LOADING

トイレッド トイレ

トイレの『窓』をリフォームする費用&注意点まとめ【平均相場一覧】

一口にリフォームと言っても、リフォームする場所や内容、そして施工会社によって、リフォームの方法や金額はまちまちです。

だからこそ、事前にリフォームに関する知識を増やしておいて、いざリフォームをする時に失敗の無いようにしたいものです。

今回は毎日誰もが使うところであるトイレの「窓」のリフォームについて見ていきましょう。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

窓リフォームの費用相場

風呂場

窓をリフォームする場合、その内容にもよりますが、新築の時に窓を設置するのに比べると、費用が高くなる傾向があります。

それは既存の窓を外したり、窓の周りの内装や壁を剥がしたりする作業が伴うので、どうしても費用がかさんでしまうのです。

また以前よりも大きな窓を取り付ける場合は、窓自体の値段が高くなりますし、選んだ窓が高性能な場合ならより一層費用が高くなります。

色々な費用がかかる

新しい窓を運ぶのに大きな窓の場合は人手が必要で、搬送費がかかりますし、そして内装や壁を取り除くのであれば、処分費用もかかります。

因みに廃材の処分費用は2~5万円が相場と言われていますが、これも廃材の量によって変わってきますし、また各施工業者によっても値段が変わってきます。

窓を新設する場合の費用

虫眼鏡とお金

窓の種類にもよりますが、一般的に窓を新設する場合の相場は10~20万円だと言われています。

もちろん新たに取り付ける窓が、高性能なものであればより費用はかさむでしょう。

通常、窓と一緒にサッシも取り付けますから、サッシと一緒に施工をすると、25万円くらいまでは費用がかかると考えた方が良いです。

ここでワンポイント
サッシのグレードも上げる場合は、窓とサッシを合わせて30万円を超えることもありえます。

大きな窓を取り付ける場合の注意点

タブレットを使う男性

もし掃き出し窓のように大きな窓を取り付ける場合は窓の費用だけで25万円くらいします。

大きな窓になればなるほど、搬送の費用がかかりますから、窓自体の値段だけでなく、工事費や搬送費、養生費などの費用も全て提示してもらって、どのような窓にするか決めていくことをおすすめします。

ここでワンポイント
大きくて綺麗な窓をつけると、お部屋の中が明るくなりますし、高機能な窓であれば、お手入れも楽になることが多いので、生活にゆとりを感じることが出来るでしょう。

窓の場合、新設する方がリフォームする場合に比べて費用を抑えることが出来ますが、それも窓の種類や性能、施工方法によって大きく変わってきます。

最近では施工方法が簡単な窓も各メーカーで取り扱っているので、必ず施工業者に窓に付随する諸費用まできちんと確認してから、新設するようにしてください。

トイレに窓があるメリット

話し合い

トイレに窓をつける理由として以下のものが挙げられます。

  • 開放感を感じるトイレにしたい
  • 昼間は日光の光を取り入れるようにして明るくしたい
  • 臭いや湿気を防ぎたい・換気したい

確かにこれらの理由でトイレに窓をつけることで、トイレに窓をつけるメリットを感じることが出来ます。

しかし、実際のところ、明るさに関してはライトをつけることで十分対処できますし、窓をつけるのと換気扇をつけるのでは、換気効果に大差ありません。

窓のないトイレが増えている

風呂

トイレには間取りの制限が無いので、あえてトイレに窓をつけないマンションなども多くなっています。

そのため、トイレに窓をつけるメリットとしてはライトや換気扇で代用できるわけですが、それでもやはり日光の光を浴びたいという人間本来が持つ欲求を満たしてくれます。

また換気扇ではなく、窓を開けることで自然な風を感じることができるという点で、メリットがあると言えます。

ここでワンポイント
窓をつけるのは施主の気持ちを満足するという意味でメリットがあると言った方が良いでしょう。

トイレの窓の種類

スマホとパソコン

トイレの窓に限ったことではありませんが、窓の種類は各メーカーが色々な種類のものを出しているので、様々なものがあります。

ですから後述する防犯対策や断熱対策を考慮した上で、自身が好きな種類の窓を選ぶと良いでしょう。

因みにトイレの窓の大きさは一般的には60cm(高さ)×70cm(幅)が選ばれています。

ここでワンポイント
さらに大きめだと60cm×100cmや60cm×90cm、小さめだと77cm×40.5cm辺りが売れ筋です。

窓のリフォームをするときの注意点

オフィスにいる男性

窓のリフォームをする際には前述したように窓自体の費用だけでなく、それに付随する費用も発生するとお伝えしました。

そのため、窓のリフォームをする際には必ず施工業者に現地にきてもらって、きちんと確認してもらうことが大切です。

施工業者はプロですから、実際に現地の状態を見れば、施主が希望する窓が取り付けられるかどうか判断出来ます。

ここでワンポイント
より良いデザインや高性能の窓、施工が簡単で費用を抑えられる窓を紹介してくれるはずです。

必ず施工業者に見てもらう

交渉

窓をリフォームする際には必ず施工業者に現地に来てもらって、見積もりを出してもらうようにしてください。また、見積もりは必ず複数の業者に出してもらうことも鉄則です。

同じ種類の窓を取り付けるのに、A社とB社では見積もり金額が大幅に違うこともありうるからです。複数の業者に見積もりを出してもらって、比較検討するようにしましょう。

防犯対策をする

タブレットを使う男性

トイレの窓に関してもやはり防犯対策は必要となってきます。もしご自宅の1階と2階のそれぞれにトイレを設置するのであれば、防犯対策は異なってくるでしょう。

例えば、1階のトイレの場合はトイレの窓から侵入できないようにするために、人間の頭よりもかなり高い位置につけるのが一般的です。

反面、2階のトイレは誰かが侵入してくるリスクが低くなるため、目の高さの位置、つまり150cm~160cmぐらいの高さに設置することが多いです。

ここでワンポイント
目の高さであれば、掃除をするのも楽になりますから、この高さが好まれるのでしょう。

2階のトイレでも防犯対策は重要

2階のトイレの窓だからといって、防犯対策を怠って良い訳ではありません。

気をつけるんだ!
夜間でライトをつける場合、2階のトイレの窓から自分のシルエットが見えるという難点があります。

女性の場合はやはり自分のシルエットが見えるのはあまり良い気がしないでしょう。この場合は窓にすりガラスをつけるとか、カーテンをつけるなどの方法ができます。

また最近ではスタイリッシュな建物が多く、外観と合わせるために窓も小さめを選ぶ人が増えています。

2階のトイレの窓を人間が侵入しにくい小さめの窓にするというのも防犯対策として有効でしょう。

断熱性を高める

リフォーム

冬場のトイレは冷たい風が窓の隙間から入ってきて、寒くてトイレに入るのが嫌ということはありませんか?それならトレイの窓も断熱性が高いものを取り付けてみてはどうでしょうか。

メーカー各社では簡単な施工で、現在ついている窓を二重サッシにすることができます。

リクシル「インプラス」

リクシルが提供しているインプラスであれば、今ついている窓の内側に取り付けるだけなので、施工時間が1時間程度で済みます。

インプラスにすると二重サッシになり、既存の窓とインプラスの間に空気層ができるので、窓から伝わる冷気をシャットアウトしてくれます。

寒い冬場でも冷気が窓に直接当たらないので、結露の心配もなく、お手入れがとても楽になるというメリットがあるのです。

リクシル「リプラス」

同じくリクシルのリプラスも、施工時間がたった1時間ほどで終了するというとてもお気軽な窓のリフォームです。

リプラスの場合はアルミと樹脂の高性能のハイブリッド窓なので、こちらもとても高い断熱効果が期待できます。

アルミが持つ強度と耐久性、そして樹脂が持つ断熱性と防露性という特徴を合わせ持ったハイブリッド窓なので、トイレを冬場だけでなく1年を通して快適な空間にすることができるでしょう。

ここでワンポイント
古い窓の場合は至るところが劣化して、窓の開閉がスムーズに行かないことが多々ありますが、リプラスにすることで、ストレスのない開閉を実現できます。

防音機能を高める

ペイントする男性

断熱性のところでご紹介したリクシルのインプラスですが、防音効果も期待できる窓です。

理由は現在ついている窓とインプラスの間に空気層ができることで、室内に屋外の音が伝わりにくくなるからです。

音というのは空気中の振動によって私たちの耳に伝わるようになっています。そのため薄いガラスで出来た従来の窓だとどうしても屋外の騒音がそのまま室内に入ってきてしまうのです。

気をつけるんだ!
毎日騒音がしていては、質の良い睡眠をとることが出来ませんし、それによって疲れがたまりやすくなってしまうでしょう。

インプラスの工事は簡単

インプラスの工事は足場を組んだりする必要がなく、室内で1時間ほどの作業で終わることが多いです。

家族の健康のためにもインプラスで二重サッシにすることをおすすめします。

サイズ変更する・増やす

トイレ

長年住んでいると、窓をリフォームしたいと思うようになるものです。サイズを変更したり、窓の数を増やしたりして、より快適な生活を実現したいと考えることでしょう。

気をつけるんだ!
気をつけなくてはならないのが、窓の値段だけでなく、あらゆる諸経費が加算されてしまうということです。

窓リフォームの費用相場の段落でご説明しましたが、窓の値段が10~20万円だったとしても、それに合わせてサッシが必要となりますし、また窓を運ぶ輸送費がかかります。

また工事費がかかる他に、廃材の処分費用や養生費がかかるでしょう。窓のサイズを変更したり、窓の数を増やしたりする場合は、必ず内装や外壁を取り除く必要が出てきます。

費用の相場

電卓とお金

廃材の処理費用は各施工業者によって値段はまちまちですが、概ね5万円くらいはかかります。

また内装や壁を壊すので、家具に傷がつかないように大掛かりな養生をしなくてはならず、大体1~3万円くらいが費用として加算されます。

窓のリサイズや窓を増やすのは大変素敵なリフォームですが、まずは工事にかかる費用を見積もりしてもらってください。

メーカーのオススメ窓

パソコン

窓のリフォームなら豊富なデザインやユニークな施工方法が自慢のLIXILがおすすめです。

LIXILの中でも窓のリフォームに最適なのがリプラスで、リプラスなら壁を壊すことなく、窓のリフォームが出来ます。

リプラスは従来の窓と違って、アルミと樹脂の良いとこどりをしているので耐久性が強く、また断熱性が高いので、トイレに入った瞬間に寒いと感じることがほぼ無くなります。

ここでワンポイント
リプラスの施工は半日もあれば済むという所も、多くの消費者から支持されている由縁だと言えるでしょう。

LIXIL「リフレムⅡ」

同じくLIXILで人気のある窓と言えば、リフレムⅡがあります。こちらも壁を取り壊す必要がなく、既存の窓に新しい窓とモールをつけるだけなので、最短で2時間で作業が終了します。

トイレのリフォームをしても窓だけそのままにしておくと、古さが目立ってしまいますし、断熱性や防音性は期待出来ません。

最近の窓は機能性が高いものが多いので、一度ショールームに足を運んでみると良いでしょう。

LIXIL

LIXILは建築材料や住宅設備機器のメーカーとして日本最大規模を誇る会社ですが、これは新日軽やサンウェーブ、トステム、INAXなどの同じく住宅設備機器の会社を合併したことによります。

単純に各社を統合したから会社の規模が大きくなったという理由だけではありません。

各社の名前や特色を残し、各社の強みを活かしながら、より良い製品の開発に尽力しているからこそ、最大規模の住宅設備機器会社になり得たのです。

LIXILのショールームを見に行くのもひとつ

スマホ

住宅設備に関することなら何でもお任せなLIXILですから、もちろんトイレの窓に関してもあらゆる状況に応じて最適な窓を紹介してくれるはずです。

日本全国にショールームを設けてあるので、都合が合えば一度ショールームに足を運んでみることをおすすめします。

予約なしでも大丈夫ですが、もしもっと詳しく説明を聞きたいという場合は事前に予約をしておけば、スタッフが懇切丁寧なアドバイスと一緒に、実物を体感できるでしょう。

まとめ

検索したグラフ

トイレのリフォームは、便座や壁紙を変えるだけではなく、窓まで変えてみると、とても居心地の良い空間が生まれます。

防音性や断熱性だけでなく、お掃除がしやすくなったり、開閉がしやすくなったりするので、ストレスを感じることがなくなるでしょう。

ここでワンポイント
最近の窓のリフォームは時間をかけずに行うことができるものもあります。

自分はどのような空間を作りたいか、そしてどのような窓で空間をアレンジしていきたいかを明確に決めて、トイレの窓のリフォームにチャレンジしてみてください。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ