を軽く抑えてお風呂・浴室のパネル交換リフォームをしたいと思っている方は少なくないはずです。該当する方であれば、フクビ化学のアルバレージは有力候補になり得るのではないでしょうか。

【タイプ別】在来工法・ユニットバスのパネル交換費用

ポイント

お風呂・浴室のパネル交換費用について、工事費用は在来工法なのかユニットバスなのかによって差が生じます。また工事費用の内訳についても、工法によって違いがあるのです。まず在来工法について見ていきましょう。

リフォーム前の壁を取り除く費用 50,000円ほど
下地処理の費用 20,000円ほど
パネルの設置費用 30,000円ほど

続いて、ユニットバスのパネル交換リフォームでかかる費用は以下のとおりです。

リフォーム前の壁パネルの取り外し費用 50,000円ほど
パネルの組み立て設置費用 50,000円ほど
シーリング費用 10,000円ほど

在来工法と比較して、ユニットバスのほうが10,000円ほど高い工事費用がかかります。

白いユニットバス

【浴槽種類別】在来工法とユニットバスのリフォーム価格・費用一覧!

お風呂の在来工法とユニットバスの違い ユニットバスはシステムバスとも呼……続きを読む

パネル工法の注意点

チェックするサラリーマン

お風呂・浴室のパネル交換リフォームでは、DIYにチャレンジしようとする方もいます。たしかに、業者に依頼する場合と比較して、DIYには費用負担を抑えられるというメリットがありますが、上級者でない限りおすすめできません。

というのも、お風呂・浴室の壁のサイズでは、買ったパネルを丸ごと数枚使う必要があります。切る大きさを間違えてしまうと買い足さざるを得なくなり、業者に依頼したほうが安上がりだったいうことになりかねません。

また初心者がパネル交換リフォームをする場合には、数十時間以上かかるなど、手間だけでなく時間もかかりがちです。失敗すれば費やした手間や時間もすべて無駄になってしまうため、はじめからプロにお願いするのがおすすめです。

自分で浴室のパネルをリフォーム(DIY)

ストップするサラリーマン

パネルのカットを失敗すると新たに買い足さなければならず、余計な費用がかかりがちと述べました。しかし、DIYのハードルの高さは、切る難しさだけではありません。以下の内容を見て難しそうと感じるのであれば、リフォーム業者への依頼が得策です。

たとえばパネルとパネルのあいだにすき間ができていると、そのすき間からパネルの裏側に水が入り込む原因になります。

浸水すれば、取り付けたパネルが剥がれるリスクがあるのです。これを防ぐには、パネルとパネルのあいだにコーキング剤を使用するなどしなければいけません。また下地処理も自分でする必要があります。

パネルを接着剤で取り付ける前には、タイル表面に付着している石鹸カスなどを徹底除去しなければいけません。タイルの欠損部分があれば接着剤などで平らに補修する必要もあります。

お風呂リフォームの費用を安くするためのコツ

お風呂・浴室のリフォームを行うにあたっては、補助金を使うことができないかチェックしてみましょう。

利用の対象者になっていれば、大幅に費用負担を軽減できる可能性があるためです。主なものとしては介護保険によるものがあり、以下の条件をクリアする必要があります。

  • 家族に要支援・要介護認定の取得者がいる
  • 自治体に対する申請が完了している
  • 手すりの取り付け、湯船の高さなどバリアフリーの基準をクリアしている
  • 自治体に対し工事完了の報告を入れる

すべて合格して利用できれば、所得によって10%または20%の自己負担はあるものの、最高20万円まで支給され、工事費用に充てられます。

ほかにも各種税金の負担が軽減される制度などもあるため、条件をクリアできるものがないかチェックしてみると良いでしょう。

見積書

【決定版】お風呂・浴室リフォームを安くする『6つのコツ』と注意点

お風呂・浴室リフォームの平均費用と相場 まずお風呂のリフォームにかかる……続きを読む

お風呂のリフォームは一括見積もりがおすすめ

重要

お風呂・浴室リフォームを業者に依頼したい場合には、ネットの一括見積もりサービスを利用するのが良いでしょう。サイトの専用フォームで一度だけ必要事項を入力・送信するだけです。

これだけでサービスに登録しているリフォーム業者にまとめて見積もり請求した形になります。受付は基本的に24時間365日、無料で利用可能です。

ここでワンポイント
自分で優良業者を探したり、一社一社に対し別々に見積もり請求をしたりする時間や手間がかかりません。

複数者の見積もりが一度に手に入るため、比較検討がしやすく最安値の業者もわかりやすいです。良さそうな業者があれば現地調査をお願いし、正式に依頼するかどうか決定するだけです。

なお、一括見積もりサービスを利用したからといって、名乗りをあげてきてくれた業者の中から一社と契約するのは必須ではありません。まずは気軽に使ってみると良いでしょう。

【当サイトおすすめ】リフォーム前に
利用すべき一括見積もりサービス2選
リフォーム前に試すべき2つのサービス

リフォーム前に必ず以下2つの一括見積もりサービスを利用してください。

なぜなら、リフォームには定価がないからです。適正価格を知るためには複数の見積もりを比べるしかありません。

各リフォーム会社に問い合わせて見積もりを取るのは大変です。以下のサービスなら一瞬で複数社に見積もり依頼、相場もわかり優良会社を紹介してくれます。

【リショップナビ】
累計利用者10万人突破の一括見積もり
リショップナビ
  1. 提携業者1500社
  2. 厳格な審査基準をクリアした会社のみ提携
  3. カンタン30秒で"最安値"がわかる(無料)

リフォーム一括見積もりといえば「リショップナビ」と言われるほど有名なサービス。提携業者は厳格な審査基準をクリアした優良リフォーム会社1500社なので安心です。

実際に利用した結果、当初のリフォーム費用より21万円も安くなりました。

万が一の保証のために「安心リフォーム保証制度」まで完備。リフォームで損しないために、安心して利用できるリショップナビを必ず活用しましょう。

リショップナビ
公式サイトはこちら
【リノコ】
無料&匿名で見積もり相場と優良業者がわかる
リノコ
  1. 自宅近辺のリフォーム適正価格が"10秒でわかる"
  2. 厳しい基準をクリアした優良施工店のみ紹介
  3. 1日の利用人数を制限するほどの人気サービス

自宅近辺で優良施工店を探すなら「リノコ」以上のサービスはありません。

「仕上がりが悪い」「追加請求がきた…」などトラブルが多いリフォーム。リノコなら厳しい基準をクリアした優良施工店のみ、また適正価格の"定額料金"なので追加費用は一切ありません。

安心・安全かつ無料&匿名で利用できるリノコは必ず利用してほしいサービスです。下記の無料診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

まとめ

タイルのお風呂

製品価格はメーカー取り扱いの製品別に異なり、工事費用は業者別に異なります。在来かユニットバスかによる費用負担の違いもあるため、相見積もりを取り、より好条件なリフォーム会社と契約を交わしましょう。

また見積もりを請求する際には、現地調査まで含めて無料で対応してくれるか、必ず確認しましょう。契約した場合のみ無料としているような業者があるとすれば、現地調査をお願いするのは慎重に判断すべきといえます。

そのほかA社が提示してきた見積もり額を引き合いに出して、B社と値下げ交渉をするようなテクニックもあります。

上手くいけばA社より安い金額でリフォームを引き受けてくれるため、少しでも費用負担を軽くしたい方は試してみるのも良いのではないでしょうか。

女性デザイナーとリフォームの相談

これを読めば失敗しない!お風呂・浴室リフォーム業者の正しい選び方

お風呂・浴室リフォーム業者選びの基本 リフォーム業者の選び方では、以下……続きを読む

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ