LOADING

お風呂

意外と忘れがち!お風呂・浴室の窓リフォームの平均価格・費用まとめ

お風呂や浴室のリフォームをする時に、意外と忘れがちなのが窓です。浴槽やシャワーをどのようなタイプにするかはこだわりますが、窓をどうするかは忘れてしまうことがよくあります。実は浴室リフォームで窓は大切な部分です。

窓選びを間違えてしまうと、隙間風が入ったり浴室が快適でなくなったりしてしまいます。もし窓もリフォームしようとするなら、どれくらいの価格が掛かるのかリサーチしました。リフォームの種類や方法も調査しましたよ。

なお、浴室の窓リフォームを業者に依頼するときの“おすすめ方法“を先に少しだけ話しておきます。

自分で優良業者を探したり、一社ごとに見積もり請求をしたりするのは大変な手間ひまです。

そのため、一度に複数の業者の見積もりが手に入る『一括見積もりサービス』を利用することをおすすめします。

最安値のリフォーム料金で、なおかつ、しっかりリフォーム工事をしてくれる優良業者を探すなら、この方法をぜひ試してみてください。

▼一括見積もりを詳しく見る▼

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

窓の断熱リフォームでヒートショックの防止に

少し暗めのお風呂場

窓の断熱リフォームをすることで、ヒートショックを防止することが可能です。ヒートショックとは、冬に寒いお風呂に入って、急に血管が収縮してしまう状態です。お年寄りは、体が温度差に対応するのに時間が掛かります。

寒い脱衣所から寒い浴室に入り、急に熱い浴槽に入ると血圧が急に下がってしまうのです。最悪の場合には、心臓発作が起きたり脳血管障害が起きたりします。ヒートショックを防止するためには浴室を暖かくすることが必要です。

浴室の温度を高い状態に保つのに役立つのが窓リフォームです。断熱性能のある窓とサッシにすることによって、浴室の温かさが保たれます。

隙間風が入らずにお風呂に入っていてもスースーしません。お年寄りがいる家庭に、おすすめのリフォームです。

お風呂の窓のリフォームの費用・価格相場

電卓とペンを使って料金を計算

気になるお風呂の窓のリフォームの費用や、価格の相場はどれくらいでしょうか。窓リフォームのタイプによって価格は違ってきます。どのようなタイプがありますか。

  • サッシの交換
  • ガラスの交換
  • サッシとガラスの交換

サッシを交換するときの価格は4万円前後です。この時に、窓のサイズを大きくするとか、隙間が大きすぎてサッシを大きめのものを入れると、価格は高くなります。サッシを入れるために外壁を壊して広げないといけないからです。

この場合は外壁の工事も入るため、費用は20万円前後となるでしょう。東北など寒い地方は、寒さ対策と結露対策のために、二重サッシにしたいと思うかも知れません。二重サッシにする時には費用は20万円前後かかってきます。

サッシを樹脂製にする場合はもう少し価格が上がります。工事自体は時間が掛からず、一日程度で終わります。ガラスの交換は費用が10万円前後かかります。サイズによっても値段は前後しますが平均的な価格です。

断熱ガラスにすることで浴室がより快適になります。サッシとガラスをセットで交換するときには、20万円前後の費用が必要です。

ここでワンポイント
工事の方法によって、価格は前後します。カバー工法や、はつり工法の中から選べます。予算費用に合わせて工法を選んで下さい。

お風呂の窓のリフォームの種類と方法

チェックするビジネスウーマン

お風呂の窓のリフォームにはいくつかの種類と方法があります。今ある窓から、新しい窓へ交換する際の工事の方法がいくつもあるのです。代表的な4つの方法について、解説します。家の浴室にピッタリなものを見つけて下さい。

カバー工法

リフレム2
(画像出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/window/reflem2/)

よく使われるのがカバー工法です。すでにあるサッシの枠をそのまま使える工法です。この工法にはどのようなメリットがありますか。

  • 工賃が安い
  • 工期が短い

古いサッシを取り外して新たにサッシをはめる手間が必要ないため、工賃を安く出来ます。工期も短くすぐにお風呂に入ることも出来ます。

浴室側から作業が出来るので二階のお風呂でも足場を組む必要がありません。外壁に手を入れる必要もなく騒音もほとんどないので安心です。

窓を大きく・小さくする

新品のお風呂

窓を大きくしたり小さくしたりするリフォームは、時間と費用が掛かります。例えば窓を大きくするためには、外壁を壊さなくてはなりません。二階に浴室があるなら足場を組んで外からの作業をする必要があります。

騒音もあるため前もって近所の方に挨拶をする必要もあるでしょう。小さくするときにも、やはり外壁をいじる必要が場合によっては出てきます。

利点は浴室の雰囲気を大きく変えられることです。窓が大きいお風呂は気持ちが良いものです。

窓枠を交換する

明るいユニットバス

窓枠を交換するときには、既存の窓枠を剥がす作業から始まります。どのような窓枠を取り付けるのが一般的ですか。

  • インナーサッシ
  • 樹脂製内窓サッシ

寒冷地で浴あるのが二重窓のために内側にインナーサッシを付ける工事です。中の工事だけで済むのが利点で、工期も短くて済みます。5万円前後の工賃が掛かってきます。

樹脂製のサッシはメンテナンスが簡単で人気です。カラーもメーカーによっては選べますから浴室の雰囲気を少し変えられます。

可動ルーバーで浴室窓を目隠し

目隠し
(画像出典:https://www.lixil.co.jp/lineup/window/circumference/)

戸建ての浴室の窓リフォームの際に便利なのが可動ルーバーの設置です。可動ルーバーは、使うときだけお風呂の窓を目隠ししてくれます。この可動ルーバーのどのような点が評価されていますか。

  • 日中は明るい
  • 雨戸の役割もある

可動式なので日中は日光を浴室に入れられます。夜にお風呂に入るときには、外から中が見えないようにしてくれます。可動ルーバーを締めると、雨戸の役割もしてくれるので使い勝手が良いですよ。

風通しを妨げないため、お風呂のカビ対策にもなります。

お風呂の窓リフォームで失敗しがちな『大きさ』

サラリーマンのチェック

お風呂の窓リフォームで失敗しがちなのが、窓の大きさです。窓を大きくしすぎて、失敗したと感じる人が多くいます。窓リフォームを成功させるためには適度なサイズの窓を選ぶことです。

大きすぎる窓を選ぶと開放感はありますが、居心地が悪くなってしまいます。

気をつけるんだ!
道路を歩く人の視線が気になったり、隣の家から見えるのではないかと心配になったりしてしまうのです。浴室でリラックスできないのは残念です。

大きな窓にしてもお風呂に入るときは閉めている人が多くいるのです。これではせっかく窓リフォームをしても、宝の持ち腐れです。窓のサイズを変更するときには道路やお隣さんからの視線がどうなるかをきちんと考えて下さい。

可動ルーバーを一緒に付けることを検討することも出来ます。

窓リフォームの費用を安くするためのコツ

電卓とペンを使って料金を計算

窓リフォームの費用を安くするためのコツは何かありますか。業者に現地をきちんと見てもらうようにして下さい。依頼するときに早く見積金額を知りたくて、現地視察をしないで見積もりをもらってしまうと高く付いてしまいます。

必要ではない工事やパーツなどの金額が含まれて、損をしてしまうことがあるのです。反対に安い金額で見積もりを作ってくれたのに、いざ現地で工事が始まったら、追加のパーツが必要と言われ、金額がアップしてしまうことがあります。

見積もりには入っていなかった工事を、しなくてはならないと言われて、最終的な金額が高く付くこともありますから注意が必要です。費用を安くするためには、必ず担当者に現地を見てもらって下さい。

消費税

リフォームするなら増税前?増税後は大損!?【2019年消費税対策】

増税前の値段でリフォームできる条件とは?消費税の経過措置について リフ……続きを読む

窓リフォームは一括見積もりがおすすめ

スマホを操作する男性

窓リフォームが得意な業者を探すのに役立つのが一括見積もりです。一括見積もりサービスは、地元で評判の窓リフォーム業者に相見積もりを取ってくれます。大手のリフォーム業者が登録しているので安心です。

初めて間取りフォームをする際には、相場の価格を知らない事があります。個人的に各業者に見積もりを取っていくと、相場よりも高い値段を言われます。初めての経験なので費用はそんな物かと思って損をしてしまう事があるのです。

一括見積もりサービスなら各業者の見積金額を比較できるので安心です。すぐに相場が分かりますし、どの業者が安い価格で、良いサービスを提供してくれるか見分けられます。初めて間取りフォームをする人におすすめの方法です。

【当サイトおすすめ】リフォーム前に
利用すべき一括見積もりサービス2選
リフォーム前に試すべき2つのサービス

リフォーム前に必ず以下2つの一括見積もりサービスを利用してください。

なぜなら、リフォームには定価がないからです。適正価格を知るためには複数の見積もりを比べるしかありません。

各リフォーム会社に問い合わせて見積もりを取るのは大変です。以下のサービスなら一瞬で複数社に見積もり依頼、相場もわかり優良会社を紹介してくれます。

【リショップナビ】
累計利用者10万人突破の一括見積もり
リショップナビ
  1. 提携業者1500社
  2. 厳格な審査基準をクリアした会社のみ提携
  3. カンタン30秒で"最安値"がわかる(無料)

リフォーム一括見積もりといえば「リショップナビ」と言われるほど有名なサービス。提携業者は厳格な審査基準をクリアした優良リフォーム会社1500社なので安心です。

実際に利用した結果、当初のリフォーム費用より21万円も安くなりました。

万が一の保証のために「安心リフォーム保証制度」まで完備。リフォームで損しないために、安心して利用できるリショップナビを必ず活用しましょう。

リショップナビ
公式サイトはこちら
【リノコ】
無料&匿名で見積もり相場と優良業者がわかる
リノコ
  1. 自宅近辺のリフォーム適正価格が"10秒でわかる"
  2. 厳しい基準をクリアした優良施工店のみ紹介
  3. 1日の利用人数を制限するほどの人気サービス

自宅近辺で優良施工店を探すなら「リノコ」以上のサービスはありません。

「仕上がりが悪い」「追加請求がきた…」などトラブルが多いリフォーム。リノコなら厳しい基準をクリアした優良施工店のみ、また適正価格の"定額料金"なので追加費用は一切ありません。

安心・安全かつ無料&匿名で利用できるリノコは必ず利用してほしいサービスです。下記の無料診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

リショップナビ

リショップナビは利用すべき?評判は?メリット・デメリット全まとめ

リショップナビとは? リショップナビは累計利用者数400万人を突破、毎……続きを読む

まとめ

お風呂の窓

窓リフォームをすると、ヒートショックを防止することが出来るので、必ず浴室のリフォームの際は忘れないようにして下さい。断熱ガラスを導入することで、冬は温かいお風呂に入ることが出来ます。心臓発作などの防止にも繋がります。

リフォームの費用が心配になることがありますが、カバー工法を使えば短期間で安い工賃で行えます。思い切って窓を大きくするときには、可動ルーバーの設置を検討して下さいね。周りの視線を気にせずに開放感を満喫できます。

リフォーム費用を安くしたい際には必ず担当者に現地を見てもらってから、見積もりを作ってもらうようにしましょう。一括見積もりサービスを使うなら、各社のサービスと価格を簡単に比較できますよ。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ