LOADING

トイレッド トイレ

【箇所別】トイレリフォームにかかる費用はいくら?安くするコツも!

現在のトイレがどのような状態なのか、そしてそこからどのようなトイレにしたいのかを考えて、必要な部分だけをリフォームする方法もあります。

もちろん全体的にリフォームをするというケースもたくさんありますが、そうなると費用がかかりすぎてしまうでしょう。

ここではトイレのリフォームをする際に、箇所によってどれくらいの費用がかかるのかを紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リノコのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

内装

ペイントする男性

トイレ自体と言うよりはトイレのある空間に対して行うのが、内装のリフォームです。

内装と聞くと壁や床について考える人は多いのですが、ここではトイレをより快適な空間にするために行うものとして扱っていきます。

とても簡単にできるものとしては、トイレに手すりをつける方法があります。

ここでワンポイント
バリアフリー化の一つである「手すり」を付けるリフォームは2万円もあればできます。

快適なトイレのためには、手洗いをできる場所が欲しいという声もあるでしょう。その場合は単純な手洗い器をつける方法もあれば、キャビネット付きで快適な環境を用意することもできます。

リフォームで手洗い台を付ける場合の費用としては、10万円くらいから可能です。キャビネット付きの場合は20万円くらいからになります。

そこからどんどんグレードを上げていって、収納台を付けたり埋め込み式の手洗い台にするということもできますが、それでも20万~30万円くらいで可能です。

壁・壁紙

壁塗り

トイレ本体がきれいでも、壁がボロボロになっていたら気持ちの良いものではありません。そんなときには壁や壁紙のリフォームが効果的です。

シンプルに張り替えるだけのリフォームの場合、費用は2万~3万円くらいで行えます。

これくらいの価格・費用でできるなら、経年劣化でボロボロになったりトラブルでついた傷が目立ったりして気になる人でも、気軽にリフォームを依頼できるでしょう。

ここでワンポイント
壁の張替えは低予算でありながら、目に見えて効果を実感できるということもあるので、トイレリフォームの中でもポピュラーなもののひとつです。

壁のリフォームは、見た目を変えるだけではありません。冬になるとトイレが寒くてつらい人なら、壁に断熱材を埋め込むリフォームが効果的です。

断熱材を埋め込んだときの注意点

壁に断熱材を埋め込むリフォームをする場合は、壁紙張り替えに比べて値段が跳ね上がるので注意をしてください。

断熱材は壁を解体して埋め込む工事になってくるので、大がかりな作業になるのです。そして断熱材自体の値段も上乗せされます。

実際にどれくらいの広さがあるスペースで工事をするのかによって料金も変わってきますが、20万~30万円以上になる場合もあるので、気軽に決められるリフォームではありません。

床をきれいにする

床のリフォームは、トイレのリフォームでも一番頻度の高いものです。内装の中でも一番傷みやすい部分なので、見た目が気になるからリフォームをしたいと考える人が多いのでしょう。

リフォームをする際には、どんな床材を使うのかが重要なポイントになります。

見た目でこだわる人もいますが、長期間使うために痛みやすい場所であることを考慮するならクッションフロアがベストです。

ここでワンポイント
ちなみにクッションフロアでリフォームをする場合は、2万~5万円くらいの価格になります。

フローリングだと1万~2万のプラスになり、タイルならもう1万~2万、高機能タイルになると10万円以上からと価格が上がっていきます。

一般的に評価が高いのはクッションフロアですが、見た目や雰囲気などでどの床材が良いのかは変わってきます。

それぞれの床材が持つ性質をしっかりと比較して、ベストな選択ができるようにしてください。

ウォシュレット

トイレ

トイレリフォームでは、もう一つ高い需要を持ったものがあります。それはウォシュレットです。

これまでウォシュレットがなかったトイレの場合は便座を交換するだけですが、電源の有無や水配管の位置によっては追加工事が必要になるので注意してください。

追加工事の必要がなければ便座と設置工事費用だけで済むので、負担は小さくなります。

ウォシュレットの導入に必要な費用

ウォシュレット導入にかかる費用ですが、まずウォシュレットの便座そのもの値段が2万~3万円くらいです。

もちろんそれよりも高いものもありますが、相場的なもので考えればこれくらいだと考えてください。

そして何も問題がない場合の設置費用は、1万円くらいになります。

ここでワンポイント
トイレ内にコンセントがない場合、配線延長なら1,000円、コンセント自体の設置で1万円、またコンセントにアースがない場合は1,000円で追加可能です。

水洗

トイレ

これまでくみ取り式のトイレを使っていて、そこから水洗トイレにするリフォームもあります。かなりお金がかかるものですが、くみ取り式と水洗式とでは快適さが大きく変わります。

毎日使うものだからこそ快適に使いたいと考えているなら、リフォームとしての優先度は高めです。

実際に水洗式へのリフォームをする場合は、80万~90万円はお金がかかります。浄化槽の購入や設置、既存の便槽の取り壊しや配管など、様々な工事が必要になるからです。

ここでワンポイント
80万円~90万円もお金がかかると迷ってしまうかもしれませんが、トイレ浄化槽は30万円からの補助金が出るので安心してください。

生活用水と併せて処理をする合併処理浄化槽を利用する場合になりますが、金銭的な負担が軽くなるなら積極的に活用するべきものです。

すべての自治体で補助金が用意されているわけではありませんが、水洗化があまり進んでいない地域なら補助金制度がある可能性は高いので、事前に確認をしておくと良いでしょう。

便器

トイレ

便器そのもののリフォームは、新しい便器に買い換えるというものです。便器自体は値段も様々で、10万円くらいから買えるものもあれば数十万円以上するものもあります。

ウォシュレット機能がついているのかどうかで大きく変わり、そこからタンクレストイレにするのかで、もう一段階値段が変わるものだと考えてください。

ここでワンポイント
便器の交換の際には数万~10万円くらいの工事費が必要です。

工事費はどのような環境で便器を交換するのかによって変わってくるもので、便器自体の値段に工事費が上乗せされたものがリフォームの値段になります。

10万円以内で収まる場合もあれば数十万円以上かかることもあるので、リフォーム費用としてもかなりの幅がある項目です。

扉

トイレの扉をリフォームする場合には、扉のみを交換するのか枠も含めて交換するのかによって費用が変わってきます。

扉だけの場合は5万~6万円くらいからでもできますが、枠も含めた交換だと10万円くらいになるので注意してください。

枠の有無で扉の値段も変わりますが、それに伴って工事する項目も増えるため費用が高くなるわけです。

ここでワンポイント
ちなみに扉にもグレードがあり、1万~2万円台で購入できるものもあれば、5万円以上の扉もあります。

扉の値段はどれだけ高くても20万円を超えることはまずないので、そのことを基準にリフォームを依頼するようにしましょう。

トイレの中では軽視されがちな扉ですが、交換をしてみると印象は変わってくるので、実際の交換例を参考にしてみるとわかりやすくなります。

窓

トイレの窓自体は、特別なものではありません。そのため「トイレの窓のリフォーム」として考えるよりも「窓のリフォーム」で考えるとわかりやすくなるでしょう。

窓のリフォームをわざわざする必要があるのかと考える方もいますが、断熱性を高めたり防音性を高めたりするならリフォームは必要です。

せっかく壁に断熱材を埋め込んだのに、窓だけそのままでそこから熱が逃げていくようでは意味がありませんので注意しましょう。

窓のリフォームにかかる価格・費用

「窓のリフォーム」は窓単体でのリフォームではなく、壁などを含めた総合的なリフォームの中に含まれるケースが多くなります。

そのため、肝心の価格・費用についてですが、実は意外とお金がかかります。10万円前後はかかるものだと考えてください。

ガラスの交換ならともかく、窓自体のリフォームだと侮れない費用になるのです。

ここでワンポイント
断熱用に2重窓にすると、20万円以上かかるのも普通にあることです。

住宅の種類別でトイレのリフォームにかかる価格・費用

一軒家

戸建てのトイレをリフォームする場合と、マンションのトイレをリフォームする場合。それぞれ価格・費用に違いが出るのかというとそうではありません。

完全に差がないとは言いませんが、それでもほとんど違いがないと言えるくらいです。

ここでワンポイント
違いがない理由は家やマンションそのものをリフォームする場合なら大きな差は出てきますが、トイレに限定するならどちらも同じものだからです。

建物別でトイレのリフォーム価格・費用に違いが出るとすれば、その建物の配管事情によって必要な工事が出てくるのかどうかになります。

ただしこれも、戸建てだからマンションだからこの工事は絶対に必要というものがありません。

そのため基本的にリフォーム費用は変わらないと考えておいて問題はないのです。

メーカー毎でリフォームにかかる価格・費用

交渉

トイレのリフォームは様々な箇所が対象になり、その箇所で何を使うのかもメーカーによって大きな違いが出てくることはあります。

便器や便座に関してもいくつかのメーカーごとで価格帯に違いはあります。そして壁材や床材、さらにはドアなどもどのメーカーを選ぶのかによって費用が変わってくるものなのです。

ここでワンポイント
メーカーによる違いはあっても、各メーカーで設定しているグレードは似たような分け方になっています。

グレードなど完全に同じではありませんが、メーカーが変わったから極端に価格・費用で違いが出るケースは少ないのです。

そのため、予算面よりもまず自分がどのようなリフォームをしたいのかから、プランを考えるようにすると良いでしょう。

トイレリフォームの費用を安くするためのコツ

電卓とペン

トイレリフォームの費用を安くするためのコツにも、色々なものがあります。

多くの業者に見積もりを出してもらって比較する方法もあれば、リフォーム内容によっては補償制度を利用するものもあります。

気をつけるんだ!
くみ取り式から水洗式にリフォームをする場合は、保証を利用できるのかどうかで金銭的な負担額が大きく変わるので注意をしてください。

基本的にはリフォーム業者に何か利用できる制度はないのかを確認する方法が一番ですが、前もってどんな制度があるのかを自治体に確認しておくとなお良いです。

トイレリフォーム一括見積もりを活用する

スマホ

トイレリフォームをするならぜひとも活用をしたいのが、トイレリフォーム一括見積もりサービスです。

これは複数の見積もりを一気に請求できるので、それぞれの業者に依頼をするのが面倒な人にとって、とても助かるサービスでしょう。

ここでワンポイント
複数の見積もりを利用することで最初から競争状態にあることが意識されるので、見積もりの金額もかなり努力をしたものになる可能性が高いです。

最終的にはそのトイレの環境によって金額は変動してきますが、どこの業者なら安いのか、どこの業者なら高いのかを簡単に区別できるのでしっかり活用してください。

これほど便利なサービスですが、利用するために必要なお金はゼロです。便利なサービスを無料で利用できるなら、使わない理由はありません。

まとめ

スマホ

トイレのリフォームと聞くと、便器の交換だけを考える人もいればトイレの空間そのもののリフォームで考える人もいます。しかし細かく分けると、様々な部分に分けてリフォームができるのです。

そのトイレの広さや構造によっては、できないリフォームもあります。

それぞれの箇所によってかかるお金も変わってくるので、どんなトイレにリフォームをしたいのかについてしっかりと考えてみてください。

プランがしっかりしていないと無駄に

リフォームのプランがしっかりとしていないと、無駄な部分に手を加えることになってしまいます。それによって、数万円どころか数十万円以上の差が出てしまうことがあるでしょう。

また、リフォーム業者によって費用面で違いが出てくることもありますが、お金の問題だけではなく、信頼できる業者なのかもチェックを忘れないでください。

トイレに限らずリフォームではトラブルが起きやすいので、確実に良い結果を出せるようにできることから始めることが重要なのです。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リショップナビのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ