LOADING

知らないと損する一戸建ての床リフォーム!費用相場を今すぐ確認!

戸建て住宅の床材をクッショフロアに張り替える場合の、費用相場はどのぐらいなのでしょうか。また、ほかの床材と違って、クッションフロアに張り替える場合にはどのような注意点があるのでしょうか。気になっている方に朗報です。

今回はそのあたりのことを中心に、床リフォームについて深く掘り下げていきます。また、作業をお願いするリフォーム業者選びを行うにあたって効率的な方法についても記載していますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リノコのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

床をクッションフロアに張り替える平均費用・相場

床暖房の付いた部屋

クッションフロアの張り替えで必要になる金額は、1平米あたり材料費と施工費をトータルして3,500円前後になるケースが多いでしょう。安い場合と高い場合とで、プラスマイナス1,000円前後の誤差が生じることもあります。

これにプラスして、壁と床との接点にある剥がれを防ぐためのソフト巾木を、クッションフロアの張り替え時に交換するケースが多いです。

その場合には6,500円前後、プラスマイナス1,500円前後の誤差が出ることもありますが、追加で発生すると思っておくと良いでしょう。

単純計算すると、6帖の広さにあたる10平米のクッションフロアの張り替えを行う場合には、30,000~53,000円程度の費用が発生します。

気をつけるんだ!
補修作業を行わなければいけない床・下地の状態であれば、合計でかかる金額はより高くなるため注意が必要です。

クッションフロアにするメリット

業者にデータを見せてもらう女性

主に塩化ビニール樹脂素材であり、裏側がクッション材付の床材がクッションフロアです。厚さは3mm前後で、普通は施工性を高めるため、表面に人体に害のないガラス材がほどこしてあります。主なメリットは以下のとおりです。

  • 木目調やレンガ調、タイル調、チェック柄など色やデザインの種類が豊富
  • ほかの種類の床材と比較して安く張り替えできる
  • 1m以上から10cm単位で買えるため、部屋に合うサイズで張りやすい
  • クッション材付のため耐衝撃性に優れている
  • 消臭や遮音性を持たせた機能性クッションフロアもある
  • 耐水性に優れ、汚れを取り除きやすい
  • 張り替えや撤去作業が容易にできてリフォームに向く

安価な床材でも見た目の良さを追求したい、お手入れが簡単な床材にしたいといった希望がある方に、クッションフロアは適しているでしょう。

ここでワンポイント
特徴やメリットから見てクッショフロアが合う場所としては、風呂やトイレ、ペットスペース、子供部屋と相性が良いです。

クッションフロアにするデメリット

業者にグラフを見せてもらう女性

数多くのメリットがあるクッションフロアですが、デメリットがないわけではありません。看過できないマイナス要素がないか以下の内容をチェックしてみて、張り替えをするかどうかを決断すると良いでしょう。

  • 通気性に乏しく床下に湿気がこもりがち
  • 重量のある家具などを長期に置いておくと跡が残る
  • 紫外線による劣化、剥がれ、色移りが起こる
  • タバコの熱さや熱湯がかかると溶ける

通気性については、カビの繁殖を抑える方法を熟知しているリフォーム業者に依頼すればカバーできます。

また、跡については、家具などと床のあいだに布を噛ませるなどするのがおすすめです。熱については、日差しが強い部屋に張るのを避けるなどすれば良いでしょう。

【部屋別】クッションフロアに張り替える費用相場

電卓とペンを使って料金を計算

リビングやダイニング、寝室を含む居室、和室、台所や洗面所、トイレ、玄関や廊下、階段と、部屋や場所別に相場は違います。

クッションフロアへの張り替えについて費用相場が気になっている方は、以下の内容をチェックしてみてください。

居室(リビング・ダイニング・寝室)

敷かれたカーペット

先述した床をクッションフロアに張り替える平均費用・相場と同程度の金額がかかると思っておくと、大きく外れはしないでしょう。6帖・10平米までで30,000~53,000円ほど、要補修作業となればさらに高額な費用がかかります。

なお、1帖増えるごとに、大体6,000円程度の金額がプラスになるケースが多いです。張り替えの相場は重ね張りに比べて5,000円程度高いのですが、そのぶん床の高さが増して扉の開け閉めがしづらくなることがありません。

また、床が二重になって妙に柔らかく感じることもないです。

和室

畳で遊ぶ子ども

畳の部屋をクッションフロアに変更する場合には、張り替えと下地造作費用が発生する形になるため、相場は割高感のある金額になっています。

6畳・床面積10平米までの張り替えを行う場合には、100,000円前後はかかると思っておくと良いでしょう。

キッチン

すべてのドアが開いたキッチン

油汚れに強く、掃除が簡単なクッションフロア。キッチンに張る床材として有力候補となるでしょう。

4帖・床面積7平米までの場合、もとの床材によっても多少かかる金額は変わってきますが、50,000円弱からかかるケースが多いです。

洗面所

お水とお湯に分けられる蛇口

耐水性に優れているクッションフロアは、洗面所に張る床材として適しています。3帖・床面積5平米までの場合には、40,000円程度からの金額になるケースが多いでしょう。一方、5帖の場合にはプラス10,000円程度が相場です。

トイレ

トイレ

キッチンや洗面所同様、水に強くお手入れが楽なクッションフロアはトイレに張る床材としても好相性です。

既存の床材がタイルであれば便器本体を取り外さなければならず、その作業を伴うぶんお金がかかります。大体40,000円前後からの金額になるケースが多いでしょう。

玄関・廊下・階段

玄関の床

まず、玄関と廊下の床材をクッションフロアに張り替える場合についてです。7平米までの張り替えであれば45,000~50,000円程度の費用がかかるケースが多いでしょう。玄関や廊下は汚れやすい場所であり、掃除の楽なクッションフロアはおすすめといえます。

これに対して、階段の床材をクッションフロアに張り替える場合ですが、8平米までとすると50,000~55,000円程度の金額がかかるでしょう。暮らす上で導線となる階段は、玄関や廊下と同じようにお手入れが楽なクッションフロアが適しています。

クッションフロアの張替え工事内容とタイミング

女性デザイナーとリフォームの相談

床リフォームを業者にお願いして行う場合には、現地調査を経てクッションフロアへの張り替えをする流れになります。何に対して費用が発生するのかについてですが、主には以下のとおりです。

  • クッションフロアの材料
  • スタッフの作業
  • 養生
  • 下地補修工事
  • 解体撤去処分

クッションフロアは大がかりな下地補修などが不要であれば、工期は1~2日間が目安と思っておくと良いでしょう。

なお、張り替えタイミングですが、一般的にはクッションフロアは12~13年前後が耐用年数です。次のサインが出ていれば張り替え検討時期といえます。

  • ひび割れが生じている
  • めくれてきている
  • 汚れが落ちない
  • 変色が起きている
  • 歩いたときの音などがおかしい

高い防水性などの機能を持つクッションフロアですが、張り替えサインを放置していると機能が活かせなくなります。

さらに浸水してカビが繁殖するなどし、家を傷める原因にもなるのです。床の状態を見て張り替え時期を逃さないようにしましょう。

床リフォームの費用を安くするためのコツ

電卓とペンが置かれた見積書

床リフォームの費用負担を軽くするには、安価な床材を選択するのがポイントのひとつです。その点、クッションフロアはフローリングなどと比べて安く張り替えできる床材であるため、賢い選択といえるでしょう。

ほかには、各種工事を安く引き受けてくれる業者に依頼するのが安くするためのコツといえます。この点については、業者に対し見積もりを請求することによって、張り替え全体でかかる費用を把握することが可能です。

ただし、一社にだけ見積もりを請求しただけでは、その業者の料金が高いのか安いのかがわかりません。したがって、本当に安く張り替えをしてくれる業者を見つけるには、複数業者の見積もりを取得し、比較検討するいわゆる相見積もりが効果的です。

消費税

リフォームするなら増税前?増税後は大損!?【2019年消費税対策】

増税前の値段でリフォームできる条件とは?消費税の経過措置について リフ……続きを読む

床リフォームは一括見積もりがおすすめ

スマホを操作する女性

複数社の見積もりを取得し、その内容を比較検討する際に役立つのが、ネットの一括見積もりサービスです。このサービスには、以下のような多くのメリットが存在しているため、利用しない手はありません。

  • 無料、受付はメンテナンス時などを除き原則24時間365日
  • 一度の申し込みで複数者に見積もり請求できる
  • 利用しても必ずどこか一社と契約しなければいけないわけではない
  • 最安値、希望のプランを提案してくれる業者と出合いやすい

一社一社に対し、別々に見積もりを頼む場合に比べて時間や手間がかからず、多くの業者がサービスに登録しています。

自分で適当にアタリをつけて複数社に見積もり請求するより、安く良い提案をしてくれる業者が見つけやすいのが、一括見積もりの大きな魅力です。

リショップナビ

リショップナビは利用すべき?評判は?メリット・デメリット全まとめ

リショップナビとは? リショップナビは累計利用者数400万人を突破、毎……続きを読む

まとめ

キッチン周り

安価でカラー・デザインのバリエーションが豊富、お手入れも楽チンで防水性をはじめ、機能の面でも優秀なクッションフロア。コスパ重視で床リフォームをしたい方にとってはとくに、有力候補となり得る床材といえるでしょう。

ただ、通気性や耐熱性が良くない点、重い物を長く置くと跡が付く点など、デメリットがある床材でもあります。自分の家にとって本当にクッションフロアがベストなのか、業者の方と相談してみるのが床リフォームの失敗を避けるためには大切です。

そのほか、ここでは一括見積もりを推しましたが、見積もりを取得した際には内訳をしっかりチェックしましょう。記載のない追加費用がないかは必ず確認してください。これをすることは、業者とのトラブルを避けるためには欠かせません。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リショップナビのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ