LOADING

トイレッド トイレ

『団地』トイレリフォームにかかる費用と注意点【完全保存版】

高度成長期に合わせて日本全国に建てられていった団地ですが、年数を経ていくうちにかなり老朽化してきています。

毎日使う場所であるトイレは特に劣化が激しい場所でもあるので、団地にお住まいの人はせめてトイレだけでもリフォームしたい、使いやすくしたいと思うことでしょう。

団地は住んでいる人も高齢化しているので、バリアフリーにするなど、そこに住まう人たちが安全で健康的な毎日を過ごすためにトイレのリフォームをした方が良いことさえあります。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リノコのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

団地のトイレリフォームにかかる費用は?

団地

トイレのリフォームは、望む規模によってかかる金額もピンキリとしか言いようがありません。

最近では高機能のトイレが沢山出現してきていますから、機能性を追求していけば、便器だけでも30万円以上はしてしまいます。

それほど機能を追求しない、とりあえず便器を新しくしたいという場合は、2万円代から購入ができます。

トイレの種類

チェックリスト

一般的にトイレの種類はウォッシュレット式、タンク式、タンクレス式があり、一番人気があるのがタンクレス式です。

タンクレス式は文字通り、タンクが無いタイプですので、トイレ空間を広く保つことができ、かつ掃除がしやすいというメリットがあります。

また、最近のタンクレス式トイレの多くは自動洗浄機能やフチなしタイプなど、手間がかからず、お掃除も楽という機能を持ったタイプのものがとても人気があります。

ここでワンポイント
高機能の便器を選べばやはり便器だけで30万円以上かかるのは致し方ないと考えた方が良いでしょう。

値段だけでなく機能面も考慮する

タブレットを使う男性

値段だけ見ると、タンクレス式は躊躇してしまいがちですが、お手入れがしやすいとか、汚れがつきにくい、などを考慮するとストレスから解放されるので、値段以上の価値を得ることができます。

まず便器選びは値段だけでなく、機能面も考慮して選ぶようにしてください。

工事費用もかかる

電卓とペン

次に、トイレのリフォーム費用には工事費用もかかってきます。

今あるトイレの撤去費用や廃材処分費用、新しいトイレに付けかえる費用などが工事費用として挙げられます。

工事費用はリフォーム会社によりますが、大体5万円~6万円を見ておけば良いでしょう。

ここでワンポイント
工事費用だけではなく、現場の管理費用や材料運搬費用もかかるので、トイレのリフォームの合計額は30万円~60万円くらいが相場となります。

団地の場合は古いタイプのトイレであることが多く、また排水管も古い可能性が高いので、さらに費用がかかる場合もあるでしょう。

工事をしてもらう前に、必ず見積もりをとって、費用の面をしっかり把握しておくことをおすすめします。

団地のトイレをリフォームする際に注意する点

団地

団地はトイレだけでなく、リフォーム自体が難しいケースがあります。通常、マンションは区分所有法によって、専有部分と共用部分の二つに分けられています。

玄関からベランダの手前までが専有部分、壁やエレベーター、廊下などを共用部分となり、専有部分以外の場所は原則リフォームができません。

区分所有法をもとにして、団地の管理規約や使用規則が定められており、これに抵触するようなリフォームは出来ません。

リフォームをするときは条項を必ずチェック

チェック

トイレのリフォームをしようと思ったら、自分の団地の管理規約や使用規則のリフォームに関する条項を必ずチェックしておきましょう。

確認せずにトイレのリフォームを強行して、他の住人とトラブルとなり、損賠賠償請求にまで発展ということもありえるからです。

単純に自分のトイレをリフォームするのに、いちいち確認を取らなければならないのと不審に思うかもしれません。

気をつけるんだ!
例えばトイレの排水管が下の階の家の天井裏を張っていて、その天井の空間がとても狭い場合は、下手をすると水漏れなどの事故につながるかもしれません。

団地のトイレをリフォームする場合は、面倒でも団地の管理規約や使用規則に目を通すことを忘れないでください。

団地でもトイレのリフォームはできるの?

話し合い

リフォームをすれば、すぐに新しくて清潔なトイレが手に入ると思ってしまいますが、そう簡単にはいかない可能性があります。

特に団地の場合はトイレの老朽化が激しい所が多いので、新しいトイレを設置できない可能性だってあるのです。

例えば、トイレの汚水は床排水か壁排水かに分けられます。床排水の場合はトイレの下から排水管が出ているタイプで、これだと排水管がトイレの空間に出てこないので、トイレを広く使うことができます。

ここでワンポイント
最近は床排水が人気なのですが、最近の住宅が広い床下空間を提供できるからこそ実現できる排水方式です。

一方で古いタイプの住宅、特に団地の場合は、トイレの後ろから排水管が出ていて、そのまま壁に入っていくタイプを採用しているところが多いです。

これだと排水管が目に見えますし、お掃除の邪魔にもなります。

だからこそ、今度のトイレは床排水の便器を取り付けたいと思っても、今住んでいる団地の排水方式が床排水タイプでなければ、床排水で使う便器を取り付けることができません。

節水タイプに要注意

話し合い

便器は新しくなっても壁排水のタイプの便器を取り付けるしか方法がないのです。さらに、汚水を流すために排水管は必ずある程度の勾配があります。

そうしないといくら水を流しても汚物が排水管を流れていかないからです。

気をつけるんだ!
節水タイプの便器を購入したとしても、排水管の勾配があまりない所であれば、汚物がうまく流れなくなるので、最悪な場合、悪臭が漂うようになってしまうでしょう。

古いタイプの便器は大量の水を使うので、最新の節水タイプの便器を取り付けたいと思うかもしれません。

しかし、お住まいの団地の排水管の状態から、取り付けることが不可能な場合もあるので、便器を選ぶ際にはリフォーム会社に相談した方が良いでしょう。

バリアフリーのトイレにする場合

床をきれいにする

団地では多くの高齢者がお住まいになっているので、やはりトイレを安全に使ってもらうためにもバリアフリーのトイレにした方が良いでしょう。

古いタイプのトイレは段差が多いですから、お年寄りの方がつまずきやすく、大変危険です。

トイレをリフォームするなら便器だけでなく、トイレ全体をリフォームしてもらって、段差をなくし、便器の横に手すりなどをつけてもらった方が良いでしょう。

ここでワンポイント
トイレに最後まで自分で行くことができる、用が足せるということは、人間の尊厳を考える上で大変重要です。

もしご家族にお年を召した方がいらっしゃる場合は、早めにバリアフリーにすることをおすすめします。

便器も新しいタイプのものだと汚れがつきにくくなり、お掃除が楽になりますからおすすめです。

最近のトイレは自動洗浄してくれるものもありますから、お手入れが楽になることを考えたらトイレのリフォームに踏み切った方が良いでしょう。

トイレだけでなく壁紙や床もリフォーム

ペイントする男性

トイレだけでなく、壁紙や床も一緒にリフォームしてしまえば、トイレ空間がより明るくて一体感のあるものになります。

団地のトイレにありがちなのですが、古い壁紙は防湿効果があまりないので、結露がつきやすく、カビが発生したり、壁紙が剥がれてしたりしまいがちです。

最近の壁紙は防湿効果脱臭効果があるものも多く出回っているので、それらを使用すれば快適なトイレ空間を演出できます。

パソコン

トイレの壁をリフォーム !壁紙・クロスを張り替えの費用と注意点

トイレの壁紙を張り替えするのにかかる費用 トイレの壁紙の張り替え費用は……続きを読む

床や壁紙のリフォーム

リフォーム

床に関しても一緒にリフォームをした方が、より清潔な状態にすることができるのでおすすめです。

トイレの床はいくら掃除をしても尿などの汚れが付着しています。便座と床の間は手が届かないので、特に尿などの汚れが溜まりやすく、悪臭の原因となってしまうでしょう。

気をつけるんだ!
毎日掃除をしているのに、なぜだかトイレが臭いと思っているなら、その原因は壁紙や床に長年染み込んだ汚れかもしれません。

リフォームをするなら便器だけでなく、壁紙や床までした方がより清潔な空間に作り変えることができます。

便器だけ変えて、床を変えなかった場合、やはり古いものと新しいものが存在しているので、チグハグに見えます。

また床のクッションフロアシートは便座に巻きつくように貼られますから、同時期にリフォームした方が綺麗に仕上げてもらえます。

壁紙や床の費用

虫眼鏡とお金

最近は防湿や脱臭機のついた壁紙や床が販売されていますから、ちょっとでもトイレ掃除を楽にしたいと思うなら、トイレ全体のリフォームに踏み切ることを検討しましょう。

費用は業者や工事内容にもよりますが、30万円~60万円くらいしますので、リフォーム業者と相談して、費用を安く抑えてもらいながら、実行してみてください。

トイレの位置を変えるのはできない

パソコンを見て落ち込む男性

トイレのリフォームについてご紹介してきましたが、じゃあいっそのこと、トイレの位置を日当たりの良い場所に変えたいなんて思っても、実際は「ほぼ」不可能と考えた方が良いです。

全くの不可能ではありませんが、トイレの位置を変えるとなると、給水や排水の位置を変える必要が出てくるので、工事費用が高くなります。

気をつけるんだ!
マンションの管理規約に抵触する可能性が出てきます。

トイレは便器のように見えている部分だけでなく、床や壁などに排水管が走っています。

そのため、簡単にトイレの位置をかえることができず、戸建の場合と違って団地の場合は多くの人との共用部分が多いので、簡単に給水や排水の位置を変えることができないのです。

現在使用しているトイレの位置がジメジメとした暗い場所にあるから、明るい場所に移したいと思っても、簡単には変えることができません。

ここでワンポイント
場所を変える方法ではなく、壁紙や床を変えるとか、換気扇をつける等の違う方法で、トイレの悩みを解決するようにしましょう。

工事の日数はどのくらいかかる?

スマホ

リフォームの内容にもよりますが、通常、簡単なリフォーム、つまり便器を取り替えるくらいの工事であれば、1日で完了します。

これに壁紙や床を変えるとか、トイレットペーパーのフォルダーをつける、コンセントをつける、手洗い場をつけるなどの付随工事が発生すれば、2~3日はかかるでしょう。

給水や排水の位置を変えるなどの大工事でない限り、トイレのリフォームにかかる日数はそれほど多くはありません。

ここでワンポイント
トイレのリフォームがあるからしばらく自宅のトイレが使えなくなる、と不安に思う必要はありません。

トイレのリフォーム工事に時間がかからない分、トイレのレイアウトや壁紙などを考えるのに時間をかけてみてはどうでしょうか。

レイアウトや壁紙を変えるだけで、今まで使っていたトイレが見違えるように美しく生まれ変わります。

新しいトイレはどんな風にしようかなと考えるなんて最高に楽しい時間ではないでしょうか。

まとめ

パソコン

何でも新しい方が良いとは言い切れませんが、トイレに関しては新しい方が良いでしょう。

理由はやはり高機能な便器や壁紙などが出てきているので、リフォームすることで、圧倒的に綺麗で清潔になりますし、使い勝手が良くなるからです。

団地の場合は老朽化しているトイレが多く、高齢の人に安全にトイレを使用してもらうには、やはりトイレのリフォームは急務と言えます。

1社ではなく複数業者から見積もりを出してもらう

まずは複数のリフォーム業者から見積もりをとってみて、その中からきちんと対応をしてくれる業者を選んでください。

そして、自分の希望に沿った提案をしてくれるリフォーム業者を見つけましょう。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リショップナビのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ