LOADING

参考にしたい!床・フローリングリフォーム業者を選ぶポイントを伝授

リフォームをするときに重要なのが、どの業者を選ぶかです。業者次第でリフォーム結果が良いものにもなれば、悪いものにもなってしまいます。中には悪質な業者もいますので、しっかりと業者選ぶをしなくてはいけません。

特にお風呂や浴室の床を改装したい、フローリングのリフォームをしたいというときには、業者の選び方も違ってきます。そこで業者の正しい選び方について詳しく紹介をしていきましょう。高いお金を払うものですから、しっかり覚えてください。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

床・フローリングリフォーム業者選びの基本

業者に解説してもらう夫婦

では業者の選び方の基本的な部分を紹介します。

  • 床やフローリングの施工実績があるか
  • 技術力はあるのか
  • 保証やアフターフォローがあるか
  • 近場にある業者かどうか

それぞれのポイントを解説していきます。リフォーム業者といっても得意にする分野はそれぞれ違っています。そのため床やフローリングのリフォームをするのなら、それを得意とする業者を選ばなくてはいけません。

その判断基準となるのが、施工実績や技術力があるかです。これらを見るには、業者のウェブサイトを確認するのがいちばんです。またリフォームは工事をして終わりではなく、数十年スパンで付き合っていくものになります。

そのため万が一のときの保証やアフターフォローがあるかどうかも重要です。

気をつけるんだ!
特に気をつけたいのが、近場にある業者かどうかです。特に浴室やお風呂など水回りでなにかあった場合には、すぐに対応してもらわなければいけません。その時に遠くから出張だとすぐに対応できないので、重要なポイントなのです。

床・フローリングリフォームで失敗するパターン

ストップするサラリーマン

床やフローリングのリフォームで、失敗する人も少なくありません。なぜ失敗したのかというと、結局のところ業者選びで失敗しているのです。具体的に事例を紹介します。

  • とにかく安い業者にした
  • 1社だけで比較せずに決めた
  • 営業マンのトークに乗せられた
  • 有名な会社だからと決めた

以上のようなパターンが代表な例です。特に注意したいのが安い業者にした、営業マンのトークに乗せられたでしょう。リフォームは費用が安ければいい、というものではありません。

安かろう悪かろうでは、リフォームが終わったあとに不具合がでるからです。また営業マンのトークに乗せられて、本来は必要のない工事を追加で契約したなどのケースは多いでしょう。

不安を煽るようなトークをする業者も少なくありませんので、どんなリフォームをするのかしっかりと決めておくことが大切です。

床・フローリングリフォーム業者の種類

チェックポイント

リフォームの業者を選ぶ時に、そこがどんな業種なのかを知っておくのも大切です。そもそも500万円未満の工事が多いリフォームでは、建設業の認可を受けなくても施工が可能ですので、なにを得意にする業者か知ることが大切です。

  • ハウスメーカー
  • 設計事務所
  • 住宅設備メーカー
  • 電気、ガス会社
  • 家電量販店
  • ホームセンター
  • リフォーム専門会社

これらがリフォームを行っている代表的な業者です。新築で住宅を購入し、その施工会社がハウスメーカーであるという場合は、リフォームもそのまま引き受けてもらう方がいいでしょう。大手のハウスメーカーであれば、様々な提案をしてくれます。

設計事務所もハウスメーカーと同様ですが、新規でも依頼をすることができます。設計料や施工管理費など他の業者にはない経費がかかるのでコストは高くなるでしょう。

電気やガスの会社でもリフォームを行っているケースがあります。ただこちらは給湯器など得意分野があるので、床やフローリングのリフォームでは出番がないでしょう。家電量販店も同じ傾向がありますが、基本的には小規模工事がメインです。

ホームセンターはリフォーム相談カウンターなどがあって、比較的に安く工事ができます。フローリング工事にも対応していますが、店内にある商品の取り付けが主なリフォーム内容になります。

床・フローリングリフォーム業者を選ぶときのポイント

ポイント

では具体的に、お風呂や浴室の床やフローリングのリフォーム業者を選ぶポイントを紹介していきます。すでにお伝えしている部分もありますが、さらに詳しく解説をしていきましょう。このポイントを抑えておけば間違いありません。

フローリングリフォームの施工実績

業者選びで重視したいのが、フローリングリフォームの施工実績です。これまでどんなリフォームを請け負ってきて、どんな工事をしてきたのか、というのは業者を判断する大きなポイントになります。

自信のある業者であれば、自社のウェブサイトで施工実績を紹介しています。中には、施工主のコメントがついたものもあるので、参考にするといいでしょう。逆にフローリングのリフォームをした実績が少なければ、その業者は避けておきたいです。

リフォームといっても各家庭によって、ケースバイケースで対応しなければいけません。ただ施工実績が多ければ、それだけ対応できる経験を積んできたと考えていいでしょう。特に追加工事が発生するかどうかの判断などは、経験がなければできないことです。

デザイン&提案力&技術力

お金と家

施工実績の部分とかぶるのが、業者の技術力です。きれいに仕上げるのはもちろんのこと、どんな工事に対応してきたのかも確認しておくといいでしょう。さらに業者の選び方としては、提案力も重視しておきたいポイントです。

  • 優れた業者は様々な提案をしてくれます。
  • お客さんの要望を聞き入れてくれるか
  • メリット・デメリットの説明をしてくれる
  • 見積書の内訳を教えてくれる
  • 費用が安くする工事の提案もしてくれる

こうした内容の提案をしてくれるなら、優良な業者といってもいいでしょう。さらにデザインについても考えておくといいです。この提案の時にデザイン力もわかるので、チェックしておきましょう。

機能性を重視するのか、見た目にこだわるのか、この点もヒアリングで確認してくれるかをチェックしてください。

保証・アフターサービス・不具合後にすぐ対応可能か

業者に解説してもらう夫婦

リフォームは工事が終わってからも大切です。何年、何十年と付き合っていくものだけに、保証やアフターフォローが重要になります。ちなみにリフォームの工事中に、資材がぶつかるというのも珍しくありません。

こうしたケースでは、どういう対応をするのか確認しておきましょう。基本的に保険やアフターフォローが充実している会社ほど、優良だと言えます。保証がないことを確認していないと、泣き寝入りになっても仕方ありません。

また不具合がでた時に、すぐ対応してくれるかも重要です。これはリフォームの施工をした業者が、近くにあるかどうかがポイントになってきます。同一市内や県内レベルであれば、対応も早いでしょう。

反対に遠い場合であれば、出張料金がかかるなどデメリットが多くなります。

リフォーム協会などの信頼性ある団体に加盟

業者同士の比較

リフォーム業者を選ぶ時に、参考としたいのが何らかの団体に加盟しているかどうかです。できれば信頼性のある業界団体に加盟しているといいでしょう。

こうした業界団体は、悪質な業者の排除を目的としていますので信頼性が高まります。また質の高いリフォームを提供していると言えるでしょう。

  • 住宅推進協議会
  • 日本住宅産業リフォーム協会
  • リノベーション住宅推進協議会

などといった団体が有名です。もちろん団体に加盟をしていない優良な業者もいますので、1つの目安程度に考えておくといいでしょう。

もちろん加盟している業者の方が、安心して仕事を依頼することができます。どちらを選ぶかは自由ですが、ここまでにあげてきた条件なども参考に検討するのをおすすめします。

適正な価格・費用になっている

見積書

最後に費用面でもチェックをしておきます。特に重視したいのが適正な価格になっているのかです。業者ごとにリフォームの値段というのは変わります。しかし、扱う床材などが決まっている以上は、大きく変わることはないでしょう。

費用が大きく変わる場合は、工事の内容が異なる、諸経費の部分が違っている、などが大きな理由です。ただ1社のみでは適正な価格かどうかの判断はできません。だからこそリフォームでは、複数の業者から見積もりをとることが大切です。

複数の業者を比較検討することで、その費用や価格が適正なものかどうか判断できるからです。

ここでワンポイント
ちなみに1つ気をつけたいのが、リフォームは費用が安ければいいものではない点です。費用が安いということは、他の業者と比べて何かしら劣っている部分があるからです。

床・フローリングリフォームの費用と相場を把握する

業者にグラフを見せてもらう女性

では床やフローリングのリフォームは、どのくらいの費用がかかるものなのでしょうか。あくまでも目安程度として、相場を知っておくと便利です。実際の見積もりとは異なりますが、適正価格かどうかの判断はつくでしょう。

一般的に床やフローリングのリフォームは、広さによってその価格が決まります。6畳間であれば10平方メートルとなり、1平方メートルあたりいくら、というのが金額の出し方です。また、リフォーム前にどんな部屋なのかも重要なポイントになります。

例えば畳からフローリングへ変更する場合、床上げの工事なども含まれますので、6畳間でも15万円から25万円程度かかります。フローリングの張り替えなら、15万円から20万円程度でしょう。上張りをする場合だと10万円から15万円が相場になります。

リフォームの設計図

【フローリング・床】リフォームの平均相場・費用を価格帯別に解説!

フローリング・床リフォームの価格帯別の平均相場 業者や床材などでフロー……続きを読む

初めての方は業者に!複数社から相見積もりをもらう

スマホを持ってオッケーする女性

最近ではリフォームの資材も、多く販売されるようになりました。DIYが得意であれば、自分で工事をするのも難しくありません。しかし床やフローリングのリフォームは、技術力が問われます。下手に素人が行うと不具合が出ることが多いのです。

ですから初めてリフォームをする場合は、よほど腕に自信がなければ業者に依頼をした方がいいでしょう。特にリフォーム専門で行っている業者は、技術力が高いケースが多いので、安心して仕事を任せることができます。

この時に必ず行いたいのが、複数の業者から相見積もりをとることです。相見積もりをとることで各業者から、それぞれ提案を受けられます。さらに費用などを比較検討できるので、自分にあったリフォームを行うことができるでしょう。

no

リフォーム見積もりを安くする絶対条件は2つだけ《損しない全知識》

リフォーム見積もりを安くする方法その1『工事内容の決め方』 リフォーム……続きを読む

web一括見積もりサービスで必ず比較(リショップナビ)

重要

複数のリフォーム業者から、相見積もりをとるのは鉄則です。しかし自分で複数の業者に連絡を入れるのは大変でしょう。特に仕事が忙しい人ですと、そこまで多くの時間は取れないはずです。そんな時に使いたいのが一括見積もりサービスです。

リショップナビなどが代表的です。インターネットを通じて、複数の業者に連絡を一括して行ってくれます。このサービスが嬉しいのは、24時間365日受付をしている点でしょう。また無料で利用できるのも魅力的です。

仕事で忙してくも、空いた時間を使って見積もりの依頼ができます。相見積もりを取ることのメリットは、先にお伝えした通りです。リフォームは業者との付き合いも長くなるので、気の合う業者を選ぶことも大切になります。

そのためには複数の業者から選定しなくてはいけません。その手間を省いて、効率よくできるのが、Web一括見積もりサービスです。

リショップナビ

リショップナビは利用すべき?評判は?メリット・デメリット全まとめ

リショップナビとは? リショップナビは累計利用者数400万人を突破、毎……続きを読む

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ