LOADING

トイレッド トイレ

安くしたい方必見!トイレリフォームの費用を安くする『6つのコツ』

トイレリフォームをしようとしたときに気を付けたいこととして、どれくらいの費用をかけてリフォームをするのかがあります。リフォームと言っても様々な方法があり、それによってかかる金額もバラバラです。

実際の相場はどれくらいなのか、安くするためにはどんな方法が効果的なのか、そもそもそのリフォームはどこまでが必要なものなのか。このようにトイレリフォームを安くするためのポイントにも色々なものがあるので、それぞれの方法について紹介をしていきます。

これからトイレリフォームを検討していて、できるだけ安く良いものにしたいと考えているなら、これらの情報をしっかりと活用して満足のできるものにしてください。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

トイレリフォームの費用相場

ペンと紙

トイレリフォームをする前に知っておきたい情報のひとつに、実際にリフォームをする場合にかかる費用の話があります。もちろんどのようなリフォームをするのかによって価格は大きく変わってくるのですが、一般的な範囲内での相場について知っておきましょう。

まずトイレリフォームにかかる費用として、20万~50万円ほどと言われています。この時点でもすでに30万円もの幅があるので判断が難しいところもありますが、まずはこの相場を元にそれぞれのリフォームでどれくらいの費用になるのかを考えてみてください。

純粋にトイレのみを買い換えるのであれば、便器本体の価格はメーカー希望小売価格の30~50%引きが相場と考えればわかりやすくなります。

虫眼鏡とお金と電卓

トイレのリフォーム費用はどれくらい?【平均価格相場】

トイレリフォームの相場の前に知っておきたいこと トイレリフォームの相場……続きを読む

温水洗浄機能付きの便座になると、これは20~40%引きです。そして実際に取り替え工事をする際の工事費用は、4万~10万円ほどになります。

仮にメーカー希望小売価格が20万円のトイレを購入するなら10万~14万円になり、そこに4万円以上の工事費になる。これで20万円ちょっとでトイレのリフォームができることになるわけです。

トイレリフォームの費用をやすく抑えるコツ

ビジネス

トイレリフォームをしたいけど、少しでも費用をやすく抑えたい。その場合に効果的なテクニックはいくつもあります。全部を活用すれば当初の予算よりも金額を大きく抑えられる可能性もありますが、それで納得ができるのかどうかは別問題になります。

「ここだけは譲れない」というポイントがあるならそこはそのままにして、妥協できるところで費用をやすく抑えられるようにしてください。

電卓とお金

トイレリフォームの価格&費用相場まとめ【見積もりを安くするコツ】

トイレリフォームの価格帯・平均相場 トイレのリフォームにかかる費用は、……続きを読む

製品のグレードを落とす

トイレリフォームでの節約方法で一番簡単なものとして、製品のグレードを落とすというものがあります。

トイレにこだわりを持ちたい人はたくさんいますが、そのトイレの機能にこだわればこだわるほど価格は高くなっていきます。最上位のグレードに憧れる気持ちがあったとしても、絶対にすべての機能が必要というわけではありません。

そしてその機能を省いた廉価版を選べば、トイレ本体の価格で10万円くらいの節約になることもあります。タンク付きのトイレとタンクレスのトイレでも10万円近い差が出ることもあり、製品のグレードを落とすことで節約効果を期待できるのは確かです。

気をつけるんだ!
グレードを落としすぎても後悔につながる可能性があるので、バランスの良い選択をしてください。

製品のグレードを落とすことは、トイレ自体の話だけではありません。例えばトイレの内装をリフォームする際にも、そこで使われるもののグレードを落とすことで、数千円~数万円以上の節約ができることもあります。

簡易取り付け型洋式トイレなら安くできる

トイレ

現在も和式のトイレを使っている人の中には、洋式トイレにリフォームをしたいと考えている人がたくさんいます。しかし和式から洋式へのリフォームは、トイレリフォームの中でもかなり大がかりな工事になるので、かかる費用もかなりの金額になります。

将来的には完全に洋式トイレにしたいと思っていても、今すぐそれだけのお金を用意するのは厳しいのであれば、管理取り付け型洋式トイレの導入を検討してみてください。

このトイレは和式トイレに便器を乗せるもので、後はそこへ座って用を足すだけです。段差があるタイプの和式トイレなら3,000円前後から、段差がないタイプの和式トイレに使えるタイプでも1万円くらいから購入できます。

リフォームと言うには簡単な方法に見えるかもしれませんが、このようなちょっとした工夫でも劇的な変化を実感できます。工事不要なので、買ってすぐに使えるところもポイントです。

床材にクッションフロアを採用する

床のリフォーム

トイレの内装をリフォームするときに、床材をどうするのかどうかで価格は大きく変わってきます。フローリングを始めとした様々な選択肢はあるのですが、少しでも節約をしたいならクッションフロアを使うようにしてください。

クッションフロアとは塩化ビニール樹脂を減量したもので、その名前の通り柔らかい床材です。表面のプリントによって雰囲気を変えることができるので、木目調やレンガ調なども用意されています。

トイレの床材についての好みも人それぞれですが、クッションフロアには多くのメリットがあるのでほかの選択肢は考えられないくらいに優れたものです。

まず節約の際の方法として選べるくらいにコストが抑えられること、そして耐水性が高くて汚れが付きにくいこと、さらにはバリエーション豊富なので好きな模様を選べること。これだけのメリットがあります。

ウォシュレットだけ取り付ける

トイレの確認

ウォシュレット機能は高い需要があります。しかしウォシュレットが欲しいというだけで、トイレをまるごと交換してしまうのはもったいないことです。ほかの部分に不満がないなら、ウォシュレットだけならコストダウンが可能になります。

実際にトイレリフォームでウォシュレットを取り付ける場合は、2万円もあれば可能です。ウォシュレット自体は1万円以下で購入でき、取り付け工事も6,000~8,000円くらいで可能なのです。

ほかにもこれまで使っていた便座を処分するなら1,000円前後の費用は必要ですが、それを合わせても2万円以下で可能なのはとても魅力的です。

パソコンで調べる

価格帯別で紹介!おすすめのウォシュレット【費用・注意点】

ウォシュレットのリフォームにかかる費用 一口にウォシュレットと言っても……続きを読む

しっかりと便座ごと交換すると、それだけで2万~5万円くらいは必要になり、そこから取り付け工事費用も必要になります。しかしウォシュレットだけが必要なら簡易式のものを使ってみるのもひとつの方法です。

ひとつ気をつけたいこととして、そのトイレにウォシュレット機能を付けられるのかどうかがあります。取り柄のサイズや配管の問題など、クリアできるかどうかはそのトイレ次第です。

バリアフリーのリフォームなら介護保険から助成される場合がある

バリアフリーのトイレ

トイレリフォームの中には、より快適に使えるようにするためのものがあります。これはトイレの機能を向上させると言うよりも、手すりなどを付けるバリアフリーを目的としたものです。

このリフォーム自体はそれほど多くの予算を必要とするものではありませんが、トイレの構造によっては本格的に手を加える必要もあります。そんなときに活用をしたいのが、介護保険からの助成金です。

その自治体によってどこまでサポートをしてもらえるのかという違いはありますが、トイレのリフォームで金銭面でのサポートがあるのとないのとでは大違いです。

もちろんバリアフリーを目的としたリフォームでなければ使えない方法ですが、少しでも費用を抑えてリフォームをしたいなら、このような方法もあると知っておいて損はありません。

DIY

床をきれいにする

これは手先が器用な人に限定される方法になりますが、DIYで必要なものを用意してしまう、または取り付けてしまう方法もあります。

壁紙やクッションフロアくらいなら、方法さえわかってしまえば自分でできてしまう人は意外と多いものです。

さすがにDIYで本格的なリフォームにまで手を出すのは難しいことですが、自分にできる範囲なら自分でやってしまえば、工事費用を抑えられるので覚えておいてください。

手すりを付けるなども自分でやってしまう人もいますし、トイレ用品を置くための棚や収納用の入れ物を自作する人もいます。買ってきてしまうのが一番楽な方法ですが、ものづくりが好きな人ならリフォーム費用を節約するためにも自分で挑戦してみてください。

費用以上の工事をしてくれる業者を選ぶには?

交渉

トイレリフォームで何を使うのかが決まっていれば、リフォーム業者はどこを選んでも変わらない。これは間違った考え方です。実際にはどの業者へ依頼をするのかによって、費用だけではなく結果が変わってくることもあるのです。

理想的な展開としては、安い費用でそれ以上の工事をしてくれる業者ですが、そんな業者を探すためにはどうすれば良いのでしょうか。

まず業者の評判については、しっかりと確認してください。友人・知人でトイレリフォームをしたことがある人がいれば、どんな業者を利用してどんな結果になるのかはチェックしてください。

またトイレリフォームを依頼するなら、トイレリフォームを得意とする業者へ依頼することも忘れないでください。リフォーム業者の中にはそれぞれ得意な分野があります。

サラリーマンのチェック

トイレのリフォームはどこでもいい?業者依頼する『8つ』の注意点!

トイレリフォームかかる費用・相場を知る トイレリフォーム業者を選ぶ前に……続きを読む

トイレリフォームに強い会社を選ぶ

握手

トイレ入りフォームに強い会社を選ぶなら、その業者がどこまでを自社で工事しているのかチェックをしてみてください。

リフォーム会社と言っても、すべての部分に強いわけではありません。自社で担当できるところは自分たちで行い、それ以外は下請けなどに依頼する形をとっているところもあります。

自社施工している業者に依頼する

スマホ

トイレリフォーム会社を選ぶときには、どんな分野のリフォームをするのか、そしてその分野に対してそのリフォーム会社は自社施工をしているのかが大きなポイントになります。

自社施工をしているならその分野を得意としていることは言うまでもありませんが、第三者を介さないことによってコストダウンができ、何かあってもすぐに応じてくれるところもポイントです。

トイレリフォームによるトラブルは多く、伝達不足などから起きている例は多数あります。その問題を防ぐことも含めて、自社施工のリフォーム会社を選ぶようにしてください。

複数の業者から見積もりをもらう

スマホ

リフォーム業者を選ぶときに重要なのは、複数の業者に見積もりをもらうことです。一社だけだと比較のしようがなく、高いのかやすいのかさえもほとんど判断ができません。

相場と比較をすると言っても、そのリフォーム内容と完全に合致するものでなければ、その金額が信頼できるものなのかどうかは判断が難しくなります。

だからこそ複数社の見積もりを比較することで、現時点でどんなリフォームをすればどこの会社が安いのかがわかりやすくなります。

しかしここで問題がひとつあります。複数社への見積もりを出す作業が、意外に面倒くさいことです。1社や2社ならともかく、3~4社以上になると慣れてくる以前に面倒さが上回ります。だけどそんな問題を解決する方法があります。

トイレリフォームに強い業者なら一括見積りがおすすめ

パソコン

トイレリフォームの業者を探すなら、一括見積もりサービスを活用してください。これはそのままのサービスで、複数社へ一度にリフォームの見積もり請求を出せるサービスです。

専用のフォームに必要事項を入力して送信をすれば、それぞれのリフォーム会社から見積もりが送られてきます。より細かいところまで詰めるために連絡もくれるので、請求さえしてしまえば後は受け身のままで進められるのです。

各リフォーム会社も最初から競争することが前提なので、見積もり結果もかなり力を入れたものが送られてきます。納得のできるリフォームをするためには、しっかりと情報を集めて比較し、その上でベストな選択ができるようにしてください。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ