LOADING

キッチングリーン キッチン

【完全保存版】一戸建て・2階のキッチンのリフォーム費用と注意点!

戸建てのキッチンリフォームをするのであれば、思いっきり好きな様にリフォーム出来ると考えがちですよね。確かに戸建ての場合はマンションと違って好きな素材を選んだり、好きな間取りにしやすいので、比較的希望通りのキッチンにリフォーム出来る確率が高いです。

しかし戸建てと言えども費用の面やレイアウトの面からリフォームの際に注意するべき点がいくつかあり、それを無視してしまうと希望通りのキッチンにならないばかりか、使い勝手の悪いキッチンになってしまう場合があります。

さらに2階にキッチンを増設する場合は、リフォームの際に細かく注意する点が出てきます。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

戸建のキッチンのリフォームにかかる費用

一軒家

戸建てのキッチンのリフォームにかかる費用は、そのリフォーム内容によって変わってきます。

キッチン本体の変更だけなら、50万円以内で収まる事が多いですが、こだわりのブランドのシステムキッチンを入れて、デザイン性にもこだわれば、300万円以上かかる事もあります。

ここでワンポイント
一般的なキッチンリフォームの相場は100万円~200万円となっており、こちらの価格帯でのキッチンリフォームであれば、システムキッチンの導入だけでなく、間取りの変更など色々な事に着手できます。

50万円までの戸建のキッチンリフォーム

電卓と計算してグラフを作る

古くて使い勝手の悪いキッチンを何とかしたい、費用はあまりかけたくないという場合、例えばI型のシステムキッチンを壁付けで設置するだけでも、驚くほど使い勝手の良いキッチンに生まれ変わらせることができます。

これに付随して作業台を設置したり、クロスを張り替えたり、断熱材を入れたりすれば、お手入れがしやすく快適なキッチンを作る事ができます。

小規模のキッチンリフォームですが、楽しく作業できるキッチンにすることが出来るので、費用が安いからと言っても侮る事はできません。

その他にもガスコンロや換気扇を変える事も、後継機種を選べば施工が簡単なので、時間をかけず、もちろん費用も20万程度で変更する事ができます。

50万~100万までの戸建のキッチンリフォーム

電卓で計算しながらメモをする

100万円以下の費用でも対面式のキッチンに間取りを変更したり、作業スペースを増やしたり、壁の補強をしたりなど、色々な改善を図る事ができます。もちろんキッチン本体も、今までの古いキッチンから憧れのシステムキッチンへの変更が可能です。

対面式にした事で、リビングとの一体感を感じる事ができますし、また開放的なキッチンになるので、キッチンでの作業が楽しくなります。

150万以上でできる戸建のキッチンリフォーム

キッチンのリフォーム

今まで壁付きのI型キッチンで閉鎖的な空間だったキッチンを、リフォームによってL型のレイアウトにして、リビングとの一体感を感じる明るくて開放的な空間に生まれ変わらせる事が可能です。

システムキッチンを入れるだけでも収納力がアップするのに、吊り戸棚や床下収納まで完備する事が出来るので、今まで片付かなかったものも楽に収納する事ができます。

150万円以上の予算を組む事ができれば、大幅な間取り変更ができたり、自分の希望するシステムキッチンを設置できたりします。

さらに資金に余裕がある場合は、こだわりのシステムキッチンを入れる事が可能で、300万円以上かけてキッチンのリフォームを手がける人も実は全体の1割近くいます。

DeWilsのオーダーメイドキッチンやDELTAタッチ水栓アディソンなどお好みの設備を導入する事ができ、まさに大満足のキッチンにする事ができます。

戸建のキッチンのリフォームするときの注意点

サラリーマンのチェック

マンションと違って戸建ての場合は、キッチンのリフォームの際にあまり注意する事がない様に思えますが、実はそうではありません。

キッチンのレイアウトはキッチンを使う時の動線を考えながら決めていかないと、いざリフォームが終わった後にとても使い勝手の悪いキッチンになってしまう危険性があるからです。

気をつけるんだ!
配管経路や窓の位置、コンセントの位置、ゴミ箱の位置など細かな所まで考えてキッチンのレイアウトを考えなければ使い勝手が悪いどころか「使えない」キッチンになってしまうリスクが高まります。

サイズを選ぶ・測る時の注意点

業者と相談する女性

キッチンをリフォームする時の最大の注意点はサイズを測る事でしょう。憧れのシステムキッチンを導入するにしてもその幅が狭いと作業スペースが確保できず、作業効率が悪くなってしまいます。

2550mmくらい幅があるシステムキッチンを選べば、ゆとりを持って作業ができますが、そこまでキッチンにスペースを確保出来ないのであれば、最低でも1800mmの幅があるものを選ぶ様にしてください。

これより幅が狭いものとなると、単身用のキッチンの様にシンクとコンロだけの様になってしまうのでリフォームした甲斐がないです。

さらに注意すべきはキッチンで2550mmの幅が確保出来ても、搬入経路で幅が確保出来なければ、キッチンを入れる事が出来ません。システムキッチンを導入する時は搬入経路の幅も測る様にしてください。

レイアウトを変更する時の注意点

リフォームの設計図

キッチンのレイアウトを変更する場合、排水管の位置も変更となるので、既存のキッチンの状況によってはキッチンを移動できないという事がありえます。

きちんと排水させるためには排水管に勾配が必要で、勾配が足りないと床に高さをつけて勾配をプラスするという追加工事が必要となります。

レンジフードに関しても移動が難しい場合が多く、実はレンジフード自体の移動は簡単に出来ますが、それに繋がる換気口の移動が難しい場合がありえます。

レイアウトの変更をしたくても、既存の状態から大幅な変更をするのが難しい事がありえますから、リフォーム業者に実際に見てもらって、大幅なレイアウト変更が可能かどうか確認してもらってから、お好きなレイアウトを考える様にしてください。

2階にキッチン増設する場合の注意点

チェックする虫眼鏡

最近では二世帯住宅にリフォームする人が増えてきていて、それに伴って2階にキッチンを増設する人が増えています。

やはり女性が二人キッチンに立つと喧嘩が起こるとはよくいったもので、喧嘩までいかなくてもお互いが気を使ってしまって、心が休まらないという事態は頻繁に発生している様です。そこで、2階にキッチンを増設する場合の注意点を見ていきましょう。

十分なスペースがある

タブレットを使って確認する男性

至極当たり前の事ですが、2階に十分なスペースがなければ、キッチンを増設する事は出来ません。キッチンを増設したら、2階のリビングが狭くなってしまったら意味がありません。

リビングでのんびりしたいのに、目の前に大きなシステムキッチンがそびえていたら、圧迫感を感じて落ち着く事が出来ません。2階にキッチンを持ってきても、他の部屋に支障が無いほどの十分なスペースがあるかどうかを確認してください。

給排水・ガス設備・電気設備がある

住宅街

2階にも給排水やガス設備、電気設備があれば、キッチンの増設は比較的簡単に出来ます。もし、設備を新設する工事をすれば2階にキッチンをつける事は可能です。

しかし、例えば、1階のキッチンの真上に2階のキッチンが設置するのであれば、給排水の工事は難しくは無いのですが、2階のキッチンの位置が1階のキッチンの真上から離れてしまうと、それだけ排水管を通さなければならないので、追加工事が増えてしまいます。

建物を垂直に走る排水管から離れてしまうほど、横に走る排水管の設置が必要となり、勾配が足らなくなってしまう危険性があります。勾配が足りなくなるとうまく汚水を処理できず、トラブルが発生するリスクが高まります。

ガスコンロの設置や給湯器の設置は基本的に現在利用しているガス会社に手配する必要があります。1階と2階で同時にガスを使う事にもなるので、容量の大きい給湯器を用意する等、対策しておくと良いでしょう。

キッチンのリフォーム

ガスコンロのリフォーム費用の平均相場は?最新のコンロの機能も解説

キッチンのコンロのリフォームにかかる費用 キッチンコンロのリフォームに……続きを読む

電気設備もシステムキッチンを導入する際には必要で、システムキッチンで電気を使う以外にも換気扇や照明を使うのに電気が必要となりますから、電気工事をしてもらう必要があります。

電気に関しても1階と2階で同時に使うので、電気のアンペアを増やしてもらった方が良いでしょう。特にIHヒーターを入れる場合は専用の配線が必要となりますし、ある程度の電気の容量が必要となるので、電気工事は必須となります。

食器棚や冷蔵庫などのスペースも考えておくこと

窓のあるキッチン

2階のキッチンリフォームでシステムキッチンの導入には気をつかうけれど、食器棚や冷蔵庫のスペースを忘れてしまっては一大事です。

食器は普段あまり使わないものであれば、1階に置いておけば良いでしょうが、日常的に使うものならやはり、2階の食器棚に置いておきたいところです。

日常的に使うものだけを収納する食器棚であれば、さほど大きなものを用意する必要は無いと思いますが、大切なのは開閉にどれくらいの幅が必要かという事です。開いた時に幅が何cmになるかをリフォーム業者に伝えて、食器棚を置けるスペースを確保してください。

実際にシステムキッチンが入った後でないと、食器棚を開いたスペースはピンとこないかもしれません。

スマホで調べる男性

これで全てわかる!システムキッチンにするリフォーム費用と種類!

システムキッチンのリフォームにかかる費用 いざシステムキッチンを選ぼう……続きを読む

最近ではレイアウトをシミュレーションができるリフォーム業者も存在していますから、キッチンのレイアウトが決まってきたら、食器棚のスペースをシミュレーションによって確かめる様にしてください。

さらに冷蔵庫のスペースも忘れずに確保したいところです。冷蔵庫を置くスペースだけでなく、冷蔵庫の前を通るスペースや食器棚と同じ様に冷蔵庫のドアを開いた時のスペースも確保できなくてはなりません。

また冷蔵庫は料理をする際など、常に動線の中にある対象物ですから、キッチンのレイアウト上欠かせない存在です。シンクと作業台、冷蔵庫の間を移動しやすい様なレイアウトを考えた上で、冷蔵庫のスペースを確保してください。

増設で安く抑えるならミニキッチンがおすすめ

棚があるキッチン

キッチンの増設を安く抑えたいのであれば、ミニキッチンを選ぶという手があります。ミニキッチンは単身者用のマンションなどに設置されているキッチンで、シンクとコンロがあって作業台があまり無いのが特徴です。

本格的な食事を作らない、お湯を沸かすだけとか、簡単な調理をしたい、赤ちゃんのミルクを用意したいという場合なら、ミニキッチンで十分に対応できます。

2階が子供世帯でなく、親世帯が住む場合で、2階のキッチンに重きを置かない場合でもミニキッチンの方が良いでしょう。

任せてもらうサラリーマン

安くするコツを大公開!キッチンのリフォームにかかる価格・平均相場

キッチンリフォームの価格帯・平均相場 一番多いリフォームはシステムキッ……続きを読む

費用の面で見るとやはりミニキッチンは二世帯住宅に人気で、例えば本格的なシステムキッチンを2階に設置するとなると、工事費用や内装費用など全てトータルで見ると100万円くらいかかります。

しかしミニキッチンであれば、本体価格が30万円前後なので、増設費用がトータルで70万円前後となります。

もちろん既にご紹介した様に、排水管やガス、電気の追加工事が必要な場合は、費用はこれにプラスされます。それでもキッチン本体に費用をかけたくないのであれば、ミニキッチンはおすすめです。

キッチン増設にかかる日数・工期は?

業者と話し合いをする男性

キッチンを2階に増設する場合、工期は2週間くらいを考えておけば良いでしょう。1階に排水管や電気、ガスの設備が整っているので、それほど大きな間取り変更などがなければ、2週間くらいの工期で済む事がほとんどです。

しかし前述した様に、大きな間取り変更をしたり、1階のキッチンの真上の位置から離れた位置にキッチンを設置したりすれば、排水管や電気、ガスの工事で追加費用が発生してしまうので、工期が長くなるのは仕方ないです。

だからといって、工事を急かしてしまっては、職人さんのやる気を阻害してしまいますから、ある程度の工期の長さは受け止めてください。

まとめ

2階建ての一軒家

戸建てで長年生活をしていると、キッチンのリフォームをしたいと思うもので、二世帯住宅になるのであれば、キッチンを2階に増設しようという事もありえます。

その際、リフォームを後悔しないために、どの程度のリフォームにするか、費用はどれくらいかかるかを把握してリフォームに踏み切る事が大切です。

キッチンを増設する場合はスペースの確保や、動線の確認、追加工事の有無など確認事項が増えますから、リフォーム業者に相談して無理の無い楽しいリフォームにしてください。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ