LOADING

トイレッド トイレ

トイレが臭い原因とは?リフォームで解決【価格&費用相場】

掃除を毎日しているのに、何だかトイレが臭うことはありませんか?トイレが臭うのにはいくつかの原因があります。

その原因をご紹介しますので、ご自身のトイレの臭いの原因を確かめて、確実にシャットアウトしましょう。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リノコのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

トイレの臭う原因は?

トイレ

トイレの臭いの原因は、その家によって様々です。

古いトイレの場合は長年染み付いた汚れが原因と考えられますし、新しいトイレの場合は何かの不具合が考えられます。

それではトイレが臭う原因を3つ見ていきましょう。

臭う原因1

トイレ掃除

トイレの中に水が溜まっているのをどなたもご存知だと思いますが、この水のことを封水トラップと呼びます。

封水トラップがあることで、虫が中に入ってきたり、下水管から臭いが上がってくるのを防いだりするのです。

しかし長期間トイレを使用していないと、この封水トラップが蒸発してなくなってしまうので、下水管からの臭いがトイレ中に広がってしまいます。

封水を溜めておくことが大切

こうならないためにも、出来るだけ定期的にトイレの水を流して封水を溜めておくことが大切です。

封水をはるだけでトイレの悪臭が無くなることがありますから、封水が無くなりそう、或いは無い場合はすぐにお水を足してみましょう。

因みに封水の量が多いサイホンゼット式のようなトイレの場合は、汚物を水が包み込んでしまうので、悪臭が出にくいことがわかっています。

トイレの臭う原因2

男性の場合、立ったまま用を足す人が多いので、どんなに気をつけても尿が飛び散ってしまいます。

目視で確認できないくらいの飛沫が便座の隙間や壁や床に残っているので、どんなに毎日一生懸命に掃除をしたとしても、素人では飛沫までの処理は難しいでしょう。

気をつけるんだ!
毎日トイレを使用することで、同じ場所に尿の飛沫が蓄積されていくので、気が付いた時にはトイレに悪臭が漂うことになります。

こまめなお掃除が悪臭対策の基本ですが、便座と床の間のように手が届きにくい場所であれば綿棒などを使うなど、隅々まで掃除をするようにしてください。

トイレの臭う原因3

トイレ

トイレの臭う原因としてもう一つ考えられるのが、排水管が下水管に正しく接続されていないとか、パッキンが外れている等、何かしらの工事の不備が原因のケースです。

床にある点検口や便器と床の接続部に不備がある場合も、臭いが出てきやすくなりますから、トイレに悪臭が漂うようになってしまいます。

気をつけるんだ!
排水管やパッキンの不備であれば、最悪の場合、汚水が漏れ出していることもあります。

汚水が外に出てしまうと、トイレだけでなく、他の部屋まで臭ってしまいますから、早めに業者を呼んで対応してもらった方が良いです。

排水管が外れていたり、パッキンが外れていたりするのは便座を外さないとわからないことが多いので、素人で確認するのは難しいですから、おかしいと思ったら、すぐにプロの手を借りましょう。

トイレの臭いを消す方法

トイレ掃除

トイレの臭いを消す方法は、こまめなお掃除が鉄則です。

毎日お掃除をきちんとしていると思っていても、前述したように尿の飛沫が手の届かない所に落ちているので、これを解決しない限りトイレは臭い続けてしまいます。

便座の縁裏を磨いたり、便座の下の部分などあらゆる所を掃除するのはもちろんの事ですが、床や壁までしっかり拭き掃除するようにしてください。

ここでワンポイント
汚れが取れにくい所は歯ブラシや綿棒を使って根気強くお掃除をしてみましょう。

ウォッシュレットの裏側にも尿が飛び散っていますから、取り扱い説明書をきちんと読んで、ウォッシュレットを外して、こちらもトイレ用シートなどで綺麗に拭いてください。

意外なところが悪臭の原因に

ビジネスウーマン

掃除用具も悪臭の原因となりますから、ブラシの場合は少しでも汚れたら取り替えるようにし、拭き掃除の場合は一回、一回で捨てられるディスポーザブルのものを使うようにしてください。

時々トイレの臭いを消すために芳香剤を使う人がいますが、悪臭が断たれていなければ、使っても意味がありません。

気をつけるんだ!
悪臭と芳香剤が混ざりあってしまい、余計に臭いが強くなることがあるので、芳香剤を使う場合もまずはトイレ掃除を確実にしましょう。

窓を開けたり、換気扇を回したりを心がけるのも、雑菌の繁殖を防いで悪臭をシャットアウトすることができますから、トイレの換気にも気をつけてみてください。

トイレのリフォームで臭いを解決する

パソコン

毎日こまめにお掃除をしているにも関わらず悪臭が消えない場合は、あっさりとリフォームで解決するのをおすすめします。

最近のトイレは機能が優れているものが多くなっています。

例えば便座が汚れのつきにくい素材で出来ているとか、パナソニックのアラウーノの様に水を流すたびに洗剤が流れてお掃除効果が期待出来たりするものなどがあります。

ここでワンポイント
最新の機能を備えたトイレにリフォームすれば、汚れにくくなりますし、悪臭に悩まされるリスクが低くなるでしょう。また、掃除がしやすいデザインになっているので、お手入れも楽になります。

臭いが気になるなら壁や床のリフォームもおすすめ

ペイントする男性

トイレの臭いが気になるのであれば、便座だけでなく、トイレの壁や床の素材もリフォームしてみると、汚れが付着しにくくなるのでおすすめです。

CFシートやクッションフロアシートなどにすれば、水拭きが出来るのでお掃除が楽ですし、各メーカーでは防菌、防臭、防汚加工のシートを販売しています。

デザインもこだわった素敵なものが多くラインナップされているので、リフォームをする際には選ぶことをおすすめします。

パソコン

トイレの壁をリフォーム !壁紙・クロスを張り替えの費用と注意点

トイレの壁紙を張り替えするのにかかる費用 トイレの壁紙の張り替え費用は……続きを読む

トイレのリフォームにかかる費用は?

電卓とお金

トイレのリフォームの費用は、便座の種類や工事内容によって幅があります。

トイレの便座の場合は一般的に10万円前後のものが多いですが、高機能のものになると30万円くらいするものもあります。

これに工事費をプラスすると、25万円~50万円くらいが相場です。前述した様に高機能トイレをつけたり、工事内容が込み入ったものであれば、費用は60万円を超えることもあるでしょう。

ここでワンポイント
リフォームの費用はピンキリですから、担当者ときっちり打ち合わせをしてみて、行うようにしてください。

トイレリフォーム後も臭うのはなぜ?

電卓とお金

せっかくトイレのリフォームをしたのに、何故だか悪臭がするという場合は、工事ミスである可能性が極めて高いです。

例えば排水管と排水ソケットの間がきっちりとはめ込まれていなかったり、接着剤をつけ忘れていたりすれば、排水管と排水ソケットの間に隙間が出来てしまうので、悪臭が上がってきてしまいます。

もう一つリフォームをしたのにトイレが臭い原因として考えられるのが、リフォームで節水タイプの便座を取り付けてしまったということです。

節水タイプのデメリット

トイレ

もちろん節水タイプは高機能な製品で素晴らしいのですが、トイレの排水管の傾きが少ない家の場合や、汚物を流す水量が少ない場合、汚物が排水管に残ってしまうので、悪臭が漂ってきてしまいます。

リフォーム前のトイレの場合は多くの水を流していたので、排水管の傾きが緩やかでも汚物を押し流すことが出来ました。

節水タイプのトイレを取り付けたことで、汚物が流れなくなってしまったというのが原因である場合があるのです。

まとめ

話し合い

トイレは毎日使う所ですから、いつも快適に過ごせる場所にしておきたいものです。

そのためには毎日のお掃除が大切ですし、また高機能でお手入れしやすいトイレにリフォームするというのも方法の一つです。

トイレが綺麗だと気持ちも晴れやかになりますから、ぜひ一度検討してみてください。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リショップナビのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ