LOADING

【保存版】畳をフローリングに変える平均価格・費用相場《徹底比較》

畳をフローリングにして、純和風だった部屋を洋室に変えたいと思っている人も多いことでしょう。

最近では畳の上にウッドカーペットなどを敷いて、DIYをする人も多いようですが、どうしても厚みが出たりカビやダニが発生してしまいます。

業者にリフォームを依頼するのが1番安心ですが、いざリフォームをしようとなると気になるのが、工事にかかる費用でしょう。今回は畳からフローリングに変える際のリフォームに関する費用相場や、注意点などについてお伝えします。

なお、床・フローリングのリフォームを業者に依頼するときの“おすすめ方法“を先に少しだけ話しておきます。

自分で優良業者を探したり、一社ごとに見積もり請求をしたりするのは大変な手間ひまです。

そのため、一度に複数の業者の見積もりが手に入る『一括見積もりサービス』を利用することをおすすめします。

最安値のリフォーム料金で、なおかつ、しっかりリフォーム工事をしてくれる優良業者を探すなら、この方法をぜひ試してみてください。

▼一括見積もりを詳しく見る▼

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

畳をフローリングに変えるリフォーム費用・相場

和室

畳からフローリングに変える際の費用は、その部屋の畳数やフローリング材によって違いが出ます。比較的扱いやすく機能の優れた複合フローリングの場合、費用相場は以下のようになるでしょう。

4.5畳 10万円~12万円程度
6畳 18万円~20万円程度
8畳 22万円~25万円程度

複合フローリングは機能や柄のラインナップが多く、低価格なものもたくさん用意されています。天然木と変わらないような柄のものも数多くあるので、無垢材に限りなく近い雰囲気を作り出すのも可能です。

天然木の柔らかな香りやぬくもりを感じたいという人は、無垢フローリングを張るのが良いでしょう。無垢フローリングの場合、複合フローリングよりも若干費用が高くなるようです。

4.5畳 13万円~15万円程度
6畳 25万円~28万円程度
8畳 30万円~32万円程度

無垢フローリングは、複合フローリングと比べると費用相場は高くなっています。どちらのフローリング材にも長所や短所はあるので、機能などをよく吟味して選びましょう。

白いリビング

【完全網羅】床材は部屋別に最適な素材&費用・価格相場から選ぼう!

部屋別に会う床材種類とリフォーム費用・価格相場 具体的にどのようにして……続きを読む

和室から洋室にリフォームする費用・相場

見積書

畳をフローリングに変えるだけでなく、壁や収納、天井なども一緒にリフォームすることで、より洋室らしくなります。和室を洋室へリフォームするのにはいくつか種類があり、リフォームの規模や箇所によって値段は変わってくるでしょう。

ふすまから引き戸へのリフォーム 3万円~10万円程度
ふすまから開き戸へのリフォーム 8万円~15万円程度
天井のリフォーム 4万円~6万円程度
壁やクロスのリフォーム 10万円~12万円程度
押し入れをクローゼットへリフォーム 20万円~25万円程度
和室全体を洋室へリフォーム 75万円~100万円程度

畳からフローリングへリフォームするだけでは、イマイチ和室の様相が残ってしまうと感じるなら、他の箇所もリフォームしてみましょう。気になる部分だけ変えるだけでも、ガラリと雰囲気が変わります。

畳からフローリングのリフォーム前に知りたい知識

計算

畳からフローリングにリフォームする際に、「いくらかかるのか」という費用面も気になりますが、他にも知っておかなければならない点がいくつかあります。例えばフローリングには様々な種類があり、どれが1番部屋に合うのかも考える必要があるでしょう。

またリフォームの前には、工事の邪魔になる家具などを他の部屋へ移動させたりもしなければなりません。リフォームを依頼する前に、必要な知識を身につけておくと、打ち合わせもスムーズに運びます。

フローリングの種類

チェックリストに入れるサラリーマン

フローリングには、大きく分けて以下の2種類があります。

  • 無垢フローリング
  • 複合フローリング

無垢フローリングは単層フローリングとも呼ばれ、無垢材や集成剤を使用したものです。木本来の香りや質感を感じられますし、傷が付いても補修が簡単なのも特徴といえるでしょう。使用されている木のバリエーションも豊かです。

  • ウォールナット
  • オーク
  • メープル
  • パイン
  • 木曽ひのき
  • 徳島杉

針葉樹林を素材にしたフローリングは、広葉樹よりも柔らか足への負担が少ないでしょう。しかし硬い物を落とすと凹んでしまうことがあるため、注意が必要です。

複合フローリングは、合板や集成剤の上に天然木や特殊シートを張ったものになります。無垢フローリングと比較して、反りや収縮が無く安定していたり、カラーや柄のラインナップが豊富なのが特徴です。

また様々な機能が付いたものもあります。

  • 耐衝性
  • 耐摩耗性
  • 耐水性
  • 防音・断熱
  • 抗菌・抗アレルゲン

機能性が高まるほど価格は高くなり、踏み心地もやや硬くなるかもしれません。

畳からフローリングにリフォームする期間

家のリフォーム見取り図

畳をフローリングへリフォームする際には、床に置いてある家具などを全て移動させなければなりません。家族だけで家具の移動ができるのであれば、リフォームの担当者とどのタイミングで作業をしたら良いか打ち合わせをしましょう。

基本的に6畳の和室の場合、たいてい1日でリフォームが完了します。そのため一時的に家具を置いておくスペースを確保しておけば問題ないでしょう。どの部屋に移動するかについても、担当者に伝えておく必要があります。

家族だけでは移動できないという場合は、その旨を伝えて費用がどれくらいかかるかも聞いておきましょう。

フローリングのメリット・デメリット

業者にグラフを見せてもらう女性

フローリングのメリットには以下のようなものがあるでしょう。

  • ダニが発生しにくい
  • 掃除が簡単
  • メンテナンスがほとんど必要ない

フローリングは摩擦にも強いため、子どもが汚しても簡単に掃除できます。常にキレイな状態にしておきやすいので、ダニの発生も防げるでしょう。

一方でフローリングにもデメリットがあります。

  • 足が冷える
  • 足が疲れやすくなる
  • 水に弱い

夏場であれば涼しく過ごせますが、冬場は足が冷えやすくなるので、スリッパを履くなどして対策をしなければなりません。また硬い木材を使用する場合は、足に負担がかかります。

ここでワンポイント
台所などで水をこぼしたままにしておくと、フローリングが変色したり膨張することがあります。フローリングが濡れた時には、すぐに拭き取ってください。

畳からフローリングにリフォームする際の注意点

チェックリストに入れるサラリーマン

畳をフローリングにする際には、以下に気を付けなければなりません。

  • 湿気
  • 防音
  • 冷え
  • 汚れ
  • 業者

畳の場合は通気性が良く、湿気も吸い取ってくれます。逆にフローリングは通気性が良いとは言えないため、結露ができるようになるかもしれません。無垢フローリングの場合、湿度が高とブヨブヨと歪んでしまう可能性があるでしょう。

気をつけるんだ!
湿気の多いスペースには、複合フローリングを選択したり、こまめな換気を心掛ける必要があります。

またフローリングの厚みは、畳の1/5くらいしかないので、防音性が落ちてしまうでしょう。小さい子どもがいたり、夜中に作業をするような人は、遮音性の高い複合フローリングを選んでみてください。

足元の冷えも特徴的なフローリングでの生活は、夏場なら問題ありませんが、冬場は特に冷え込みます。床に断熱材を入れるなどの工夫をして、暖かく生活できるようにしましょう。さらに掃除が簡単な反面、ホコリが目立ちやすいです。

無垢フローリングを敷きたい人は、業者選びにも注意してください。天然木は経年劣化が激しく、反りやひび割れができやすいです。無垢フローリングに慣れた業者を選ぶと、失敗しなくて済むでしょう。

リフォーム費用を安くするためのコツ

電卓とペンが置かれた見積書

「提示された費用は安くできない」と思う人も多いようですが、実はそうではありません。リフォーム費用を安くするには、ちょっとしたコツがあります。

  • 設備のグレードを下げる
  • 工事の内容や規模を見直す
  • 使用する材料は特注品を避ける
  • 複数の業者から選ぶ

高機能なフローリング材は様々なメリットがありますが、その分費用も高くなるのです。ただどうしてもフローリングのグレードを落としたくないという人は、工事の内容を見直してみましょう。

また複数の業者に見積もりを依頼して、各業者の提示した費用を比較するのも大切なことです。

木目調のフローリング

一読の価値がある!フローリング・床のリフォーム費用を安くするコツ

フローリング・床リフォームの価格帯・平均相場 フローリングや床のリフォ……続きを読む

リフォームは一括見積もりがおすすめ

スマホを持ってオッケーする女性

様々な業者に見積もりを依頼する際、1社毎に連絡をするとかなりの時間と手間がかかります。最も簡単に見積もり依頼ができ、費用を比較しやすいのは、一括見積もりを利用することでしょう。

一括見積もりは必要項目を入力・送信するだけで、複数の業者から見積もりを受け取れます。しかも利用料は無料です。どの業者も一定の基準を満たした優良リフォーム業者なので、信頼性も高く安心して利用できます。

気になった業者があれば、実際に担当者とのやり取りも可能です。万が一希望に合わなかった場合でも、一括見積もりサイトを通じて断りの連絡を入れられます。

「せっかく見積もりを出してくれたのに、断るのは気が引ける」という人も、嫌な思いをせずに済みます。本当に自分の希望に沿ってくれる業者と巡り合うためにも、一括見積もりを利用してみるのがおすすめです。

【当サイトおすすめ】リフォーム前に
利用すべき一括見積もりサービス2選
リフォーム前に試すべき2つのサービス

リフォーム前に必ず以下2つの一括見積もりサービスを利用してください。

なぜなら、リフォームには定価がないからです。適正価格を知るためには複数の見積もりを比べるしかありません。

各リフォーム会社に問い合わせて見積もりを取るのは大変です。以下のサービスなら一瞬で複数社に見積もり依頼、相場もわかり優良会社を紹介してくれます。

【リショップナビ】
累計利用者10万人突破の一括見積もり
リショップナビ
  1. 提携業者1500社
  2. 厳格な審査基準をクリアした会社のみ提携
  3. カンタン30秒で"最安値"がわかる(無料)

リフォーム一括見積もりといえば「リショップナビ」と言われるほど有名なサービス。提携業者は厳格な審査基準をクリアした優良リフォーム会社1500社なので安心です。

実際に利用した結果、当初のリフォーム費用より21万円も安くなりました。

万が一の保証のために「安心リフォーム保証制度」まで完備。リフォームで損しないために、安心して利用できるリショップナビを必ず活用しましょう。

リショップナビ
公式サイトはこちら
【リノコ】
無料&匿名で見積もり相場と優良業者がわかる
リノコ
  1. 自宅近辺のリフォーム適正価格が"10秒でわかる"
  2. 厳しい基準をクリアした優良施工店のみ紹介
  3. 1日の利用人数を制限するほどの人気サービス

自宅近辺で優良施工店を探すなら「リノコ」以上のサービスはありません。

「仕上がりが悪い」「追加請求がきた…」などトラブルが多いリフォーム。リノコなら厳しい基準をクリアした優良施工店のみ、また適正価格の"定額料金"なので追加費用は一切ありません。

安心・安全かつ無料&匿名で利用できるリノコは必ず利用してほしいサービスです。下記の無料診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

リショップナビ

リショップナビは利用すべき?評判は?メリット・デメリット全まとめ

リショップナビとは? リショップナビは累計利用者数400万人を突破、毎……続きを読む

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ