LOADING

キッチングリーン キッチン

【知ってた?】パナソニックのキッチンリフォームにかかる費用と特徴

システムキッチンを展開しているメーカーは数ありますが、その中でも圧倒的人気を誇るのがパナソニックです。

パナソニックでキッチンのリフォームをしたおかげで、以前と比べてキッチンでの作業が楽になったとか、お手入れが楽になった、家族とのコミュニケーションが増えたという感想を持つ人が多いです。

なお、キッチンのリフォームを業者に依頼するときの“おすすめ方法“を先に少しだけ話しておきます。

自分で優良業者を探したり、一社ごとに見積もり請求をしたりするのは大変な手間ひまです。

そのため、一度に複数の業者の見積もりが手に入る『一括見積もりサービス』を利用することをおすすめします。

最安値のリフォーム料金で、なおかつ、しっかりリフォーム工事をしてくれる優良業者を探すなら、この方法をぜひ試してみてください。

▼一括見積もりを詳しく見る▼

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

パナソニックのキッチンにリフォームにかかる費用

キッチンを見る業者

数あるキッチンメーカーの中でもパナソニックほど、意外性に富み、デザイン性に優れ、そしてお手頃な値段のシステムキッチンを展開しているメーカーはないでしょう。

キッチンリフォームにかかる費用はリフォーム内容によって様々ですが、一般的には150~300万円が相場となっています。もちろん150万円以下でリフォームを行う人も割合的には多いですし、また割合は少ないですが、450万円を超えるリフォームを行う人もいます。

後述するように主力のシステムキッチンを導入すれば、最低でも50万円くらいは費用がかかってきます。また大幅にレイアウトを変更したり、排水管の移設や電気工事などが伴えば、その分工事費用もかかってきます。

パナソニックのおすすめ・特徴

panasonic
(画像出典:http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/)

パナソニックのキッチンの特徴は何と言っても使いやすさお手入れのしやすさでしょう。家電で培った知識や経験をキッチンに反映させる事で、省エネ対策や作業効率アップが可能となります。

例えば主婦目線で使いやすさにこだわったPaPaPaシンクや、10年間お掃除不要のほっとくリーンフードなどは、パナソニックだからこそ開発できたアイテムだと言えます。

ほっとくリーンフード


換気扇のお掃除はこまめにしなきゃいけないと分かっていても、ついつい放置しがちですよね。そして気が付いた時にはベトベトに汚れていて、お掃除に時間がかかったという経験は誰しもしているでしょう。

ほっとくリーンフードなら、毎日換気扇が自動でお掃除してくれるので、10年間もお掃除が不要となっています。

ラクするーシンク


キッチンはやはりいつまでも綺麗でいて欲しいものです。パナソニックのラクするーシンクは有機ガラス系の素材を使っているので、ステンレスや人造大理石で作られたシンクに比べると、油汚れや傷などに強く、簡単なお掃除で綺麗を長持ちさせる事が出来ます。

水垢もつきにくいので、スポンジで軽くこするだけで、綺麗でピカピカな状態を保つ事が出来て、このラクするーシンクで使われている有機ガラス系の素材をパナソニックでは「スゴピカ素材」と名付けているほどです。

お掃除が楽であるという事はキッチンをリフォームする上で大変重要ですが、それ以外にも料理を効率よく行うために、様々なアイデアが盛り込まれているのが、このシンクです。

ラクするーシンクでは洗い物を乾かすために使うラックを、左右どこにでも配置出来るので、作業をするためのスペースを広げたり、大きな鍋などを洗うためのスペースをシンク内で確保出来たりします。

ここでワンポイント
ラックを左右に動かしたり、上向き設置することによって、調理スペースを約1.4倍も広げる事が出来ます。

ラックを左右にスライドするだけでなく、マルチラックをサイドに動かす事でシンク内を最大510mmもの広さを確保出来るので、大きなお鍋も楽々洗うことが出来ます。

このようにラックを色々な形で使う事で可変的なキッチンを実現する事が出来たのは100人の主婦の意見を取り入れたからだそうで、この辺りはパナソニックがいかにキッチンを使う人の気持ちを汲み取ってデザインしたかが分かるところでしょう。

ワイドな吐水のシャワー水栓

シャワー水洗
(画像出典:http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=ShowerTap)

パナソニックのワイドな吐水が出来るシャワー水栓はとてもシンプルな形状で扱いやすく、後述しますが、「スゴピカ素材」と呼ばれる水垢がつきにくい素材で作られているので、軽く拭き掃除をするだけで、水栓を常に綺麗な状態を保つ事が出来ます。

吐水はシャワータイプになっているのですが、蛇口に近いところだと、シャワーの広がりが小さいので、コップなどの小さな物を洗う時に水が飛び散る心配がありません。

それに洗い物をシャワーの下の方に置けば、吐水が大きく広がって洗い物にかかるので、大きなお鍋などでも一度に広範囲に水をかける事が出来るので大変便利です。

シャワーのヘッドは引っ張り出す事が出来るので、シンクの隅々まで水をかける事が出来ます。吐水は広範囲に広がりますから、お掃除もサッと終わるのがお料理好きにとって大評判となっています。

複数の鍋が同時に置ける広いスペースのキッチンコンロ


パナソニックのキッチンコンロの最大の特徴はIHでもガスでもコンロを横に三つ並べていることでしょう。

気をつけるんだ!
三口のコンロはどのメーカーでも見られますが、大体三角形の形で並べているため、奥のコンロが使いにくいという意見が多くありました。

パナソニックは横に全て並べたので、どのコンロも目が届きやすく、同時にいくつもの調理が出来ると評判となっています。

さらに、三つのコンロを横に並べたおかげで、コンロ手前のスペースの余裕が出来たので、盛り付けの際にこのスペースを活用出来るというメリットが生まれました。

出来たての料理を素早くコンロ手前の食器に盛り付ける事が出来るので、配膳するスピードがぐんと上がります。コンロ手前にスペースがある事で油ハネが床に落ちる事が少なくなるので、お掃除も楽になるというメリットもあります。

上質感のあるカウンター

グラリオカウンター
(画像出典:http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Counter)

ラクするーシンクの所で一度ご紹介しましたが、パナソニックでは汚れがつきにくく、お手入れがしやすく、そして傷が付きにくい「スゴピカ素材」をキッチンカウンターでも取り入れています。

こちらは「グラリオ」と呼ばれるキッチンカウンターで、天然石が持つ「きらめき」や「重厚感」をスゴピカ素材である有機ガラス系の素材と雲母で表現しています。

グラリオには「玄昌ブラック」「バサルグレー」「御影ブラック」「ジュラベージュ」「タソスホワイト」の5種類があり、どれも天然石と見まごうほどの美しさと高級感を醸し出してくれます。

カウンター表面は凸凹とした手触りの石目のテクスチャーになっており、まるでレザーのような質感を感じさせるデザインです。カウンターの端まで美しいフォルムとなっており、まさに上質感溢れるカウンターとなっています。

スリムセンサー水栓


汚れた手で水栓を触るのは躊躇してしまいますよね。パナソニックではスリムセンサー水栓を用意しており、水栓の上部に手をかざすだけで、簡単に水を出したり止めたりする事が出来ます。

日本バルブ工業会の調べによると、このスリムセンサー水栓を使う事で、年間約24%の節水効果を期待出来るという事が分かっています。

節水モードにすれば、洗い物や手を近づけた時だけ水が出るようになり、水が出しっ放しになる事を防止出来るので、更なる節水効果が期待できるでしょう。

通常モードのまま水を出したとしても、10分間吐水すれば、自動的に止まるようになっているので、蛇口を閉め忘れたなんて心配がありません。この水栓が凄いのは、シャワーの水の量が自動的にリズミカルに変わるので、流量を抑えてさらに節水出来てしまいます。

アクセスシンク

ラウンドアクセスシンク
(画像出典:http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Round)

パナソニックのキッチンの中でもLクラスのみの対応となりますが、アクセスシンクと言って、キッチン側だけでなく、ダイニング側と通路側の3方向からシンクが使える形状となったキッチンがあり、家族や友達と料理を楽しみたい人に大人気となっています。

今までシンクを使うたびにキッチン側に回り込まなくてはならなかったのが、アクセスシンクを導入して3方向からシンクが使う事で、動線に無駄がなくなり、ストレスフリーで料理や後片付けが出来るようになりました。

コンパクトなシンクですが、奥行きも横幅も65cmあるので、十分に効率よく料理や後片付けが出来ます。カウンターとの隙間がなく、スゴピカ素材を使用しているので、お手入れがしやすいというメリットもあります。

人気の主力商品

チェックするビジネスウーマン

パナソニックのキッチンも主力商品は大きく分けて3種類あり、どれも大変評判が良いものです。それではお値段が手頃なものから見ていきましょう。

リビングステーションV-style

リビングステーション V-style
(画像出典:http://sumai.panasonic.jp/kitchen/v-style/)

あまり費用をかけずにシンプルで機能的なキッチンを導入したいという人におすすめなのが、リビングステーションV-styleで、値段は52万円~となっています。

I型やL型など色々なレイアウトにはもちろん対応していますし、パナソニックでお馴染みの横に並んだ3つ口コンロや、汚れにくいキッチンカウンターも標準装備なので、お値段以上の価値を感じる事が出来るほど、使いやすいキッチンにする事ができます。

また一般的な650mmから600mmのサイズに切り替えたり、大容量で使い勝手の良い収納にしたりする事で、よりストレス無くキッチンでの作業をする事ができます。

リビングステーションV-styleはお値段が低めのラインですが、カラーバリエーションが豊富で、扉カラーはなんと41色ありますし、また木目調やパステル調など、リビングに合わせたコーディネートが出来るのも人気の理由です。

ラクシーナ

ラクシーナ
(画像出典:http://sumai.panasonic.jp/kitchen/lacucina/)

ラクシーナはパナソニックのキッチンの主力商品の中でも、比較的お手頃な値段で設置できます。お手頃な値段と言っても、料理のしやすさをとことん追求したデザインと設計になっているので、決して侮ってはいけません。

カラーバリエーションが豊富で取っ手と扉の組み合わせはなんと2万通りもあるので、見つからない色はないと言って良いでしょう。スキマレスシンクなので、お手入れが簡単ですし、コンセントがカウンターの手前にあるので、調理家電を使いこなすのに便利です。

横一列に並んだコンロやタッチレス水栓、大容量の収納など、毎日のお料理が楽しくなる要素がいっぱい詰まっています。

ラクシーナの値段は60万円~となっていますが、リフォーム業者によっては値下げをしてくれる場合がありますので、まずはショールームに出かけてイメージをわかせてから、お値段の交渉へと入ってください。

リフォムス

リフォムス
(画像出典:http://sumai.panasonic.jp/kitchen/refoms/)

100人の主婦の声を元にして誕生したのがこのリフォムスで、使い勝手が良く、お料理をしていて楽しいと思える空間が自慢のキッチンです。

主婦の希望を叶えるためのアイデアがいっぱい詰まったリフォムスでは、3つ口コンロが横に並んだトリプルワイドIHとトリプルワイドガスは当たり前、これにシンク周りの作業を簡単にしてくれるPaPaPaシンクもついています。

毎日お料理をしているとどうしても汚れがついてしまいますが、リフォムスのカウンターやシンクは

  • 汚れがつきにくくお手入れが簡単です
  • 換気扇も自動で毎日お掃除してくれるほっとくリーンフードがついている

この2つの特徴によって、10年に1度の割合でお掃除すれば大丈夫です。

節水効果が高く、衛生的なトリプルセンサー水栓や調理小物もサッと引き出せる引き出し式収納、自動的に節水や省エネを教えてくれるエコナビなど、まさにかゆい所に手が届く内容となっているのがリフォムスです。

お値段はラクシーズよりも少し高めの70万円弱~となっていますが、どんな現場でも10mm単位で調整をしてくれて、ぴったり収まるキッチンを作る事が出来るので、リフォームの際に選ばれています。

パナソニックのキッチンリフォームした口コミ&評判

スマホを持ってオッケーする女性

パナソニックのキッチンリフォームをした方は以下の口コミを残しています。

  • キッチン周りを綺麗に保てるので、ストレスが少なく、料理をするのが楽しくなりました。
  • 隙間が無いのでお手入れしやすいです。
  • アンティーク調のリビングとコーディネートが出来て、お値段も手頃だったので大満足です。

キッチンのリフォームは一括見積もりがおすすめ

業者同士の比較

安く工事をやってくれる業者を見つけるためにも、キッチンのリフォームでは一括見積もりを活用しましょう。一括見積もりというのは、複数の業者に一括で見積もりを依頼する方法です。簡単に各業者の費用を比較できるのが特徴です。

たとえば5社に対して一括見積もりを依頼すれば、5社それぞれが提示してきた見積もり内容を比較できます。費用の違いや工期の違い、工事内容の違いなどをチェックでき、総合的に優れた業者を判断しやすくなります。

特に費用の比較ができるのは大きなメリットで、同じ内容のリフォームでも業者によって金額が変わるのがよくわかります。一括見積もりをはインターネット上で手軽に申し込みができるので、積極的に活用するのがおすすめです。

【当サイトおすすめ】リフォーム前に
利用すべき一括見積もりサービス2選
リフォーム前に試すべき2つのサービス

リフォーム前に必ず以下2つの一括見積もりサービスを利用してください。

なぜなら、リフォームには定価がないからです。適正価格を知るためには複数の見積もりを比べるしかありません。

各リフォーム会社に問い合わせて見積もりを取るのは大変です。以下のサービスなら一瞬で複数社に見積もり依頼、相場もわかり優良会社を紹介してくれます。

【リショップナビ】
累計利用者10万人突破の一括見積もり
リショップナビ
  1. 提携業者1500社
  2. 厳格な審査基準をクリアした会社のみ提携
  3. カンタン30秒で"最安値"がわかる(無料)

リフォーム一括見積もりといえば「リショップナビ」と言われるほど有名なサービス。提携業者は厳格な審査基準をクリアした優良リフォーム会社1500社なので安心です。

実際に利用した結果、当初のリフォーム費用より21万円も安くなりました。

万が一の保証のために「安心リフォーム保証制度」まで完備。リフォームで損しないために、安心して利用できるリショップナビを必ず活用しましょう。

リショップナビ
公式サイトはこちら
【リノコ】
無料&匿名で見積もり相場と優良業者がわかる
リノコ
  1. 自宅近辺のリフォーム適正価格が"10秒でわかる"
  2. 厳しい基準をクリアした優良施工店のみ紹介
  3. 1日の利用人数を制限するほどの人気サービス

自宅近辺で優良施工店を探すなら「リノコ」以上のサービスはありません。

「仕上がりが悪い」「追加請求がきた…」などトラブルが多いリフォーム。リノコなら厳しい基準をクリアした優良施工店のみ、また適正価格の"定額料金"なので追加費用は一切ありません。

安心・安全かつ無料&匿名で利用できるリノコは必ず利用してほしいサービスです。下記の無料診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

まとめ

業者と話し合う女性

パナソニックのキッチンはグレードに合わせて一般的な相場の100万円台のものから、400万円台を超えるこだわりのものまで、自分の希望に合わせて選ぶ事ができます。

パナソニックは家電メーカーで培った開発力、使う人の事を考えた分析力、そして優れたデザイン力をフル活用して、私たちに素敵なキッチンを提供してくれています。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ