LOADING

トイレッド トイレ

トイレの扉・ドアをおしゃれにしたい!リフォームする費用と注意点

トイレは毎日にように使われる場所であり、トイレの扉とは家でいう部分の玄関になります。扉は家の中にいれば意識せずとも目に入る場所になりますので、デザインなどにこだわる方も多く見受けられます。

実はトイレの扉のリフォームとは決して難しい工事内容ではありません。そこで今回は扉の用途や費用について紹介をしていきます。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リノコのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

トイレの扉をリフォームするのにかかる費用

ペンと紙

工事費用に関しても、扉だけを交換するのか、枠や面材料を変えるのかで大きく違います。そして、扉と一口に纏めてしまってもその中にもグレードが存在するので、選ぶ種類によっては金額に違いも出ます。

扉・ドアだけ交換する場合の費用

トイレ

一番簡単であり、スタンダードな工事内容となるのが扉だけの交換です。工事をする時間も1日あれば完了となり、費用としては約3~10万円程度です。金額に大きな幅が存在している理由としては、扉にもグレードがあるからです。

良い素材を使っていたり洗練されたデザインのものは金額が上がってしまいます。それとは逆に、シンプルな作りとなっているものは金額もリーズナブルな設定です。

扉・ドアと枠を一緒に交換する場合の費用

トイレの窓

扉だけではなく、枠を一緒に交換するとなると金額は高くなってしまいます。平均費用としては8~20万円程度です。枠の有無でここまでの金額差が発生していますが、枠を交換するメリットも当然あります。

扉の劣化を考慮して新しく取り替えられる場合でも、枠も扉同様に経年劣化をしています。劣化を放置しておくとヒビ割れなどが起こる可能性もあるため、枠を変えることによりそういったトラブルを防ぐことが可能です。

また、枠を交換せずに扉だけを新品にすると色のコントラストが取れず、誰が見てもドアを交換したということが一目で分かってしまいます。

枠と同系色の扉を選んだとしても、長年愛用されてきたことによる変色もあるため、全く同じ色を用意するということはとても難しいでしょう。そのようなデザインを気にされる方でしたら、枠も一緒に交換をすることにより問題を解決することができます。

面材を張り替えする場合の費用

扉

面材の張り替えと言われても、ピンと来る方はあまり多くないかもしれません。簡単に言ってしまうと、今使っている扉に新しい材料を貼り付けて、見た目を新品同様にしてしまうという工事内容です。

面材の中にもたくさんのデザインがありますので、家の雰囲気や今の扉の色に近いものを選ぶこともできます。

表面のコーティングをするだけなので、扉を新品に変える時のような撤去費用なども必要ありません。そのため工事費用も比較的安くすることができ、平均としては3万円前後で工事を行う事ができます。

扉・ドアの塗装をする場合の費用

電卓

扉の加工や修理をする中で、最も費用を安く抑える方法が塗装です。金額としては2万円前後で行う事ができるでしょう。ただし塗料の中にもいくつかの種類があり、防水効果などがある塗料にすると金額は高くなります。

キズや一部の劣化などを隠したいというだけであれば2万円以下に収めることも可能です。扉だけではなく枠にも色を塗ることによって、扉とのコントラストを取ることもできます。

色合いも2種類の塗料を混ぜて作ることができるので、好みの色を塗布することができる事もこの工程のメリットと言えるでしょう。ただし、扉の材質によっては塗布する際にムラになってしまう可能性もあるため注意が必要です。

扉・ドアの種類によってかかる費用

虫眼鏡とお金

扉は大きく分けて3種類あります。ここでは種類を1つずつ分けて取替えに必要となる費用を見ていきます。

まずは引き戸です。断熱効果や扉の厚みによって金額に差が出ますが、3~6万円にて交換ができます。ただし注意をしなければいけない点としては、ガラスが入っている引き戸がありますので、ガラス分は多めに費用がかかってしまいます。

続いて開き戸です。リビングなどでよく見かける扉で工事費は引き戸よりも金額が若干上がりますが相場としては、5~10万円です。

最後に中折れ戸ですが浴室の多くはこのような形式の扉を使っています。交換に伴う費用の相場は6~8万円です。

引き戸の特長

バリアフリーのトイレ

引き戸の何よりのメリットとしては、扉を開閉する時に、中や外にいる人に当たってしまうというアクシデントが発生しないということです。扉を開ける瞬間は相手の確認ができないため、引き戸ではそのような問題が起こる事を防ぐことができます。

また、バリアフリーにしたいと考えたときにおいても、引き戸は選ばれることが多い扉です。車椅子だと、トイレに入る時に扉が障害となることはありますが、引き戸では開閉するときのデットスペースも必要なく、間口を最大限確保することができます。

老人ホームや病院などの施設においても、このような事が考慮されているために引き戸が多く採用されているのです。ただし、施工に関してはデメリットが存在します。

施工に関するデメリット

工事をする場合において、戸の引き込み先に収納をするためのスペースが絶対的に必要となります。もしこの空間がなければ、工事が不可能となってしまうため取り付けを断念しなくてはなりません。

例えば、家の突きあたりにトイレが設計されていれば、その間口が廊下と同じになってしまうため、扉を収納するためのスペースを確保できなくなってしまいます。事前に確認をしなければいけない点としては、トイレが設計されている場所です。

また設置に関して、下部にレールを付けて扉を滑らせて開閉させる方式と、レールが存在せずによりフラットな床を再現できる上吊り式とがあります。よりバリアフリーな設計にするのであれば上吊り式ですが、レールが存在しない分、機密性が低くなってしまいます。

開き戸の特長

ドア

開き戸の特徴としては、高い防音効果があるということです。引き戸や折れ戸と比較をしても機密性が高いため、トイレという空間だからこその防音効果を求めて、開き戸を選ばれる方も多いです。

開閉の仕方も内側か外側かを自由に選択することもでき、開閉のしやすさが強みとなっています。レールも存在しないため、細かな場所に埃やゴミが溜まらないので掃除がとても簡単にできるでしょう。

また設置に関しても、引き戸が扉2枚分の空間が必要になるのに対して、開き戸は1枚分の空間を確保できれば施工をすることが可能です。枠も1枚分用意するだけで良いため、金額を安く抑えられます。

気をつけるんだ!
開き戸のデメリットとしては、戸の開閉する必要空間に物などを置いておくと、それが妨害となってしまうことです。また扉を開けた先に相手がいて、ぶつかってしまうという事例も見られます。

中折れ戸の特長

ドア

折れ戸は、クローゼットやお風呂で使われるポピュラーな扉です。中折れ戸にすると比較的トイレでも多く使われています。特徴としては、省スペースでも設置をすることができるということです。

ドアを折りたたんで開く構造となっているため、開き戸のようにデットスペースができてしまったり、引き戸のように設置スペースが問題となるということは比較的少ないでしょう。簡単に言ってしまえば、引き戸と折れ戸の良いところを組み合わせた方式です。

ここでワンポイント
開き戸とは高い機密性が強みですが、開閉に手間を感じる場合があります。そして引き戸はバリアフリーには最適です。

設置するにはスペースの問題が発生する可能性もあります。中折れ戸は設置に関してもスペースの問題が発生する可能性も低く、開き戸と引き戸の良い部分を合わせたハイブリットです。

メーカーのオススメ扉・ドア

扉にはそれぞれ特徴があることを紹介してきましたが、作っているメーカーによってさらに強みが変わってきます。ここでは、各メーカーが販売しているお勧めのものを挙げていきます。

LIXIL

リクシル
(画像出典:https://www.lixil.co.jp/)

トイレで有名なLIXILですが、実は建材関係においても超一流メーカーです。そんなLIXILでのお勧めの扉を2つ紹介していきます。まず始めはラフィスです。

このシリーズのコンセプトとしては、「上質な素材感とデザインへのこだわり、ノイズレスな美しさを追求したハイドア」となっています。

その言葉の通り、デザイン面においても徹底的に無駄というものをなくし、まるでそこに扉が無いような錯覚さえ覚えてしまうほどの一体感を演出しています。また家のインテリアとして、1つのアクセントを与えるデザインともなっています。

LIXILならではの高い技術力により開発がされており、見付寸法も従来品と比べ薄くなっているため、デザイナーズ住宅においてよく見受けるスッキリとした収まりを演出してくれるでしょう。2014年度にはグットデザイン賞も受賞しています。

LIXILでお勧めの扉「ラシッサ」

リクシルのラシッサ

お勧めできる扉がラシッサです。「自分に合った服を選ぶみたいに、インテリアにおいても私らしさが欲しい。私らしさを形に。ラシッサ」このようなワードをコンセプトとしています。

特徴としては、バリエーション豊富なガラスとドアハンドルを取り揃えているという点です。ガラスにおいてはアンティーク調やカスミなど、様々なデザインを楽しむことができます。そして10種類のドアハンドルと4色の丁番を自由に組み合わせられます。

レーベルも4パターンに分かれており、十人十色に存在する好みに対して柔軟に対応することができるようになっているのです。ヴィンテージ感のある個性的な部屋や、ヨーロッパの雰囲気を感じられるような部屋作りができます。

YKKap

ykkap
(画像出典:https://www.ykkap.co.jp/)

YKKapといえばLIXILに並ぶ超大手のメーカーです。CMでも宣伝しているので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。そんなYKKapのお勧めの扉でまず挙げられるのが、暮らしのスタイルによって自由に選ぶことができるラフォレスタFです。

このシリーズの特徴としては、最新のインテリアテイストにばっちり合った木目柄のデザインということです。ご自宅のフローリングの雰囲気にも合うように8種類のバリエーションが用意されています。

それにより、統一感のある空間を演出することが可能となりました。ドアハンドルにおいても、大変こだわっています。つやつやとしているしっかりとした光沢感のあるタイプから、マット塗装に仕上げてあるものを標準装備しています。

ソフトクローズ部品を取り付けることにより、戸が閉まりきる前に作動しゆっくり確実に閉まります。これだけの機能を持っているのは、YKKapの高い技術力だからこそです。

おすすめの扉「ファミネット」

famitto

もう1つお勧めできる扉としてはファミットがあります。この扉の特徴は、壁紙を張ることができ、自由にインテリアコーディネイトが可能となる事です。そのため、世界に1つだけしかないデザインを作ることだってできます。

インテリアのトレンドは毎年変化していて、昨今では和式洋式というような隔たりもなく、ノーマルなものが好まれる傾向となっています。流行に合わせて家具や壁紙を変えることはできても、ドアなどを変えることはより大きな費用も手間も必要です。

しかしファミットでは、思い通りのインテリアを何度でも作り直すことができます。またフレームカラーも壁紙に合わせて3色の中から選べますし、ハンドルも美しく使いやすいデザインを4パターン用意しました。

木目が美しいラフォレスタFと、自由に扉の雰囲気を変えることのできるファミット。まったく異なった特徴をもつ2つの扉が、YKKapのお勧めできるシリーズとなっています。

まとめ

パソコン

トイレの扉には引き戸・開き戸・中折れ戸と3種類あり、金額も3万円前後のものから10万円以上のものまで様々です。取替えに関しても、扉や面材だけ交換する場合や枠を一緒に取り替える時では金額も違います。

引き戸はバリアフリーに適しているが防音効果が薄く、開き戸は防音効果が高い反面、開閉がしやすいです。中折れ戸は省スペースでも設置することができます。このように扉はそれぞれ特徴をもっています。

また扉を取り扱っている大手メーカーといえばLIXILとYkkapが有名です。各メーカーが自信を持って開発している代表作ともいえる扉がありますので、取替えを検討中でしたらショールームで体感してみてください。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リショップナビのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ