LOADING

トイレッド トイレ

トイレリフォームの価格&費用相場まとめ【見積もりを安くするコツ】

トイレのリフォームを検討している人はいますが、多くの方が気になるのは実際にトイレのリフォームをするときにはどれくらいの予算が必要になるのかです。

たかがトイレと思う人もいますが、実際にリフォームをしてみたら、思っていた以上に予算が必要になるとわかったということもあります。

これからトイレのリフォームを検討している人は、まず実際にどれくらいの費用でできるのか、そしてそれを安くするためにはどのようなことが必要なのかについて知っておいてください。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

トイレリフォームの価格帯・平均相場

スマホとパソコン

トイレのリフォームにかかる費用は、ケースバイケースです。軽めのリフォームで済む場合もあれば、かなりの金額が必要になることもあります。

最安値の価格帯としては、10万円以下でできるものです。この場合は普通の便座から、ウォシュレット機能をつけた便座に交換するだけというものになります。

それだけの変化だとリフォームと言うよりも交換をしただけと思えるかもしれませんが、これも立派なリフォームです。

ここでワンポイント
それ以上の価格帯になってくると、10万円~40万円くらいになります。

このあたりの価格帯が一番多く、トイレのリフォームによる価格帯では平均相場がこれくらいと考えればわかりやすいでしょう。

次に40万円~50万円の価格帯があり、それ以上の金額になると全体の中での比率も少なくなっていきます。

そして高いものになると100万円以上かけて行うトイレのリフォームもあります。ここまで来るとかなり大がかりなものになり、徹底的にこだわる人のリフォームです。

トイレ箇所別の費用

電卓

ここでは、トイレのどの部分をリフォームすることで費用が変わっていくのか、について紹介していきます。

先にも書いたように便座を変えるだけなら10万円以下で済みますが、もう少し細かくすると5万円前後です。

便座自体は3万~4万円くらいですが、工事費が発生するのでそれくらいの費用になります。

ここでワンポイント
トイレと言えばタンクが付いた状態を想像する人もいますが、最新式のトイレになるとタンクレスになっています。このようなリフォームをする場合は20万円近くの費用になるでしょう。

もう少し大がかりなリフォーム例としては、和式便器から洋式便器へのリフォームがあります。

この洋式便器をどれくらいのグレードにするのかでも費用は変わってきますが、30万円くらいを目安に考えてください。

和式からの変更になると床の解体やコンクリートの打ち直しという工程も必要になるので、リフォーム工事自体が数日かかります。

ここでワンポイント
どのような住居に住んでいるのか、トイレまわりの設備はどのようになっているのかによって費用は変わってきます。

それぞれの箇所というよりも、壁や床の張り替えにこだわったために費用が大きくなることもあるので注意をしてください。

せっかくリフォームをするのだから徹底的にやりたいと考えているなら、相応の予算が必要になります。

住宅の種類別によっての費用

電卓とペン

集合住宅と戸建て住宅でトイレのリフォーム費用は変わるのか。このような疑問を持っている人もいますが、基本的に住宅の種類によってトイレのリフォーム費用が変わることはありません。

重要なのはトイレがどのような状態で、そこからどのようにリフォームをしていくのかです。

ここでワンポイント
マンションの場合、床排水がほとんどです。しかし中には、配水管が見えるようになっている壁排水のパターンもあります。

この場合は壁から配水管までの距離が決められているので、リフォームの際に洗濯できる便器の種類にも違いがあります。それによって費用に違いが出てくることもあるのです。

メーカー毎の費用

電卓とお金

トイレもさまざまなメーカーが販売をしていますが、実際に比較をしてみると費用にも差が出てきます。ここでは代表的なメーカーごとの費用について紹介をしていきます。

トイレと言えば「TOTO」と連想する人もいますが、TOTOの場合はタンクレスなら25万~35万円くらいで、タンク式トイレの場合は15万~25万円くらいです。

ここでワンポイント
グレードによって差はありますが、タンクレスとタンク式では10万円くらいの差が出ます。

知名度ではTOTOに劣りますが「LIXIL」というメーカーも良いトイレを多数販売しています。

こちらのメーカーでも提供されているトイレの価格帯はTOTOよりも少し安くなっており、タンク式の場合は10万円~購入できるものもあるので狙い目です。

安いタンクレストイレならパナソニックがおすすめ

交渉

安いタンクレストイレを探しているなら、パナソニックがおすすめです。

15万円~という他のメーカーではタンク式トイレでなければ難しい価格で提供されています。

これらのトイレに対してどこまでリフォームをするのかで、全体的な費用は変わってきます。便座交換は5万円以下で可能ですが、それ以外に内装工事をすると大きく変わることがあるので注意をしてください。

トイレリフォームの費用を安くするためのコツ

握手

トイレのリフォーム費用を安くするためには、とにかく比較をすることが重要です。便座の価格自体もあれば、どこに依頼をすれば施工費を抑えられるのかもポイントになります。

単純な便座交換だけならそこまでこだわる必要はないと考えるかもしれませんが、それでも業者選びによって5万円以上も差が出ることはあります。

ここでワンポイント
内装工事なども加わるとそれ以上の差になることもあるので侮れません。

もちろん便座だけを見るのでも施工費だけを見るのでもなく、総合的にどれくらいの費用になるのかで比較をする必要があります。

そのため、それぞれの見積もりを出してもらった上で比較をするようにしてください。

トイレリフォームは一括見積もりを活用する

タブレットを使う男性

トレイリフォームの見積もりをそれぞれ出してもらうのは、なかなか大変な作業です。

1社だけならともかく2社、3社と増えていくと問い合わせをするだけでも一苦労となるでしょう。そこで活用をしたいのが、一括見積もりサービスです。

トイレリフォームの一括見積もりは、専用のフォームに必要な情報を入力して送信をするだけで、各業者への見積もり請求ができる便利なサービスです。

ここでワンポイント
ネットからならコピーアンドペーストである程度楽をできますが、それでも決まったフォームを使って一括の便利さにはかないません。

実際にリフォームをする場合には細かい部分も詰めていく必要があるので、交渉も含めれば一括見積もりの額から大きく変わることもあるでしょう。

しかしどの業者がどれくらいの価格でリフォームに対応をしてくれるのかを比較できれば、わかりやすい目安にできるのです。

まとめ

スマホ

トイレリフォームの値段は決して安いものではありません。そのためできるだけ後悔しないようにしっかりと調べてから始めるようにしてください。

気をつけるんだ!
トイレリフォームに関わるトラブルの多くは、事前チェックを怠っていたために起こったものです。

相場を知ってそれに合わせて考えることも重要ですが、もっと重要なのは自分が納得できる結果を出せるのかどうかです。

トイレは毎日使うものなのですから、快適で満足のできるトイレへリフォームできるようにしましょう。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ