LOADING

キッチングリーン キッチン

【箇所別に完全網羅】キッチンをリフォームする価格・平均費用一覧!

キッチンリフォームをする際に全体のフルリフォームをするか、個別箇所のリフォームをするかで価格や相場が大きく変わってきます。

フルリフォームの際は配管工事や電気工事、壁の張り替えや、必要であれば窓の取り付けなど大掛かりな工事が必要になってきますのでその分、予算も多く見積もりしなくてはなりません。

個別のリフォームは水道の蛇口交換のように、自分で取り付けができるDIY的な気軽なものもありますし、ビルトインオーブンレンジを入れるような大掛かりな個別リフォームはフルリフォームと同じように専門業者の工事が必要になってきます。

ですので、自分が必要とするリフォームの箇所を具体的にしてその部分の価格や相場を把握する必要があります。

なお、キッチンのリフォームを業者に依頼するときの“おすすめ方法“を先に少しだけ話しておきます。

自分で優良業者を探したり、一社ごとに見積もり請求をしたりするのは大変な手間ひまです。

そのため、一度に複数の業者の見積もりが手に入る『一括見積もりサービス』を利用することをおすすめします。

最安値のリフォーム料金で、なおかつ、しっかりリフォーム工事をしてくれる優良業者を探すなら、この方法をぜひ試してみてください。

▼一括見積もりを詳しく見る▼

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

【50万円までできること】

ペンと電卓で計算中

ガスコンロを新しいものに入れ替える場合」工事費込みで8万6000円~17万6000円が相場です。設備費で6万円~15万円(商品のグレードにより異なります)。工事費が撤去費用と設置費用で2万6000円ほど。

これまでのものと同じ大きさのガスコンロ同士やIHクッキングヒーター同士の入れ替えをする場合、ガス管工事や電気工事費用はほとんどかかりません。

ただし、ガスコンロからIHクッキングヒーターにしたり、IHクッキングヒーターの電圧を変えたりする場合は追加の工事費がかかります。

【50万円~100万円できること】

電卓の計算をメモ

以前と同じパターンのビルトインシステムキッチンを入れる」工事費込みで55万3000円ほどです。設備、建材費が32万5000円で工事費が22万8000円です。

同じ大きさで同じパターンのキッチンを入れる場合、壁や床などの内装をいじる必要がないので比較的、工事費用が安くなります。

同じパターンのビルトインシステムキッチンに背面食器棚を追加して設置」工事費込みで84万円です。設備・建材費が、背面食器棚を追加で入れたので61万2000円。工事費が22万8000円(解体撤去、電気、配水管工事、設置費)です。

こちらも大きさが同じパターンのシステムキッチンを入れたので工事費は安価で済みます。

【100万円~200万円以上でできること】

お金を持ちながら電卓で計算

Ⅰ型のシステムキッチンからL型のシステムッキッチンに入れ替え」コンロ、シンク、作業台が一列に配置されたシンプルなⅠ型のキッチンから作業台が広くなった50万円のL型キッチンを新しく入れた場合です。工事費が約50万円で合計100万円です。

システムキッチンのパターンが変わると工事箇所が増え配管や配線部分に追加の工事費がかかってきます。大きさや形も変わるので天井や床、壁の内装工事費も追加になってきます。

Ⅱ型のシステムキッチンからアイランド型のシステムキッチンに変更」システムキッチの中でもグレードの高いアイランド型のパターンを入れた場合、設備費で125万円、工事費で50万円の合計175万円の相場になります。

以前のⅡ型のキッチンパターンを全部撤去してスペースを広く使うアイランド型を入れます。工事スペースが広くなればその分工事費も高くなってきます。

【フルリフォームにかかる平均相場価格】

検索したグラフ

フルリフォームの際のシステムキッチンの価格ですがオーソドックスなⅠ型が8万円から20万円、作業台が広く使えるⅡ型が40万円から70万円です。L字型にコンロ、シンク、作業台を配置したパターンのL型は25万円から40万円くらいです。

一番グレードの良い高級志向のアイランド型は100万円から300万円ほどになります。そして商品の価格以外に考えなくてはいけないのが工事費用です。

キッチンやトイレ、お風呂場などの水回りは特に設置費用の他に配管工事や電気工事が入る場合があるので注意してください。バリアフリーの仕様にする際は床をフラットにしたりドアを引き戸の全自動にしたりと更に費用がかかります。

工事をする箇所や広さによって変動しますが6万円から50万円くらいが工事費の相場になります。

【キッチンの箇所毎でリフォームにかかる価格・費用】

キッチンの箇所別にリフォーム費用・価格を見ていきましょう。

「食器洗乾燥機」

収納が多いダイニング

リフォームする際にフロアキャビネットに収まるビルトイン型を選ぶ人が増えている食器洗乾燥機ですが、以前は洗い残しがあるなどの問題で設置に足踏みする人がいました。

でも、最新のタイプは少ない水でしっかり洗えるので経済的で、環境に優しく、衛生的で洗い物の時間を他に充てられるのでとても人気があります。4万円台から8万円台くらいの商品が多いですが、人気の売れ筋商品は5万円台に集中しています。

「浄水器整水器」

お水とお湯に分けられる蛇口

健康志向が高まる昨今、ミネラルウォーターの需要と並行して人気が高まっているのがこの浄水器、整水器です。毎日の料理や飲料水として重宝します。

安いものだと2000円くらいからあり、気軽に買いやすいのも魅力の一つです。食器洗乾燥機と同様に水道蛇口に組み込まれたビルトイン型が人気です。

「ノイズレスシンク」

キッチンで手を洗う

水流や水のはね音を極力減らす構造になっていて、制振用の合成ゴムと結露防止カバーを含んだ4層構造で、本来より20%ほど音を吸収します。

せっかくのオープンキッチンとダイニングの会話が妨げられるなんてことがないように、防音・防振加工を施したのがノイズレスシンクです。シンクに使われている素材によって価格は変わりますが、5万円前後の商品が多く見られます。

「ハンドシャワー水栓」

キッチンのリフォーム

キッチンやシンクを掃除中に泡を流したいのに水が届かない。なんてことはありませんでしたか?このハンドシャワー水栓はシャワーホースが引き出せて水を届かせたいところに自由に向けられます。

水流の変更や一時停止もできてとても便利です。価格も1万円から2万円と気軽にリフォームできる部分です。

「レンジフード」

排気ダクト

換気扇の掃除は、キッチン作業の中でも1、2を争う大変な作業です。最近は掃除がとてもしやすいデザインに工夫されていたり、油を弾くコーティングがされていたりとメンテナンスのしやすさに重点を置かれた開発がなされています。

従来の換気扇組み立て式だと6000円からありますが、最新式のレンジフードだと6万円から10万円くらいの価格になります。

「IHクッキングヒーター」

料理中のダイニング

IHクッキングヒーターは磁力によって鍋自体を加熱して調理を行う仕組みです。火を使わないのでプレート自体の表面は熱くならず安全ですし、空気も汚れません。使用面がフラットな特殊ガラス加工なので、お掃除も楽にできます。

商品は5万円から20万円ほどのラインナップがありますが、ガスコンロからIHクッキングヒーターに変える場合は電気配線工事が必要になりますので設置工事費の増額があります。

「ガスコンロ」

3つあるガスコンロ

IHクッキングヒーターより火力があり、炒め物などに適しているのでガスコンロも根強く人気があります。

消し忘れの防止タイマーや油加熱防止機能など安全面に特化した装置が多くなり、並んでガラストッププレートなど掃除のしやすさにもこだわった造りになってきました。ビルトイン型だと5万円から30万円の商品が主流です。

【住宅の種類別でリフォームにかかる価格・費用】

キッチンをリフォームする際に自宅のキッチンのタイプを把握しておくと、新しくする際のリフォーム費用の目安が見えてきます。

「クローズドキッチンタイプ」(8~40万円)

L字型の少し暗いキッチン

キッチンスペースが一室になっているタイプで、料理の際の煙や臭いがリビングに漏れにくい特性があります。スタンダードな一直線にシンクやコンロが並んだⅠ型システムキッチンなどに適しています。

「オープンキッチンタイプ」(100~300万円)

窓のあるキッチン

ダイニングやリビングの隅に設置されているタイプで、リフォームの際は比較的応用がきく造りになっています。

自由に設置ができる反面、キッチンが丸見えになってしまう点はデメリットです。アイランド型などの広いスペースを使うシステムキッチンに適しています。

「セミオープンキッチンタイプ」(40~80万円)

白と茶色を基調にしたダイニング

カウンターなどでリビングやダイニングから仕切られている対面型のキッチンです。

家族とのコミュニケーションがとれ、来客時の時でもキッチン内を見られないメリットがあります。作業台スペースを単独でとれるⅡ型やL型のシステムキッチンに適しています。

【メーカー毎でリフォームにかかる価格・費用】

メーカーによって得意分野が違ったり、価格が比較的安価のものを中心に扱っているところ、高級志向のところなど特徴があります。

ここでワンポイント
自分の重要視したいところを明確にして、それにあったリフォーム会社を探すことも大事なポイントです。

「クリナップ」

クリナップ
(画像出典:http://cleanup.jp/kitchen/)

キッチン専業メーカーですので、機能性の高いものが多数選べます。そして何よりアフターケアのサポートがしっかりしていますので、長く付き合えるリフォーム会社の一つです。

価格は24万円台から120万円ほどのラインナップがあります。

「LIXIL」

リクシル
(画像出典:https://www.lixil.co.jp/)

性能の高さもさることながら種類の豊富さが魅力です。その多い種類の中から収納が充実した商品を提案してくれるので、現状で収納の少なさに困っている人にはぴったりです。

価格は18万円から211万円と幅広くあります。

「ハウステック」

ハウステック
(画像出典:http://www.housetec.co.jp/)

ヤマダ電器と提携していて、ミニキッチンなど低価格で買い求めやすい商品が多くあります。機能やデザイン性より価格を重視する人にオススメです。

一人暮らし用のミニキッチンは9万円台から商品があります。

「トーヨーキッチン」

ハウステック
(画像出典:http://www.housetec.co.jp/)

とても高級感があり、デザインも家具との一体感を持たせるなど個性的な商品が多くあります。

イタリアにデザインセンターを持ち、新しい独自の提案を続けているメーカーです。価格は100万円から1000万円近い商品もあります。

【キッチンリフォームの費用を安くするためのコツ】

業者と話し合う女性

パターンの違うキッチンを新しく入れると、それに伴って配管の延長工事や電気量の変更工事、壁や床の張り替えなどの「オプション工事」が必要になってきてしまう場合があります。

価格を安く抑えることを最優先にするのであれば、同じ大きさで同じタイプのキッチンを選んで同じ場所にリフォームすることが重要です。あとは時期によって各会社独自のキャンペーンを催していて、商品を定価以下で販売していることがあります。

こちらの特価商品をポイントに探すことで、商品の価格を抑えられるでしょう。各自治体でも個人宅のリフォームに対して補助金を出しています。

介護が必要な家へのバリアフリー補助金や地域活性化の為、地元リフォーム会社にリフォームを依頼した際に受け取れる補助金など様々な種類がありますので、その補助金を活用することでも費用を抑えられます。

【キッチンリフォーム一括見積もりを活用する】

スマホで調べる男性

リフォームの際には、いくつかのリフォーム会社に見積もりをお願いして比較や検討をすることで、相場や価格の適正が見えてきます。その見積もりを出してもらう時は同じ条件でこちらから希望を提案して「一括見積もり」を出してもらいましょう。

設置費や商品名、その他にかかる工事費や工事中に使う車の駐車場代など一括で見積書を出してもらいましょう。それによって合計金額での判断で金額の比較ができ、家族内で相談するときもわかりやすくなります。

【当サイトおすすめ】リフォーム前に
利用すべき一括見積もりサービス2選
リフォーム前に試すべき2つのサービス

リフォーム前に必ず以下2つの一括見積もりサービスを利用してください。

なぜなら、リフォームには定価がないからです。適正価格を知るためには複数の見積もりを比べるしかありません。

各リフォーム会社に問い合わせて見積もりを取るのは大変です。以下のサービスなら一瞬で複数社に見積もり依頼、相場もわかり優良会社を紹介してくれます。

【リショップナビ】
累計利用者10万人突破の一括見積もり
リショップナビ
  1. 提携業者1500社
  2. 厳格な審査基準をクリアした会社のみ提携
  3. カンタン30秒で"最安値"がわかる(無料)

リフォーム一括見積もりといえば「リショップナビ」と言われるほど有名なサービス。提携業者は厳格な審査基準をクリアした優良リフォーム会社1500社なので安心です。

実際に利用した結果、当初のリフォーム費用より21万円も安くなりました。

万が一の保証のために「安心リフォーム保証制度」まで完備。リフォームで損しないために、安心して利用できるリショップナビを必ず活用しましょう。

リショップナビ
公式サイトはこちら
【リノコ】
無料&匿名で見積もり相場と優良業者がわかる
リノコ
  1. 自宅近辺のリフォーム適正価格が"10秒でわかる"
  2. 厳しい基準をクリアした優良施工店のみ紹介
  3. 1日の利用人数を制限するほどの人気サービス

自宅近辺で優良施工店を探すなら「リノコ」以上のサービスはありません。

「仕上がりが悪い」「追加請求がきた…」などトラブルが多いリフォーム。リノコなら厳しい基準をクリアした優良施工店のみ、また適正価格の"定額料金"なので追加費用は一切ありません。

安心・安全かつ無料&匿名で利用できるリノコは必ず利用してほしいサービスです。下記の無料診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

まとめ

スマホをもってOKする女性

価格の相場や商品の金額、工事費などを知ることで「このくらいの予算でこの場所をこういう風にリフォームしたい」と具体的にイメージできるようになってきます。

気をつけるんだ!
「具体的なイメージ」こそ、リフォームを失敗しない一歩です。

具体的なイメージを提示できた方がリフォーム会社の人もイメージしやすいですし、希望に沿った提案も受けられるようになります。リフォームは大きな買い物ですので、満足のいく仕上がりにしていきましょう。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ