LOADING

トイレッド トイレ

トイレの便器をリフォーム!おすすめのメーカー・費用・注意点は?

トイレをリフォームする時に、楽しみでもあり困ってしまうのが便器選びです。今回は便器の種類や特徴、工事金額について詳しく説明をしていきます。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

便器の種類

トイレの便器は、タンク付き便器、タンクレス便器、収納・手洗い一体型便器の3つに分類されます。下記にてその詳しい用途を記載していきます。

タンク付き便器

トイレ

タンク付き便器とは、水が貯蔵されているタンクの部分と便座とが組み合わさった、昔からあるオーソドックスなタイプのトイレです。誰もが一度は使用されたことがある形となっていて、聞いただけですぐにイメージをすることができるのではないでしょうか。

一般家庭ではこのモデルのトイレを使用されている方が大多数を占めます。タンク式トイレの水の流し方は専用リモコンを使うか、タンクの横に取り付けられているレバーを引くことによって水が流れてきます。

ここでワンポイント
タンク付き便器は万が一家庭で停電が起こってしまっても手動で流すことが可能です。ただし、ウォシュレットや便座ヒーターなど電力を必要とする機能は、使うことはできません。

断水の時においても、タンク本体の中に一定量の水が溜まっていますので、1回分の水を流すことも可能となります。またタンクの水を使って流すため、水圧に関係なく流せることも特徴です。

高層ビルやマンションなどの場合でも、水圧を気にすることなく安心して設置できるでしょう。金額面においても、タンクレストイレと比べてリーズナブルな機種が多く取り揃えられています。予算に限りがある方でも、気軽にリフォームができるでしょう。

タンク付き便器のデメリット

パソコン

タンク付き便器はその性質上デメリットも存在はします。タンクが存在しているため、スペースを大きく取ってしまい邪魔に感じてしまう場合もあります。

お掃除をする上でも凹凸が多いので、少し手間がかかってしまい、背面の拭き掃除をする場合においてもやりずらさを感じてしまうかもしれません。

タンクレス便器

トイレ

タンクレストイレの最大の特徴といえば、スタイリッシュな高いデザイン性です。高級ホテルや飲食店などにおいても、最近ではタンクレストイレが多く採用されています。

名前の通り水を溜めておくタンクが存在しないため、スペースを最大限活用することができ、凹凸が少ないため掃除がやりやすいです。壁排水のトイレを選べば床の掃除まで簡単にすることができますし、背面の掃除も手を狭いスペースにまで入れ込まなくて済みます。

また、水道に直接繋ぐ施工方法となっているため、連続して水を流すことができます。その結果、タンクに水が貯まるまで待たなければいけない必要性がこのデザインにはありません。

タンクレス便器のデメリット

パソコンを見る女性

しかし、タンク付きトイレと同様にデメリットも存在します。まず1つとして、タンク付きトイレで紹介させていただいたメリットとは逆で、電気を使う仕組みとなっているため、停電が発生してしまうと水を流すことが一切できなくなります。

そのような場合はバケツなどを使用して、手動で水を流さなくてはいけません。また水圧に大きく左右されるため、設置できる環境が限られてしまいます。上記でも述べていますが、水道に直接繋ぐ施工のためその環境に大きく左右されてしまいます。

気をつけるんだ!
水圧が低い場所で使用を続けていると、高い確率でトイレつまりが発生します。そのような事態を防ぐために、メーカーでは加圧装置を別途販売しています。そのため水圧が低くても、設置できる場合は多くはなっています。

最大のデメリットとも言われるのが、手洗い器を別途取り付けなければいけない点です。タンクレストイレの場合は無条件で手洗い無しとなってしまうためトイレの中に別で手洗い器の取り付け工事を行うか、洗面台などで手を洗わなければいけません。

価格面においても、高いものだと10万円ほどタンク付きトイレよりも高くなってしまいます。

収納・手洗い一体型便器

トイレ

収納と手洗いが一体型になっているトイレは通称キャビネット付きトイレと言われます。その何よりの特徴が、収納スペースが大量にあるということです。トイレには掃除用品やトイレットペーパなど、何かと必要なものがたくさんあり、置くスペースに困ってしまいます。

しかしキャビネットがあるため、ほとんどの道具をそこにしまっておくことができます。またトイレ本体の見た目は、タンクレストイレと同様となります。そのためお掃除も簡単なため、デットスペースが限りなく少ないので隅々まで拭き掃除をすることも可能です。

また、キャビネット式では手洗い器も最初から装着されているので、トイレとは別の場所で手を洗うという手間もありません。これだけの設備が整っているタイプですが、デメリットもあります。

収納・手洗い一体型便器のデメリット

パソコン

デメリットは、キャビネットを付けるためのスペースが必要ということです。トイレ空間の大きさは各家庭によってそれぞれ違います。

そのため、全ての家に対してこのタイプのトイレを取り付けられるというわけではなく、施工条件が限られてしまいます。

便器の入れ替えの費用相場

一口にトイレリフォームと言っても選ぶ種類によって金額が大きく変わってきます。それでは費用に分けてどのような工事ができるのか、紹介していきます。

15万までで出来るトイレ・便器リフォーム

電卓とペン

15万円までで出来る内容としては、トイレ本体はタンク付きトイレのみに限られる場合が多いです。タンク付きの中でもグレードがありますが、便座などにこだわりがなければ充実したラインナップから機能を選ぶ事もできます。

ただし、住んでいる場所がマンションか一戸建てかで、機種が同じでも金額が違う業者もあるので注意をしなければなりません。

15万~30万までで出来るトイレ・便器リフォーム

電卓とペン

30万円までで行える内容のリフォームとしては2パターンあります。まず1つ目ではタンク付きトイレを選んでトイレ本体に必要となる費用を抑えて、タオルリングやクッションフロアを新品に取り替える工事内容です。

トイレ本体はもちろんですが、空間そのものをリフォームしたいと考えている方にはピッタリな工事内容となります。そして2つ目は、トイレ本体に予算全てを使うというパターンです。

30万円まででしたらタンクレストイレを設置できますので、スタイリッシュなデザインが良いという人にはお勧めです。

30万以上で出来るトイレ・便器リフォーム

電卓とお金

30万円以上の予算で考えられている方では、タンクレスやキャビネットトイレと言ったどのような仕様のものでも工事をする事が可能となります。

手を洗う時に、冷たい水では嫌だと言う人には、オプションになりますが小型の電気温水器を設置することによって、要望を叶えることが可能です。それにより瞬時にお湯が出てくるため、ストレスを感じることもありません。

そして天井や壁のクロスといった内装までリフォームを行うことができます。クロスやクッションフロアにもそれぞれの特徴があり、水に強いものや汚れが付着しにくいようなタイプまで取り揃えられています。

ここでワンポイント
30万円以上ならトイレを使用する時に、足腰への負担を感じられる場合は手すりを取り付けることも可能です。もちろん取り付ける位置も自由に選ぶこともできます。

内装工事を行うときに、工事完了後に思い描いた内容とのギャップを感じることが無いように、業者によっては実物のサンプルを用意してくれるケースもあるでしょう。

壁紙などはカタログで見ただけでは想像することが難しいため、実物を目で見て手で触ることによって、イメージが湧きやすくなります。

便器を選ぶ時の注意点

ビジネス

ここまで紹介をさせていただきました通り、トイレにはたくさんの種類があります。しかし便器を選ぶ時においても、「何となく気に入ったから」というような考えでは失敗をしてしまう可能性もあるでしょう。

リフォームにかかるのは決して安いお金ではないので、失敗しないためにも注意点をここで紹介をさせていただきます。

まずは、メーカーによってそれぞれで機能や仕様が違うということです。見た目は同じトイレでも、コーティング方法が違うため掃除のしやすさや汚れの取れやすさなどに違いがあります。そして何よりも違いがあるのがデザインです。

最近ではトイレにも「おしゃれさ」を追求しており、丸みを帯びた形や明るい色などを採用しています。感覚や好みは人によって様々ですので、メーカーにて用意されているカタログをしっかり見てから検討してください。

メーカーのオススメ便器

それぞれのトイレメーカーでは開発に関して自信を持っており、その中でも特にお勧めとしている機種があります。ここではそのような機種を3社に分けて紹介をしていきます。

toto

TOTO
(画像出典:https://jp.toto.com/)

まずはトイレシェアにおいてはナンバー1の普及率を誇る、TOTOのお勧め機種を紹介していきます。今現在においても変わらず人気のあるシリーズと言えばネオレストです。

このトイレのコンセプトは「ひとつ上のきれいを」というもので、コンセプトに恥じない機能性は、まさにTOTOの高い技術の全てが凝縮されていると言えるでしょう。そんな自慢の機能を簡単に紹介していきます。

まずはセフィオンテクト層により、菌ですら入り込むことができないほど滑らかに仕上がっています。次に電気分解によって作られる除菌水です。ネオレストは機械自らこの除菌水を自動で吹きかけることによって、カビなどの汚れが発生するのを防ぎます。

そして、汚れと言えば忘れてはいけないのがトルネード洗浄です。水を流したときに渦を巻くようにして流れるので、隅々の汚れまで取れます。

LIXIL

リクシル
(画像出典:https://www.lixil.co.jp/)

続いて紹介するブランドがLIXILです。このメーカーは広告宣伝が非常に上手で、ジャニーズを起用するポップなCMを見たことがあるという人も多いでしょう。そんなメーカーのお勧めトイレといえばサティスです。

TOTOのネオレストに負けず劣らずの高級機種となっています。コンセプトとしては「トイレよ、変われ」という言葉を掲げています。サティスの特徴は、アクアセラミックにより、従来の陶器と比べて遥かに簡単に汚れが落ちやすいということです。

さらに汚れ対策としては、泡クッションという機能があります。通常便器の水は透明の水ですが、サティスでは水に泡を発生させることによって、男性が立ったまま用を足すときに出てしまう飛沫汚れや着水の時の音を大幅に軽減する役割があります。

さらにエアシールド脱臭によって、トイレの臭いが上昇してくる前にキャッチして吸い込むことにより、不快さを残さずにトイレ空間を清潔なまま保持することができます。

パナソニック

panasonic
(画像出典:http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/)

最後に紹介するメーカーはパナソニックです。パナソニックと言えば掃除機やテレビなど家電のイメージが強いかもしれませんが、実はトイレにおいても素晴らしい機種の販売をしています。それがアラウーノシリーズです。

このトイレの特徴としては、様々な色のデザインが揃えられていることです。鮮やかな赤色から個性的な紫色まで、これまでのトイレデザインの常識を覆すようなラインナップとなっています。もちろんデザインだけではなく機能も充実しています。

停電など万一の事態が発生しても、トイレ横にある停電用のハンドルを回せばトイレを流すことが可能です。トイレ本体の材質も有機ガラス系によって水アカが付着しにくいため、お掃除も簡単に行う事ができます。

また汚れに強いだけではなく、キズにもとても強い構造となっています。サティス同様に泡クッション機能があるため、水の跳ね返りをガードしてくれるでしょう。

まとめ

パソコンを見る女性

タンク付き便器 停電時でも手動で水を流せるが、日々の掃除が少し手間に感じる場合がある
タンクレス便器 スタイリッシュなデザインで掃除も簡単だが、トイレ本体に手洗いがなく停電時に水が流せない
収納・手洗い一体型便器 収納棚がたくさん用意されているが、設置できる環境が限られてします

上記3点が便器の種類と特徴です。また費用に関してもタンク付き便器は比較的リーズナブルなため、15万円までで取り付けができます。

しかし残り2つのトイレは高価格設定となっているのでトイレ単体だけの取り付けでも30万円前後必要となります。また内装工事まで行おうとするとそれ以上の金額がかかります。

またトイレメーカーは多数存在していますが、その中でもtoto・LIXIL・パナソニックは世界に誇る技術が詰まったトイレを販売しています。その機能を実際に体感するためにも、ぜひ1度ショールームに行ってみてください。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ