LOADING

キッチングリーン キッチン

安くするコツを大公開!キッチンのリフォームにかかる価格・平均相場

キッチンのリフォームは携帯を機種変更するように頻度の高いものではありません。リフォームは1回、多くても2回くらいです。

貴重な1回のリフォームで失敗しないように、そしてキッチンでの作業が今までより数段楽に、効率よく使えるよう詳しく下調べをしましょう。キッチンをリフォームする際の価格や費用はキッチンのグレードで大きく変わってきます。

50万円くらいから、こだわると1000万円近くまで、リフォームにかかる金額の振り幅は大きくなるものです。ただ、通常のキッチンリフォームの相場を見ると50万円から150万円の価格帯が主になります。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

キッチンリフォームの価格帯・平均相場

電卓で計算しながらメモをする

一番多いリフォームはシステムキッチンのリフォームで、スタンダードなタイプだと50万円前後でできます。

しかし、キッチンのパターンによって価格が大きく変わってきますので、希望するキッチンのパターンと、実際に使っている現状のキッチンのパターンを把握しなければなりません。

「I型」キッチン

ダイニングキッチン

コンロとシンクが一列に並ぶオーソドックスなパターンのキッチンです。省スペースで設置ができ、設置費用も比較的安価で済みます。(相場8万円から20万円)

「Ⅱ型」キッチン

キッチン

対面式キッチンに用いられるパターンで、壁側に設置したⅠ型に並行して同じパターンをレイアウトする仕様です。

シンクやコンロと別に作業台を広くとれるので、調理がしやすくなります。Ⅰ型と同等のキッチンが並行して置かれる為、価格も高くなります。(相場40万円から70万円)

「L型」キッチン

L字型の少し暗いキッチン

壁2面を使ってL字型にキッチンを配置するパターンです。移動する距離が短く、作業効率がいいのとⅡ型のように作業台が離れていないので、ものをこぼす心配も少なくなります。

ただ、角のデッドスペースが作業するには使いにくい為、使用は制限されてしまいます。(相場25万円から40万円)

「U型」キッチン

U型のキッチンを掃除する

L字型のキッチンに作業台をプラスしてU字型(コの字型)に配置したパターンです。作業台がとても広くとれるのでインテリア性に富み、自分好みのこだわりキッチンに仕上げられます。

ただ、L型と同じようにデッドスペースの使い方を工夫して考えなければなりません。(オーダーメイドが多く相場不明)

「アイランド型」キッチン

ダイニングキッチン

価格的には一番高価で高級感があり、お友達や家族でキッチンを囲みながら料理が楽しめます。ただ、周りにある程度スペースが求められるので、それを見越した広いスペースを確保する必要があります。(相場100万円から300万円)

箇所別の費用

チェックポイント

システムキッチンの他に古くなったからコンロを交換したいとか、食洗機をつけたいなど、個別のものを新しくしたい場合のリフォームもあります。システムキッチンに比べると安価で、工事期間も1日で終わってしまう案件もあり、お手軽です。

「排気ダクト」

排気ダクト

一般的な『ブーツ型』と呼ばれるものからデザイン性の高い『スリム型』に変更する場合、総額で8万円から17万円ほどします。この金額の幅は設備自体のグレードによるもので工事費自体にほぼ変わりはありません。

ただスリム型にすると背面の跡が気になり、キッチンパネルの張り替えを合わせて行う人もいます。

「食洗機」

キッチンと居間

古い食洗機と入れ替えの場合は、総額17万円ほどになります。工事費が4万円ほどなので残りが設備費です。新たに食洗機を後付けで入れるとなると、23万円ほどで給排水工事や配線工事の金額が上乗せになってきます。

「ガスコンロ」

3つあるガスコンロ

キッチンに置くのみのテーブルコンロから、システムキッチンに組み込むビルトインガスコンロにリフォームする際には、専門業者に依頼をします。ガスを扱う部分ですので簡易内管施工士や液化石油ガス設備士といった資格を持った人でないと工事ができません。

商品を買う際は専門業者の設置費用が組み込まれているか別途なのかを確認しましょう。ビルトインガスコンロはテーブルコンロに比べて安くても5万円高価なものだと30万円前後と高価ですが、機能性がテーブルコンロに比べて抜群に良くなっています。

「IHクッキングヒーター」

料理中のダイニング

IHクッキングヒーターは磁力によってお鍋自体を加熱して調理を行う仕組みになっています。ガスコンロに比べて繊細な温度調節ができますし、火を使わないのでプレート自体の表面は熱くならず安全です。空気も汚れません。

使用面がフラットな特殊ガラス加工なので、お掃除も楽にできます。価格は5万円から20万円くらいですが、ガスコンロからIHクッキングヒーターに変更する場合、ガスや電気配線工事が基本工事費からさらに追加になってきます。

「ビルトインオーブンレンジ」

L字型のキッチン

ビルトイン型のオーブンレンジは15万円から25万円ほどの価格帯に集中しています。ビルトイン型は、卓上型オーブンレンジが必要ない分、スペースを広く使うことができることで人気です。

代わりにコンロ下のキャビネット部分は手狭になってしまいますが、実際に料理をする際に散らかりがちなキッチンがすっきりします。

「シンク」

白を基調としたダイニングキッチン

シンクの素材は多数あり、ステンレス、大理石、人工大理石、ホーローなど自分の好みにあった素材を選べます。

トーヨーキッチンの3Dシンクなど、調理の際の無駄な動線を極力抑えて料理しやすい新たな提案をしている商品もあります。素材によって価格は変わりますが、3万円から10万円ほどの商品が主流です。

「プロパンガスから都市ガスへの変更」

住宅街

プロパンガスと都市ガスの違いでは、都市ガスの方が比較的使用料金が安く、プロパンガスの方が高いとされています。コンロなどの商品は都市ガス限定の商品などもあり、たくさんの商品の中から選びたいのであれば都市ガスにする方が確実です。

災害時の復旧の速さやガスの熱量などはプロパンガスの方が優れているので、使用用途や重要性の違いで選びましょう。

プロパンガスから都市ガスへの変更は、家の近くを通っているガスの本管から家の中まで引き込む取出管の工事が必要です。ガスの本管が家の近くを通っている場合が一番安く、10万円から15万円程で工事ができます。

住宅の種類によっての費用

一軒家

戸建てやマンションなど家の種類によってリフォームができるところ、できないところ、それに付随してリフォームをした際の費用も変わってきます。

戸建て住宅の場合、キッチンや水回りはマンションよりもリフォームの自由度は高いので1階から2階への設置や、食器洗乾燥機やIHクッキングヒーターなどの電気容量の多いものの設置も可能になります。

その際には2階部分の防水補強や電気配線の工事が必要になりますので、設置工事費も通常より高くなるでしょう。

住宅街

【種類別】戸建2階・マンション・団地のキッチンリフォーム費用

戸建・2階のリフォーム 一戸建ては、マンションなどのように規約に縛られ……続きを読む

マンションの場合、工事費での差は戸建ての場合とほぼ変わりませんが、リフォームが可能な専有部分でも、自由にリフォームできる訳でなく、管理規約などに基づいての工事が必要になります。

換気扇のダクト経路や各住戸に割り当てられている電気容量が一定しているなど、リフォーム前に確認しておきましょう。

メーカー毎の費用

資料を見ながら価格を交渉

メーカーによって価格が比較的安価のものを中心に扱っているところ、高級志向のところなど得意分野が違いますので、自分の理想にあったリフォーム会社を探すことも大事なポイントです。

「クリナップ」

クリナップ
(画像出典:http://cleanup.jp/kitchen/)

キッチン専業メーカーですので、機能性の高いものや耐久性に優れているもの、そして何よりアフターケアのサポートがしっかりしています。価格は24万円台から120万円ほどのラインナップがあります。

「LIXIL」

リクシル
(画像出典:https://www.lixil.co.jp/)

性能の高さもさることながら、種類の豊富さが魅力です。ミニキッチンから高級アイランドキッチンまで種類は12種類です。価格は18万円から211万円と幅広くあります。

「ハウステック」

ハウステック
(画像出典:http://www.housetec.co.jp/)

ヤマダ電器と提携しているので価格を抑えられて安く見積もりを出すことができ、一人暮らし用のミニキッチンは9万円台から商品があります。

「トーヨーキッチン」

トーヨーキッチン
(画像出典:https://www.toyokitchen.co.jp/ja/)

こちらは高級志向で、他の会社とは一線を画したとてもスタイリッシュでデザイン性に富んだ商品が数多くあります。価格は100万円から1000万円近い商品もあります。

「ウッドワン」

ウッドワン
(画像出典:https://www.woodone.co.jp/)

木を基調とし、鉄やステンレスをアクセントに使った温かみのあるデザインの提案をしていて、独自の方向性があります。40万円から60万円が主な価格帯になっています。

「クチーナ」「キッチンハウス」

業者と相談する女性

オーダーメイドがメインの会社ですので、自分好みのこだわりキッチンを作りたい人には向いています。オーダーメイドなので相場は不明です。

キッチンリフォームの費用を安くするためのコツ

サラリーマンのチェック

まず、システムキッチンのパターンを変更する場合に追加の費用がかかってきます。例えば、Ⅰ型から対面型のⅡ型に変更する場合、排水管や排煙用のダクト、電気配線等の工事が必要になり、その分金額も上がってきます。

1階から2階へのキッチンの移動などの際は、もう少し大掛かりな配線工事も必要になってきます。ですので通常、同じ大きさのパターンを同じ場所に設置する事が、価格を安く抑えられる方法です。

あとはキャンペーン期間などで商品を定価以下で販売している時期が会社によってあります。こちらの商品を重点的に探すことで商品の価格は抑えられるでしょう。

白い部屋のキッチンと窓

【簡単すぎる】キッチンリフォームの費用を安くするためのコツ!

キッチンリフォームの相場を知っておこう キッチンリフォームの相場はいく……続きを読む

リフォームを行う際に、条件はありますが、「リフォーム補助金」を受け取れる制度があるのをご存知ですか?

介護保険制度では「要支援」または「要介護1から5」と認定された人のいる住宅では、手すりを取り付けるといった住宅リフォームを行う必要のある方へ、リフォーム費用のなかの20万円までに対し9割を補助しています。

一般的なキッチンリフォームだけではなく、バリアフリーを目指したキッチンリフォームを考えているお宅は、こういった制度を活用するのがいいでしょう。

各自治体でも以下の制度などが整備されているところが多く、先ほどの介護保険制度と併せて使うこともできます。

  • 高齢者住宅改修費支援制度
  • 障害者住宅改造費助成制度

一般的なキッチンリフォームやリビングリフォームにおいても補助金が出るケースがあります。地元の活性化を目的とした自治体の制度なので「地元の業者に依頼する」という条件がつきますが、5万円から10万円ほどの補助金が受け取れる内容です。

補助金の内容は各自治体によって細かく異なります。こういった補助金の情報は「自治体名」「補助金」「リフォーム」などで検索をかけると出てくるでしょう。その際の注意点は、制度の内容が現在も適用されているのかどうかの確認も併せてしてください。

キッチンリフォームは一括見積もりを活用する

スマホを持ってオッケーする女性

リフォームの見積もりを出す場合は、3社ほどに見積もりをお願いして比較、検討することが好ましいですが、その際には各社に「一括見積もり」を出してもらいましょう。

リフォーム会社によって見積書のフォーマットが違っていますし、設置費、工事費と商品の見積書が別な場合もあります。

リフォームの対象範囲がどこまでなのかを明確にして各社共通させ、比較しやすいようにリフォーム全てにかかる費用を「一括見積もり」で見積書を作成してもらい、その上で各社毎の合計金額を吟味するようにしましょう。

これによって一目で金額の比較ができ、相談する際にもとてもわかりやすくなります。

まとめ

任せてもらうサラリーマン

キッチンリフォームに関してリフォームしたい箇所や商品のグレードによって相場や価格は変わります。自分自身でどの部分のリフォームをすればキッチンが使いやすくなるのか把握して、無駄のない自分にあったリフォームの相場を探し出すことが大切です。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ