LOADING

トイレッド トイレ

『マンション』トイレリフォームにかかる平均費用と注意点【まとめ】

マンションに住んでいてトイレをリフォームしようとした場合、戸建ての場合と比べて色々と注意が必要です。

トイレは毎日使う場所だから、居心地の良い空間に仕上げたいと思うのは誰でも同じはずです。

そこで、マンションでのトイレリフォームの注意点とその費用について見ていきましょう。

なお、トイレのリフォームを業者に依頼するときの“おすすめ方法“を先に少しだけ話しておきます。

自分で優良業者を探したり、一社ごとに見積もり請求をしたりするのは大変な手間ひまです。

そのため、一度に複数の業者の見積もりが手に入る『一括見積もりサービス』を利用することをおすすめします。

最安値のリフォーム料金で、なおかつ、しっかりリフォーム工事をしてくれる優良業者を探すなら、この方法をぜひ試してみてください。

▼一括見積もりを詳しく見る▼

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

マンションのトイレリフォームにかかる費用は?

虫眼鏡とお金

トイレのリフォームは、便座の種類や工事内容によって値段に開きがあるものです。トイレの種類は大きく分けて、ウォッシュレットタイプ、タンク式タイプ、タンクレスタイプの3種類があります。

一番安いのはウォッシュレットタイプで、2~5万円くらいで便座が購入できます。タンク式の場合は10~20万円、タンクレスの場合は13~30万円くらいが相場と考えておいて良いでしょう。

これはあくまでも相場で、最新の機能がついたグレードの高いトイレの場合は30万円を優に超えるものがあります。

ここでワンポイント
グレードが高いトイレは費用はかかりますが、その分高機能で、掃除の手間が省けるなどのメリットがありますから、大変人気です。

壁紙や床材もリフォームをした場合

ペイントする男性

トイレのリフォームに合わせて、壁紙や床材などもリフォームするのであれば、便座の値段にプラスして壁紙や床材の費用がかかります。

壁紙や床材の値段もまちまちですが、一般的には壁紙は1平米あたり1000円前後床材は1平米あたり2500円程度かかると思っておくと良いでしょう。あくまでも相場価格ですから、グレードの高いものを選べば、当然費用はかさみます。

最新式の便座が欲しいだけであって、壁紙や床なんてリフォーム不要だと思う人もいるかもしれませんが、やはり便座と一緒に全てをリフォームしたほうが、トイレ空間がとても綺麗に仕上がります。

特にクッションフロアを使った床の場合は便器を包み込むようにして貼られるので、便器と一緒に取り替えたほうが、とても綺麗に貼ることができます。

パソコン

トイレの壁をリフォーム !壁紙・クロスを張り替えの費用と注意点!

トイレの壁紙を張り替えするのにかかる費用 トイレの壁紙の張り替え費用は……続きを読む

床までリフォームするのがおすすめ

リフォーム

トイレは毎日使うものですから、いつも掃除をしていると言っても、知らず知らずのうちに床に汚れが付着しているものです。

それならばいっその事、床までリフォームをした方がトイレ空間に一体感が出ますし、お掃除をしていないのに清潔な空間が出来上がりますので、余裕があれば床まで張り替えることをお勧めします。

中には床に板を貼って、カントリー調にしたい人もいますが、トイレの床は前述したように、汚れが頻繁に付着する部分ですから、衛生面を考えると使わないほうが良いでしょう。

リフォーム業者の人にカタログを見せてもらう

話し合い

トイレの床にはお手入れがしやすいクッションフロアがおすすめで、最近では色々なデザインのものが販売されています。

リフォーム業者の人にカタログを見せてもらって、お好きなデザインのクッションフロアを貼るようにしてください。

気をつけるんだ!
手洗い場や収納スペースなども合わせてリフォームしたいと思うのであれば、壁に穴を開けるなど工事が大掛かりになるので、さらに費用がかかります。

タンク式のトイレでもタンクレスのタイプのトイレでも、50万円程度の費用がかかると思っておくことをおすすめします。

マンションのトイレをリフォームする際に注意する点

スマホ

お住まいが戸建ではなくマンションの場合は勝手にリフォームが出来ないことがあります。

マンションには管理規約使用規則があり、これらに記載されているリフォームに関する条件をチェックしておかなければなりません。

マンションの場合は区分所有法という法律に則って、所有者のお住まいに当たる「専有部分」と、廊下やエレベーター、排水管が通るパイプスペースなどの「共有部分」に分けられています。

自分の家でも管理規約の確認は重要

タブレットを使う男性

たとえ自分の家のトイレのリフォームであっても、共有区分である排水管スペースまではリフォーム出来ないので、リフォームする際に工事内容がマンションの管理規約に抵触しないか確認する必要があるのです。

単純にトイレの便座や壁紙を変える程度のリフォームなら問題ないのですが、排水管の位置を変えるなどの工事はまず不可能です。

マンションの管理規約や使用規則をきちんと把握してから、リフォームに動くように注意してください。

増設することはできるか?

トイレ

マンションのトイレリフォームで気をつけなくてはならない事は大きく分けて二つあり、一つ目は前述したようにマンションの管理規約に抵触しないかということです。

そしてもう一つは、物理的にリフォームが可能であるかということです。トイレの排水管は、汚水をきちんと流すためにある程度の傾斜がついています。

もしトイレのリフォームをして排水管の汚水を流すための傾斜が取れなければ、汚水が流れないどころか、逆流してしまう危険性さえあるでしょう。近年のマンションであれば、床下にある程度のスペースがあるので、さほど問題にはなりません。

古いマンションタイプは注意が必要

団地

古いマンションの場合は床下のスペースが狭いので、自分のトイレの排水管が下の階の家の天井のすぐ裏を通っているケースがあります。

この場合、きちんと工事が出来なければ、汚水が漏れて下の階の住人に迷惑がかかることがありえますから、物理的にトイレの増設が可能かどうかは工事業者に確認してから行ってください。

排水方式が決まっていても希望のトイレが設置できる?

スマホ

一口に「排水」と言っても、トイレで流れる汚水、洗濯や食器を洗うこと等で出る雑排水、そして雨水の3種類があります。

マンションの排水方式はこれら3種類の排水を一つの排水管で流す「合流式」と、それぞれの排水を別々の配水管で流す「分流式」の2種類があります。

因みに一般的には合流式と言っても、汚水と雑排水+雨水の2 種類の排水管を使っていることが多いです。

2種類の排水方式

トイレ

さらにトイレの汚水に関しても排水方式が2 種類あります。それが「床排水」と「壁排水」です。床排水は最近多くなってきている排水方式で、トイレの下から排水管が床へ伸びているので、排水管が見えることがありません。

当然、便座の周りがスッキリとするので、空間を広く見せることができますし、お掃除も楽チンです。一方、壁排水の場合はトイレの後ろから排水管が伸びていて、壁の中を通っている方式です。

これだと排水管が見えますし、お掃除がしづらいというデメリットがありますが、床下にあまりスペースがない古いマンションの場合は、こちらの壁排水を使用していることが多いでしょう。

便座は2種類に分けて販売

トイレ

トイレの便座には床排水用と壁排水用の2種類に分けて販売されています。

そのため、もし気に入った便座が床排水用だったとしても、お住まいのマンションでは床排水用の便座を取り付けることができないケースがあります。

購入の際には工事業者に相談してから取り付けるようにしてください。

サイズを測る

お気に入りの便座を見つけても、排水方式が違っていたら取り付けは出来ませんが、それだけでなく、サイズが合わないものを選んでしまったら、これまたリフォームに適さないので、お勧めできません。

最近はあまりないと思いますが、時々トイレが狭いのに大きな便座がついていて、体をかがめるのに窮屈に感じたという経験はないでしょうか。

気をつけるんだ!
ゆったりと便座に腰掛けたいからと言って、大きな便座を選んでしまっても、それがお住まいのトイレの空間に適しているかどうかは分かりませんので注意してください。

トイレの広さに対して便座が占める割合が大きすぎると、トイレ掃除がとても大変になるので、トイレの便座と壁までの間に50cmくらいの空間が確保できる程度の便座を選ぶようにしましょう。

さらに、最新機能の便座を取り付ける場合は電気工事が必要となる場合があります。

コンセントの位置の確認も重要

風呂場

最新の便座は便座を温めたり、センサーで感知したりするので、どうしてもトイレ内にコンセントが必要になるのですが、古いマンションの場合はトイレ内にコンセントがないケースが多々あるものです。

最新の便座を置くために電気工事が必要か、そしてコンセントの位置がどの辺りにあると良いかも確認してから便座を購入してください。

せっかく電気工事をしてコンセントをつけてもらっても、便座の電源がコンセントに届かないケースも考えられます。

サイズを測っておいたほうが良い場所

トイレ

最後にもう一つサイズを測った方が良いのが、トイレットペーパーや収納、タオルかけ、手洗い場の位置です。

便座からあまりに遠い位置や、逆にとても近い位置にトイレットペーパーがあれば使いにくくなってしまいます。

或いは収納の扉が開けにくいとか、手洗い場とトイレのドアが接触するとか等、サイズを考慮せずにそれぞれを配置していくと、とても使いにくいトイレになってしまうでしょう。

再度リフォームするとたくさんの費用がかかる

一度リフォームが完了してから、やはり配置が気に入らないということで再度リフォームしようとすると、壁に穴が開いてしまうので、綺麗に仕上がらない確率が高まりますし、費用だってかさんでしまいます。

理想通りのトイレを作るために、まずは自分の動きを考えてサイズを測っていき、トイレットペーパーや収納などをバランス良く配置していってください。

工事の日数はどのくらいかかる?

交渉

最近のトイレのリフォームは工事の日数があまりかからず、概ね1日あれば完了します。

もちろん凝った内容の工事にしたり、難しい内容の工事となれば、もう少し時間がかかりますが、それでもトイレは狭い空間だけに工事の日数は数日で完了することがほとんどでしょう。

リフォームをしている間はトイレが使えませんから、出来るだけ早く工事が完了した方が良いものです。

全ての業者がトイレに強いわけではない

ビジネスウーマン

マンションだと色々な制約がありますが、それをクリアすることが出来れば、トイレのリフォームに成功することができます。

ただ残念な事に、全てのリフォーム業者がトイレのリフォームに強いわけではありません。

トイレのリフォームが自慢のように謳っている業者でも、実は手抜き工事や欠陥工事などを繰り返している業者は沢山存在しているのです。

ネットでリフォーム業者を選ぶ

オフィスにいる男性

まずはネットなどで施工例などを確認して、水周りのリフォームに強い業者を選ぶようにしましょう。

見積もりは必ず複数の業者からもらうようにして、真摯に対応してくれる業者を選ぶようにしてください。

見積もりを比べてみて、一番費用が安い業者が一番良いわけではありません。

費用が安いからといって決めてはいけない

費用は安いに越した事はないですが、安い業者に頼んでしまって、欠陥工事をされたというケースも少なくないからです。

欠陥工事をされて再度リフォームとなると、工事費用が倍になってしまうので、相見積もりをしたら、見積書を元にして各業者に色々な質問をぶつけてみましょう。

ご紹介したような排水方式のことや便座などの配置について質問してみて、嫌な顔せず、きちんと誠実に答えてくれた業者に頼むと失敗がほとんどなくなるはずです。

トイレリフォームに強い業者なら一括見積りがおすすめ

パソコン

トイレリフォームの業者を探すなら、一括見積もりサービスを活用してください。これはそのままのサービスで、複数社へ一度にリフォームの見積もり請求を出せるサービスです。

専用のフォームに必要事項を入力して送信をすれば、それぞれのリフォーム会社から見積もりが送られてきます。より細かいところまで詰めるために連絡もくれるので、請求さえしてしまえば後は受け身のままで進められるのです。

各リフォーム会社も最初から競争することが前提なので、見積もり結果もかなり力を入れたものが送られてきます。納得のできるリフォームをするためには、しっかりと情報を集めて比較し、その上でベストな選択ができるようにしてください。

【当サイトおすすめ】リフォーム前に
利用すべき一括見積もりサービス2選
リフォーム前に試すべき2つのサービス

リフォーム前に必ず以下2つの一括見積もりサービスを利用してください。

なぜなら、リフォームには定価がないからです。適正価格を知るためには複数の見積もりを比べるしかありません。

各リフォーム会社に問い合わせて見積もりを取るのは大変です。以下のサービスなら一瞬で複数社に見積もり依頼、相場もわかり優良会社を紹介してくれます。

【リショップナビ】
累計利用者10万人突破の一括見積もり
リショップナビ
  1. 提携業者1500社
  2. 厳格な審査基準をクリアした会社のみ提携
  3. カンタン30秒で"最安値"がわかる(無料)

リフォーム一括見積もりといえば「リショップナビ」と言われるほど有名なサービス。提携業者は厳格な審査基準をクリアした優良リフォーム会社1500社なので安心です。

実際に利用した結果、当初のリフォーム費用より21万円も安くなりました。

万が一の保証のために「安心リフォーム保証制度」まで完備。リフォームで損しないために、安心して利用できるリショップナビを必ず活用しましょう。

リショップナビ
公式サイトはこちら
【リノコ】
無料&匿名で見積もり相場と優良業者がわかる
リノコ
  1. 自宅近辺のリフォーム適正価格が"10秒でわかる"
  2. 厳しい基準をクリアした優良施工店のみ紹介
  3. 1日の利用人数を制限するほどの人気サービス

自宅近辺で優良施工店を探すなら「リノコ」以上のサービスはありません。

「仕上がりが悪い」「追加請求がきた…」などトラブルが多いリフォーム。リノコなら厳しい基準をクリアした優良施工店のみ、また適正価格の"定額料金"なので追加費用は一切ありません。

安心・安全かつ無料&匿名で利用できるリノコは必ず利用してほしいサービスです。下記の無料診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

まとめ

握手

マンションにお住まいの場合は色々な制約があるので、戸建ての場合に比べて注意点が複数あります。

それらを踏まえて、リフォーム業者に自分の希望するトイレを伝えれば、相手がプロであるなら必ず最適な案を提示してくれます。

ご紹介した注意点や費用について、大まかなことを頭に入れたら、業者に自分の希望を伝えて、素敵なトイレ空間を実現してください。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ