LOADING

トイレッド トイレ

トイレのリフォーム費用は?一括見積もりがおすすめ【平均価格相場】

毎日使うトイレは快適な環境にしたい。そのために必要なのは、トイレのリフォームです。

しかしそのトイレリフォームには、いったいどれくらいの費用が必要なのでしょうか。

その人の好みやどんなトイレ環境が必要なのかによって価格も変わってきますが、ここではそんなトイレリフォームの平均相場について紹介をしていきます。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

トイレリフォームの相場の前に知っておきたいこと

パソコン

トイレリフォームの相場について考える前に、知っておきたいことがあります。それはどのようにお金がかかるのかです。

費用は機器にかかる代金と工事費用に分かれています。良い便器を用意しようとしても、工事自体にお金がかかってしまうと予算をオーバーしてしまうことを忘れないでください。

トイレのみと言っても、リフォームには大きな金額が必要になることもあります。どれくらいの予算を検討しているのか、そしてその予算ではどのようなリフォームができるのかなどの参考にしてみてください。

20万円でできること一覧

電卓

予算を20万円くらいで考えている場合は、どのようなトイレリフォームができるのか。ここでは20万円までの予算ということで紹介をしていきます。まずは簡単な一覧です。

・ウォシュレット機能搭載
・便器ごと新しいトイレに交換
・内装工事(手すり設置、壁や床の張り替え)

まず簡単なリフォームについてですが、便器はそのままで暖房温水洗浄便座をつけるというものです。

ここでワンポイント
痔持ちの人などはウォシュレット機能が必須ということもありますが、そのためのリフォームになります。

ウォシュレット機能を持った便座自体は、5万円前後で購入できます。そしてその設置をするための工事費用は2万円くらいです。

つまりこのリフォームをするときは7万円くらいです。多く見積もって10万円くらいになると考えておきましょう。

ここでワンポイント
これが便座だけではなく便器自体も交換する場合、20万円くらいの予算が必要になります。

便器まるごとになると大体10万~20万円くらいです。そして便器の設置費用は2万円以上になるので、この時点で予算いっぱいになります。

工事費用は環境によって変わってきますが、便器の予算を15万円くらいで考えていれば、総予算20万円以内に抑えることは可能でしょう。

便器以外に手を加えられる場所としては、よりトイレを使いやすくするために手すりを設置することや、外観をよくするために壁や床の張り替えなどがあります。

ここでワンポイント
手すりだけなら1万~2万円くらいになりますが、張り替え工事になると10万円くらいの予算が必要です。

その場合は便器のグレードを少し下げて10万円くらいのものにする必要が出てきます。

50万円でできること一覧

電卓とペン

トイレリフォームの費用を50万円くらいにすると、できることは大きく広がります。まずはその一覧を紹介します。

  • タンクレストイレへの交換
  • 和式から洋式へのリフォーム
  • 手洗いカウンターの設置

まず便器ですが、最新のタンクレストイレが選択肢に入ります。タンクがなくすっきりとしたデザインのトイレは、それだけでリフォームをした甲斐があったと思える人もいるくらいです。

ここでワンポイント
ちなみに値段については20万~30万円くらいになります。

これまで和式トイレを使っていたけど不便に感じるから和式トイレにしたい場合は、工事費用もかなり必要になってきます。

これは元々水洗式なのか、それともくみ取り式なのかによっても変わってきますが、工事費用だけで30万円以上は考えておくと良いでしょう。

和式トイレの場合、多くが段差のあるところに便器が設置されているので、その段差部分を解体する必要があります。

そしてその下地部分を補修して、そこから洋式便器を設置する形です。これだけの工事が必要になるため、費用も相応のものになるのです。

ここでワンポイント
ここにテキスト

和式の場合はトイレスペースが狭いことも多く、通常タイプの洋式トイレが設置できないこともあるので注意してください。

予算が50万円くらいになってくると、トイレだけではなく手洗い用のカウンターをつける工事も可能です。

気をつけるんだ!
ただし、こちらもトイレのスペース次第なところに注意してください。

そのためのスペースを確保することも含めたリフォームになると、50万円以上の予算が必要になってくるので、自宅のトイレスペースでどれだけのことができるのかを相談してみましょう。

50~100万円でできること一覧

電卓とお金

50万円以上のトイレリフォームになると、トイレの空間全体のリフォームができるようになります。

  • バリアフリー化
  • 断熱材の設置

家族のためにトイレをバリアフリー化する場合、そこにかかる費用は10万~20万くらいになってきます。

そのためだけの工事ならともかく、トイレの便器へのこだわりや空間全体のリフォームになると50万円以上の費用がかかります。

ただしバリアフリー化が目的の場合は補助金が出る場合もあります。その場合は、50万円よりも安い予算でのリフォームが可能です。

また冬になるとトイレが寒い場合は、断熱材を設置することで快適な空間にできます。

壁や床も含めての大がかりな工事になると、予算も大きめに確保する必要が出てくるでしょう。

ここでワンポイント
トイレリフォームは、お金をかければそれで良いというものではありません。しかし費用が大きくなればなるほど、できることが増えるのも確かです。

50万円以上のリフォームになると、トイレそのものだけではなくトイレがある空間そのもののリフォームができるようになると考えてください。

フルリフォームにかかる平均相場価格

スマホとパソコン

トイレのみではなくフルリフォームをする場合、どうしてもリフォーム価格は高くなってしまいます。それでは相場としてはどれくらいなのでしょうか。

フルリフォームもどのような内容で行うのかによって変わってきますが、やはり相場としては50万円前後が多くなります。

これは予算を50万円以内で考えている人が多いことも関係していますが、よほどのこだわりがなければそれほど費用が必要にならないためです。

ここでワンポイント
トイレを快適な空間にすると言っても、極端にこだわる人はそれほど多くありません。

100万円以上かけてリフォームをする人もいますが、相場的なものを考えればフルリフォームは大体50万円くらいと考えておいてください。

実際にそれ以上かそれ以下になるのかは、見積もりが出た時点でわかるようになります。そこから細かい修正をしていく方針にしましょう。

トイレの箇所別にかかる価格・費用

風呂とトイレ

トイレリフォームは、どの部分をリフォームするのかによって価格・費用が変わってきます。

こだわればこだわるほど費用が積み重なっていくため、どこまでが必要なのかをしっかりと考える必要があるでしょう。

ここでワンポイント
例えば便座なら数万円ですみますが、便器ごとの交換なら10万~30万円くらいです。これはどのメーカーのどのモデルを導入するのかで変わってくるためです。

内装に関しても、どこまで手を加えるのかによって価格・費用が変わります。手すりをつけるくらいなら1万~2万程度ですが、壁や床の張り替えになると一気に上がるのです。

実際にどこまでのリフォームをするのかによって大きく変動するので、参考程度に考えておいてください。

住宅の種類別にかかる価格・費用

一軒家

トイレリフォームについて気になるポイントとしては、住宅の種類別で価格や費用に違いがあるのかどうかです。しかしこの場合、その差はないものと考えて良いでしょう。

集合住宅の場合はリフォームの前に管理会社や大家に確認をする必要はありますが、それはどこまでリフォームができるのかという違いだけで、予算への影響はありません。

ここでワンポイント
戸建ての場合と集合住宅の場合でも、トイレリフォームで行うことに違いはありません。

配管の違いや元々どのようなトイレだったのかによって差は出てきても、それは住宅の種類ではなくトイレ環境そのものの違いから来るものだからです。

現在どのようなトイレを使っていて、そこからどのようなトイレにリフォームをしたいのか。考えるべきはそれだけなのです。

メーカー毎でリフォームにかかる価格・費用

スマホ

トイレリフォームにおいて工事費用はメーカーによって変わるものではありませんが、便器の価格によって費用は変わってきます。

主なメーカーとしてはTOTO、LIXIL、Panasonicとなっており、基本的にグレードは同じくらいなら価格帯もそれほど大きく変化しません。

ここでワンポイント
スタンダードなものなら4万円くらいからスタートして、タンクレスのものなら25万~30万円くらいです。

ただしTOTOの場合は、ネオレストNXという便器単体で40万円以上するモデルがあるので、これを選択する場合はリフォームにかかる費用が一気に上がります。

工事費用に関してはメーカーによって大きく変わるものではありませんが、どんな便器を選ぶのかによって変わる可能性はあります。

そもそも希望するトイレを設置できるのかも含めて、業者へ相談するようにしてください。

トイレリフォームの費用を安くするコツ

話し合い

ここで紹介をしたトイレリフォーム費用は、あくまでも相場です。絶対にその料金でリフォームができるわけではありません。

実際にリフォームをする場合、思っていたよりも安くなることもあればその反対も起こりえるでしょう。

どんな業者を利用するのかによってリフォーム費用が変わることもあるので、実際にリフォームを依頼するときはしっかりと業者ごとの違いを比較してください。

ここでワンポイント
具体的にどれくらいの費用が必要になるのかは、事前に見積もりを出してもらってそれを元に比較をする必要があります。

トイレリフォームはまとめてお願いする

話し合い

便器の交換くらいなら細かい部分までチェックをしなくても信用できる見積もりの提示は可能ですが、トイレ空間全体のリフォームになると難しくなります。

それともう一つ覚えておきたいこととして、トイレリフォームをするならまとめてお願いすることです。

便器の交換と室内のリフォームを同時にする場合と、便器の交換をしてから室内のリフォームをする場合とでは費用に違いが出てしまいます。

ここでワンポイント
これはリフォームの内容によりますが、設置されている便器を一度外して工事が必要になることがあります。

しかし便器の交換も最初から組み込まれているなら、効率よく工事ができるようになり、その手間の違いで費用が変わってくるのです。

最終的にどのようなトイレにしたいのかというビジョンが見えているなら、まとめてお願いした方が結果的に安くなります。

トイレリフォーム一括見積もりを活用する

ブロガー

トイレリフォームを依頼したいけど、できるだけ安くしたい。このように考えている人にとっておすすめなのが、トイレリフォーム一括見積もりサービスです。

複数社へ見積もりを依頼して比較することによって、安くできる可能性は上がります。数が多くなれば連絡をするのも面倒になりますが、一括見積もりサービスならその問題点を解決してくれるのです。

必要な情報を専用フォームに入力をして送信をすれば、それぞれの業者へ見積もり請求が送られます。後は各社から送られてくる見積もり結果を基に、どの業者へ依頼をするのかを決めるだけです。

ここでワンポイント
細かい部分までみてもらっての見積もりを依頼するのは、それからでも大丈夫です。

一括見積もりは自分から動かなくていい

握手を求める男性

見積もり結果をすぐに送ってくるところもあれば担当者から連絡が来るパターンもありますが、どちらにしても自分から動く必要がなくなるのは大きなメリットと言えるでしょう。

そもそもリフォームを依頼できる業者がどれだけあるのかがわからない人も、一括見積もりサービスを利用するのに適しています。

ここでワンポイント
それぞれのサービスに登録されている業者をチェックすれば、どんな選択肢があるのかを確認可能です。

どこかひいきにしている業者があるといった理由がない限りは、トイレリフォーム一括見積もりサービスを活用してみてください。

まとめ

ビジネスウーマン

トイレリフォームの価格・費用にはかなりの幅があります。

数万円くらいで済ませられる場合もあれば数十万円以上、それどころか100万円に届くリフォーム例もあるのです。

そのため、どの業者へ依頼するのかによって数万円単位で金額が変動することもあります。

相場を知ってリフォーム業者を選ぶ

まず相場を知ること。そしてそれを元に信頼できるリフォーム業者を選ぶようにしてください。

価格・費用にばかりこだわりすぎると納得ができない結果になることもあるので、しっかりとした業者を選ぶことを重視しましょう。

トレイのリフォームでトラブルが起きた例は少なくないので、まずは納得のできるリフォームをできるようにすることが一番です。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ