LOADING

トイレッド トイレ

【住宅種類別】戸建・マンション・団地のトイレリフォーム費用一覧

トイレリフォームをしたいときに気になる問題として、いったいどれくらいの費用がかかってしまうのかがあります。

これは単純にどの箇所にどれだけの費用がかかるのかもあれば、建物によって変わるのではないか、という心配もあるものです。

ここではそんなトイレリフォームの気になる疑問について、実際にどれくらいの費用が必要なのかを含めて紹介をしていきます。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リノコのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

一軒家

一軒家

一軒家のトイレをリフォームする場合、おおよそ予算としては10万~40万円くらいで考えておくと良いでしょう。

もちろんどのようなリフォームをするのかによって予算も変わってきますが、一軒家のトイレリフォームの中心価格帯は30万~40万円となっています。

一軒家の場合、いつからそのトイレを使っているのかによって必要なリフォームの内容が変わってきます。

ここでワンポイント
例えば水洗トイレがまだ導入されていない場合は、かなり大がかりな工事が必要になるので、リフォーム費用もそれなりのものになってしまうのです。

この場合は、80万~90万円くらいはかかります。

ほかにもその家が古い場合は、トイレの寒さがとてもつらいという問題が起きることもあります。

ここでワンポイント
その場合は二重窓や壁に断熱材を埋め込むタイプのリフォームが必要になり、こちらも数十万円はお金がかかるでしょう。

比較的新しい一軒家に住んでいるならリフォーム費用もそれほどかかりませんが、まずは自宅のトイレがどのような状況で、そこからどのようなトイレにしていきたいのかについて考えてみてください。

トイレリフォームはその工事内容によって金額が大きく変わってくるものなので、よく考えて依頼をする必要があるのです。

マンション

マンション

マンションのトイレリフォームをする場合の費用は、一軒家のトイレリフォームをする場合とほとんど変わりません。これはリフォーム対象がトイレに限定されているからです。

そもそもマンションの場合、古い一軒家に比べて大きく手を加える必要がある場所は少ない傾向にあります。

近年のマンションでくみ取り式のトイレが使われていることはありません。また、冬場は寒くて大変な思いをするような構造で売りに出されているマンションも、ほとんどないのです。

ここでワンポイント
さすがに築年数が数十年というものになれば話が変わってくるかもしれません。

しかし、どんなリフォームをするのかという意味で考えれば、大きなリフォームをすることは少ないでしょう。

そして実際にトイレリフォームをするとしても、そこで必要な工事内容は一軒家のトイレリフォームと変わりません。

大きく構造を変えるようなリフォームをしようとしたら許可が下りないこともありますが、許可が下りる範囲でトイレリフォームの費用を比較しても一軒家のトイレリフォームと同額と考えて問題はないのです。

ここでワンポイント
つまりマンションのトイレリフォーム費用は、10万~40万くらいで考えておいて問題はありません。

団地

団地

団地に住んでいてトイレリフォームを検討している場合は、どこまでリフォームが可能なのかどうかをしっかりと確認してください。

これはマンションの場合でも言えることですが、団地ではリフォームが可能な専有部分と、そうではない共用部分があります。

トイレは各部屋に設置されているから専有部分になるのではないかと考えてしまう人もいますが、実際にどのような扱いになっているのかはその団地によって変わってくるでしょう。

ここでワンポイント
団地へ住む際は、その団地の部屋を購入しているわけではありません。そこから退去した後のことも踏まえて、リフォームをできないように決めていることもあるのです。

実際にリフォームができる場合、便器や便座を交換したりバリアフリー化したりする選択肢が出てきます。

どのような目的でリフォームをするのかにもよりますが、そこで発生する費用はほかの住居形態と同じものと考えて差し支えはありません。

ここでワンポイント
団地の場合も同じく、10万~40万円くらいでトイレのリフォームが可能です。

いくら費用がかかるのかで考えるのではなく、どこまでリフォームが可能なのかが団地でのトイレリフォームで重要な要素になります。

これからトイレリフォームを検討しているなら、まずはそれが可能なのかどうかを確認しましょう。この確認をしないと、後からトラブルになってしまいます。

トイレの箇所別でリフォームにかかる価格・費用

トイレ

トイレのリフォームをする場合は、どの箇所に手を加えるのかで費用が変わってきます。

気をつけるんだ!
一部分だけのリフォームなら数万円以内に抑えることも可能ですが、逆に数十万円の予算が必要になることもあるので注意をしてください。

ここまでにもいくつか紹介をしてきましたが、あらためて箇所別のリフォーム費用について紹介をしていきます。

まず便器や便座についてですが、ウォシュレット機能を付けるために便座の交換をするだけなら数万円程度で済みます。

これは工事費も含めてなので、トイレのリフォームとしては比較的簡単な部類です。

ここでワンポイント
これが便器ごとの交換になる場合は、10万円以上はかかるものと考えてください。

実際にどのようなトイレに交換するのかによっては20万~30万円以上になることもあり、トイレの構造によっても違いが出てきます。

トイレの構造による費用・価格の違い

トイレ

一般的な水洗式のトイレであれば問題ありませんが、和式から洋式への変更、くみ取り式から水洗へのリフォームということになると、かなりの出費になります。

一軒家でのトイレリフォームでは手を加えられる範囲が広いため、大がかりなリフォームをするケースも多くあります。それによって、当初の予定以上の費用・価格になってしまうことがあるのです。

実際に使用するトイレ以外でのリフォームとしては、利便性を向上するために手洗い台を設置することや、壁や床、天井にも手を加えることがあります。

ここでワンポイント
これもどこまでリフォームをするのかによって金額は変わり、簡単な壁紙の張り替えなら数万円くらいから可能です。

箇所別のリフォームで価格・費用について考えるときには、どこまでが必要なリフォームなのかについて考えましょう。

フルリフォームをするというケースもありますが、できるだけ出費を抑えたいならポイントを絞り、効率的にリフォームをしていく必要があります。

メーカー別でリフォームにかかる価格・費用

電卓とお金

トイレリフォームをする際には、どのメーカーから提供されているものを使うのかによって予算が変わってくることがあります。

それぞれのメーカーによって提供されている商品もグレード分けされているので、同程度のものを選ぶなら極端に価格・費用が変わることはありません。

ただしメーカーによってとても安いモデルを用意している場合もあれば、他のメーカーにはない高級モデルを用意している場合があります。

ここでワンポイント
そういうものを選ぶ場合は、選択するメーカーによって価格・費用面で大きな影響が出てくることもあるのです。

トイレリフォーム業者によっては、提携しているメーカーの違いがあり、そこで選択肢が限られてくることもあります。

そうなると高い業者や安い業者によって、選択できるメーカーに違いが出てくることもあるので注意をしてください。

トイレリフォームをするときには、業者から選ぶのか、メーカーで選ぶのかが選択基準になる場合もあるのです。

ここでワンポイント
例えば便器や便座になるとメーカーの数も限られてきますが、内装面でのメーカーになるとこういう違いが出やすくなります。

どのメーカーを選ぶのがベストになるのかは、どんなリフォームをしたいのかによって変わってきます。

メーカーブランドで選ぶ人もいますが、どのようにトイレリフォームをしたいのかという明確なビジョンを持って決めることが重要です。

先に書いたメーカーとリフォーム業者の関係もあるので、総合的に判断をして決めるようにしましょう。

トイレリフォームの費用を安くするためのコツ

交渉

トイレリフォームは、選択次第で数万円以上の差が出ることがあります。

もちろんそれ以上の差額になることもありますが、そうなると「どうすれば安くリフォームできるのか」が気になってくるものです。

まず重要なのは相場を調べることです。実際に探してみると、様々なトイレリフォームの施工例が見つかります。

ここでワンポイント
それぞれの環境によって費用も変わってきますが、だいたいどれくらいの金額でリフォームをできるのかが見えてくれば、実際に見積もりを出されたときもそれを鵜呑みにしなくなるでしょう。

しっかりと自分にとっての基準を決めること。これができなければ、複数の見積もりを比べても本当に適切なものなのかどうかを判断できません。

相場を知ったら、それを元に複数の業者を比較していきます。仮に相場から離れた見積もりが提出された場合、あらかじめ相場を知っていればその時点で理由を確認可能です。

気をつけるんだ!
納得できる理由があっての値段ならともかく、素人にはわからないだろうと高い値段を提示してくる業者もあるので気をつけてください。

補助金・助成金制度を利用できる可能性があるので確認する

話し合い

バリアフリー目的でリフォームをする場合は、補助金・助成金制度が利用できる可能性があります。この制度を活用することによって、一気に金銭的な負担を軽減することも可能です。

実際に制度を利用できるのかどうかは、リフォーム業者へ確認をすれば教えてもらえます。

利用できるのかどうかは確認をしてみなければわからないため、もし活用できればお得くらいの気持ちで考えておきましょう。

トイレリフォーム一括見積もりを活用する

話し合い

トイレリフォームを安くするために代表的な方法は、それぞれの業者を比較することです。

リフォーム業者はどこも同じようなものと考えている人もいますが、それは間違いで、実際に見積もりを出してもらったら、驚くほどの違いが出ることもあるのです。

Aというリフォーム業者を利用したけど、その後でBというリフォーム業者を利用した方が安かったとわかったら後悔してしまいます。

気をつけるんだ!
そのようなことを防ぐためにも、できるだけ多くのリフォーム業者へ見積もりを請求するようにしてください。

実際に見積もりを請求しようとすると、ひとつの壁にぶつかります。それは、見積もり請求作業が意外に面倒くさいことです。

1社や2社なら、それほど気にならないかもしれません。だけどそれが5社以上になってくるとどうでしょうか。

5回も同じ内容で連絡をしなければならないのは時間の無駄に思えるかもしれません。

一括見積もりなら簡単に比較ができる

パソコン

これは名前そのままのサービスで、複数のリフォーム業者へ見積もり請求を一括で行えます。

ここでワンポイント
このサービスを活用すれば、対象になる業者の数が多ければ多いほど楽をできるのです。

このサービスでの見積もりは簡易的なものなので、後から本格的な見積もりを出してもらう必要はあります。しかし、どこが高いのか安いのかを判断するなら効率的な方法です。

こんなにも便利なサービスが無料で利用できるのですから、活用しないのは非常にもったいないことではないでしょうか。

必要な情報を専用フォームから送信するだけなので、数分もあれば作業を終えられるところもポイントです。

まとめ

ブロガー

トイレリフォームにおいて重要なのは、どんなリフォームをするのかです。

リフォームをする住居の形態や規模によって費用は変わるので、その上で安いところを探す必要があります。もちろん、ただ安ければ良いわけではありません。

気をつけるんだ!
トイレリフォームに限った話ではなく、リフォームでは様々なトラブルが起きています。

思っていたものと違うというものから契約上のトラブルなどもあるので、費用を抑えることも重要ですが、何よりも信頼できる業者へ依頼できるようにしてください。

そのためには、トイレリフォームについての知識を身につけることも重要です。色々な人の体験談を見てみるとトラブルになりそうなポイントも見えてきます。

実際にリフォームをした人のはなしを聞き、ネット上で見つかる体験談をチェックして、納得と満足のできるリフォームをできるようにしましょう。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リショップナビのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ