LOADING

キッチングリーン キッチン

【完全網羅】キッチンの水道・蛇口交換のリフォーム平均費用・注意点

毎日キッチンを使用していて、ふと蛇口を見ると蛇口が劣化している。そんな時キッチンの水道・蛇口の交換をしたいと思う事があるでしょう。

水道の蛇口はキッチンの中でとても地味な部分で、あまり目が行かない部分でもあるわけですが、一度気になり始めたらどうしても気になってしょうがないですよね。

リフォーム業者に相談すべきか、自分で交換できるのか悩むところですが、まずはキッチンの水道蛇口についてみていきましょう。

なお、キッチンのリフォームを業者に依頼するときの“おすすめ方法“を先に少しだけ話しておきます。

自分で優良業者を探したり、一社ごとに見積もり請求をしたりするのは大変な手間ひまです。

そのため、一度に複数の業者の見積もりが手に入る『一括見積もりサービス』を利用することをおすすめします。

最安値のリフォーム料金で、なおかつ、しっかりリフォーム工事をしてくれる優良業者を探すなら、この方法をぜひ試してみてください。

▼一括見積もりを詳しく見る▼

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

キッチンの水道・蛇口交換リフォームにかかる費用

電卓で計算しながらメモをする

キッチンの水道・蛇口の交換をする場合、蛇口本体の費用はその特徴によって様々で、安いものだと3万円前後、高いものだと8万円前後になります。これだけ開きがあるのは、施工方法の違いや機能性の違いが原因です。

リフォーム業者に頼む場合はこれに8,000円~2万円の施工費がかかりますから、最低でも4~5万円かかると思っておくと良いでしょう。

少しでも費用を抑えたくて自分で蛇口のリフォームをしたいという場合はショールームで蛇口をきちんと確認してから購入する様にしてください。ご紹介した蛇口本体の値段はあくまでも定価ですから、ネットで検索すると大幅値下げされた蛇口を購入する事が出来ます。

定価で3万円くらいするものが、ネットだと半額以下で販売されている事があるので、自分で蛇口の交換をしようという人は是非、この様なサイトで安く蛇口を見つけてみてください。

蛇口の種類と特徴

キッチンの窓際にあるサボテン

一口に蛇口と言っても様々な種類があります。蛇口の取り付け方法によって大きく2種類に分ける事ができ、一つ目は壁に取り付けるタイプ、もう一方はシンクやカウンターに取り付けるタイプです。

シンクやカウンターに取り付けるタイプは蛇口の取り付け穴が1つのワンホールタイプ、取り付け穴が2つのツーホールタイプの二種類があります。既存の蛇口がどのタイプかを判断して、同じタイプの蛇口を選んだ方が、工事が簡単に済むのでおすすめです。

もちろん、既存のものと違う取り付け方法の蛇口を取り付ける事は可能ですが、その分手間がかかるので、リフォーム業者に頼んだ方が無難です。

キッチンの窓際にあるサボテン

【メーカー別】キッチンリフォームにかかる平均費用&安くするコツ!

toto [caption id="attachment_120" align……続きを読む

蛇口の取り付け方法ではなく、機能の面から種類を分けるとすると、蛇口をひねる必要のないタッチレスタイプや、浄水器が内臓されているタイプ、電気温水器専用のタイプなどもあります。

浄水器が内臓されているタイプはカートリッジの交換時期を表示してくれたり、お掃除がしやすい台座になっていたりなど、高機能なものがあります。高機能なものを選ぶだけ、費用はかさんできますから、蛇口の機能や特徴をよく踏まえた上で、選ぶ様にしてください。

ワンホールタイプ

黒いシンク

ワンホールタイプは前述した様に、シンクやカウンターに取り付ける穴が一つのタイプの蛇口です。

通常取り付け穴は33mm~39mmで、現在の水栓金具がTOTOLIXILなどのメジャーなメーカーであれば、取り付け穴の形状や大きさは同じなので、新しいものと交換するのに支障はないでしょう。

MYMやNYSEの場合、55mmの取り付け穴のものがあるので注意してください。また、蛇口の新しい水栓金具を取り付ける事によって、金具の高さや排水の長さが変わってくるので、水栓金具を選ぶ際には必ず寸法をチェックする様にしてください。

ツーホールタイプ

お水とお湯に分けられる蛇口

ツーホールタイプは前述した様にシンクやカウンターに取り付ける穴が二つのタイプの蛇口で、それぞれお湯と水の配管になっています。

取り付け穴のサイズは28mmで、両方の穴の間(取付ピッチ)は203mmで、各メーカーで同じの規格になっていますから、既存の蛇口がツーホールタイプで、新しい蛇口もツーホールタイプにする場合、取り付けるのに支障は出ないでしょう。

もちろん同じツーホールタイプでも商品によって、水栓金具の高さや排水の長さは違っているので、取り付け前にきちんとサイズの確認をするようにしましょう。

壁付きタイプ

シルバーの水道

壁付きタイプは壁から水栓金具が出ている状態のもので、お湯と水の配管の間が、105mm~225mmのものが一般的です。

お湯と水の配管の距離がこの数字以内のものであれば、交換は簡単に出来ます。蛇口の取り付け脚を交換すれば、蛇口の排水の高さを高くする事が出来ます。

シャワータイプ

シャワータイプの水道

シャワータイプの水栓金具はワンホールでも、ツーホールでも、壁付きタイプでも販売されています。

文字通り、蛇口から出る水がシャワーの様に噴出するタイプの蛇口で、ヘッドがホースの様に長く取り出せるものと、ヘッドが固定されていて、長く取り出せないものの二種類があります。

水の出方は勢いよくシャワー状で出るタイプと、ミストの様な優しいシャワー状で出るタイプなど、シャワータイプと言っても色々なタイプがあります。

浄水器付きタイプ

至近距離にある蛇口

浄水器付きの蛇口も大変人気で、浄水器付きタイプには浄水器内蔵型のものと、ビルトインタイプのものの二種類があります。浄水器内蔵型は蛇口の首の部分に浄水器のカートリッジを挿入することによって、原水(水道水)、浄水などを使い分けることが出来ます。

カートリッジは大体4週間をめどに交換する必要があります。ビルトインタイプはシンク下のキャビネットにカートリッジを設置するタイプです。

浄水器内蔵型は蛇口の首の部分にカートリッジを挿入するので、どうしても蛇口が大きくなってしまいますが、ビルトインタイプであれば、シンク下にカートリッジを設置するので、蛇口がかさばらず、シンク周りをスッキリとして使う事が出来ます。

タッチレスやシャワーなどの蛇口もつける事ができ、カートリッジの容量も大きいので、浄水能力の高さに定評があります。

蛇口の交換を自分で行うのと業者に依頼のメリット・デメリット

スマホで調べる男性

蛇口を自分で交換する場合の最大のメリットと言えば、やはり費用を抑える事ができるという事でしょう。

工事費用は8,000円から2万円とご紹介しましたが、これはあくまでも相場であり、ご自身のキッチンの状況によって価格が変わってくるので、もしかしたら、キッチンの状況によって蛇口の施工に手間がかかる事が考えられます。

その場合は費用や日数がかかってしまうので、自分でリフォームしてしまえば、費用を抑える事ができるのでおすすめです。好きな時に蛇口の交換をする事ができるので、リフォーム業者との打ち合わせに時間を割く必要もありません。

自分で好きにやりたい、費用を抑えたいというのであれば、自分で交換した方が良いでしょう。ただし、蛇口の交換を自分で行う場合のデメリットは蛇口の交換に関してある程度の知識が必要という事でしょう。

気をつけるんだ!
蛇口の交換は初心者には難しい事が多く、現状のキッチンに適した蛇口を選んだり、必要な工具を取り揃えるなどの知識や手間がかかります。

万が一自分でのリフォームに失敗した場合は、最悪の場合は水漏れを引き起こす事があり、そうなった時に例えばマンションにお住まいだと、階下の人にご迷惑をかける事もあります。

一軒家であったとしても水漏れをしたら、キッチンが使えなくなりますから、一大事です。蛇口の交換に必要な知識や経験がない場合はリフォーム業者にお任せした方が良いでしょう。

自分で行う場合

スマホを持ってオッケーする女性

どうしても蛇口を自分で交換したい場合は4つの注意する点があります。まず蛇口の交換に必要な工具などを取り揃えてください。マイナスドライバーやモンキーレンチ、プライヤーなどの工具の他に雑巾やバケツもあった方が良いでしょう。

自分で蛇口の交換をしていて、途中で工具が足りなかったという事態を避けるために、必要な工具等は事前に準備しておいてください。

2つ目は工事に入る前に必ず止水栓を止めてください。当たり前の事ですが、止水栓を止めないと、蛇口の交換をしている間も水が流れ続けてしまいます。通常、シンクの下に止水栓があるので、必ずそちらを閉めてから、工事を行ってください。

3つ目は賃貸の場合、原状回復義務があるという事です。たとえ蛇口が壊れたから自分で交換したとしても、原状回復義務があるので許されません。もし蛇口が壊れたのであれば、自分で交換する前に大家さんに相談してください。

ここでワンポイント
蛇口が壊れたわけではないけど、単に蛇口を綺麗なものに交換したいという場合でも、退居する時には原状回復義務が生じるので、元に戻す必要がある可能性が高いです。いずれにせよ賃貸の場合は、大家さんの許可を取ってから蛇口の交換をしてください。

最後の注意点は、もしもの時のために、蛇口の交換をしてもらうリフォーム業者を見つけておく事です。自分で蛇口の交換をしていて、何かトラブルが発生してしまって、自分ではどうしようも行かなくなった時にはやはりプロに頼まなくてはなりません。

自分で工事を行う前に、事前に業者を選んでおけば、まさかの時に慌てる事がないですし、追加料金など発生する心配もありません。

水道のトラブルは緊急を要する事が多いので、自宅から近い業者を選んでおいて、すぐに駆けつけてもらえるようにしておいてください。事前に業者を選んでおく時に、費用がどれくらいかかるかなども尋ねておくと良いでしょう。

業者に依頼する場合

業者と相談する女性

蛇口の交換はやはり知識や経験を必要とするので、自分で行うのではなく、やはり最初から業者に依頼しておいた方が良いでしょう。業者を選ぶメリットと言えば、もちろん何も用意する必要がなく、全てお任せ出来るという点です。

工具なども用意する必要がなく、業者と相談した上で、お好きな蛇口を選ぶだけで、ほぼ失敗するリスクがなく、安全に蛇口の交換をする事ができます。

デメリットを強いて言うならば施工費用がかかることや、リフォームに関する打ち合わせをする必要があるという事でしょう。しかし、

  • 施工費は既存のキッチンの状況が難しいものではなければ、簡単な工事で済むので工事費もそれほど高いものにはならない
  • 打ち合わせも大規模リフォームとは違って、ほんの数時間で終わることもありえる

将来的に気持ち良く水道を使うためであれば、それほど負担になる事はないでしょう。業者に依頼する場合、デメリットよりもむしろ、メリットの方が大きいと言えます。

人気メーカーの商品と機能と価格

チェックポイント

蛇口と言っても各メーカーがそれぞれ独自の商品を販売しているので、一体どれを選んだら良いか迷ってしまうでしょう。

これから挙げる3社はキッチン周りの機器メーカーとして実力のある会社ばかりですから、あらゆる機能や特徴を持った蛇口を販売しています。それでは各社の特徴を見ていきましょう。

LIXILの商品と機能と価格

リクシル
(画像出典:https://www.lixil.co.jp/)

創業1924の老舗メーカーであるLIXILは住宅設備機器メーカーとして最大級の会社ですから、蛇口選びで欲しいものがない事はないと言っても過言ではありません。

最近人気の浄水器付きの蛇口で注目を集めているのがタッチレスのナビッシュで、蛇口を触る必要がないので、衛生的として人気があります。その他にもワンホールタイプの蛇口で10万円前後、ツーホールタイプで3万~5万円のラインナップとなっています。

Panasonicの商品と機能と価格

panasonic
(画像出典:http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/)

キッチン周りの機器と言えばPanasonicに並ぶものはないでしょう。Panasonicの蛇口で最近人気があるのはスリムセンサー水栓で、センサーを使って水の出し止めをコントロール出来るので、節水効果が高いです。

スリムセンサーの場合、価格は5万円~8万円しますが、一般的な蛇口であれば、1万円代から手に入れる事が出来るので、お財布に優しいです。

totoの商品と機能と価格

TOTO
(画像出典:https://jp.toto.com/)

キッチンだけでなくトイレや浴室など、水回りの事なら全てお任せしても大丈夫といえるほと人気があるのがTOTOで、蛇口に関しても、豊富な品揃えに定評があります。特に浄水器内蔵型が人気で、内蔵型なのにシンプルで使いやすいデザインに注目が集まっています。

内蔵型はツーホールタイプでも壁付けタイプでも選ぶ事ができ、価格は3万円をしないものも沢山でています。もちろん通常のタイプの蛇口も1万円代から選ぶことが出来るので、お財布に優しくて選びがいがあるのがTOTOだと言えます。

キッチンのリフォームは一括見積もりがおすすめ

業者同士の比較

安く工事をやってくれる業者を見つけるためにも、キッチンのリフォームでは一括見積もりを活用しましょう。一括見積もりというのは、複数の業者に一括で見積もりを依頼する方法です。簡単に各業者の費用を比較できるのが特徴です。

たとえば5社に対して一括見積もりを依頼すれば、5社それぞれが提示してきた見積もり内容を比較できます。費用の違いや工期の違い、工事内容の違いなどをチェックでき、総合的に優れた業者を判断しやすくなります。

特に費用の比較ができるのは大きなメリットで、同じ内容のリフォームでも業者によって金額が変わるのがよくわかります。一括見積もりをはインターネット上で手軽に申し込みができるので、積極的に活用するのがおすすめです。

【当サイトおすすめ】リフォーム前に
利用すべき一括見積もりサービス2選
リフォーム前に試すべき2つのサービス

リフォーム前に必ず以下2つの一括見積もりサービスを利用してください。

なぜなら、リフォームには定価がないからです。適正価格を知るためには複数の見積もりを比べるしかありません。

各リフォーム会社に問い合わせて見積もりを取るのは大変です。以下のサービスなら一瞬で複数社に見積もり依頼、相場もわかり優良会社を紹介してくれます。

【リショップナビ】
累計利用者10万人突破の一括見積もり
リショップナビ
  1. 提携業者1500社
  2. 厳格な審査基準をクリアした会社のみ提携
  3. カンタン30秒で"最安値"がわかる(無料)

リフォーム一括見積もりといえば「リショップナビ」と言われるほど有名なサービス。提携業者は厳格な審査基準をクリアした優良リフォーム会社1500社なので安心です。

実際に利用した結果、当初のリフォーム費用より21万円も安くなりました。

万が一の保証のために「安心リフォーム保証制度」まで完備。リフォームで損しないために、安心して利用できるリショップナビを必ず活用しましょう。

リショップナビ
公式サイトはこちら
【リノコ】
無料&匿名で見積もり相場と優良業者がわかる
リノコ
  1. 自宅近辺のリフォーム適正価格が"10秒でわかる"
  2. 厳しい基準をクリアした優良施工店のみ紹介
  3. 1日の利用人数を制限するほどの人気サービス

自宅近辺で優良施工店を探すなら「リノコ」以上のサービスはありません。

「仕上がりが悪い」「追加請求がきた…」などトラブルが多いリフォーム。リノコなら厳しい基準をクリアした優良施工店のみ、また適正価格の"定額料金"なので追加費用は一切ありません。

安心・安全かつ無料&匿名で利用できるリノコは必ず利用してほしいサービスです。下記の無料診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

まとめ

キッチンで手を洗う

蛇口の交換は自分でしようと思えば出来なくないのですが、事前の準備が必要ですし、やはり安全面を考えれば業者にお任せした方が良いでしょう。

各メーカーの蛇口の取り付け方法や機能をよく調べてから、現状のキッチンに最適な蛇口を選んでください。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ