LOADING

カーペットを張り替えたい方必見!箇所別に平均価格・費用相場を解説

リフォームで使用する床材をカーペットにしたとして、業者に依頼した場合の平均価格・費用相場はどの程度なのでしょうか。今回は部屋別の金額を含め、カーペットに張り替える際の費用をメインに情報をまとめました。

ほかにも、そもそもカーペットは床材としてどんな良し悪しがあるのかや、交換時期、工事内容などが気になっている方もいるでしょう。

ここでは、費用のことだけでなく床リフォームを検討している方にとって必要となる情報を網羅していますので、ぜひご一読ください。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リノコのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

カーペットを張り替え・交換する平均費用・相場

女性デザイナーとリフォームの相談

カーペットに張り替える床リフォームを行う際、業者に依頼する場合にはカーペットの商品価格に加えて、張り替え工事費用がかかります。

カーペットの商品価格はグレードや広さなどによって異なり、工事費用は内装リフォーム専門業者かどうかなどによって変わるのです。

まずはカーペットの商品価格についてですが、主に安さがウリのグレードであれば、6帖10平米の場合で20,000円程度します。これに対し、標準的なグレードの商品であればプラス10,000円ほどするでしょう。

さらに、高級のものだと100,000円程度のものもあります。次に工事費用ですが、6帖10平米の床リフォームを行う場合には、30,000~80,000円程度が相場です。

ここでワンポイント
内装リフォーム専門業者に依頼する場合には、相場の下のほうに近い金額で張り替えてくれるケースが多いといえるでしょう。

カーペットからフローリングにリフォームする費用

床暖房の付いた部屋

業者に依頼する場合、フローリングの商品価格のほか、張り替え工事費用やソフト巾木の取り替えのための費用が発生します。6帖10平米の床リフォームを行う場合には、大体100,000~140,000円の費用がかかると思っておくと良いでしょう。

なお、費用の内訳についてですが、標準的なタイプのフローリングを使用する場合として60,000~80,000円の商品価格が相場です。

これに30,000~40,000円の工事費用がかかり、ソフト巾木の交換費用として10,000円ほどかかるケースが多いでしょう。

カーペットのメリット

積まれたカーペット

床リフォームで張る床材として、カーペットを選択するメリットはいろいろとあります。

以下の内容をチェックして強みを把握し、ほかの種類の床材と比較してみることによって、また張り替えをお願いする業者の方と相談してみて採用するか決めましょう。

  • 防音性・遮音性・防滑性・耐衝撃性・保温性に優れている製品が多い
  • 耐火性・保温性の高い製品も出ている
  • 部分的な張り替えが可能
  • デザインのバリエーションが豊富

張り替えるにあたって、機能性を重視して床材を決めたい方以外にも満足しやすいのがカーペットのメリットです。

汚れた部分だけ張り替え可能なため、コストを削減したい方にも向いています。また、デザインの種類が多いため、高級感を演出したいなどの希望も叶いやすいでしょう。

カーペットのデメリット

ふわふわのカーペット

コストパフォーマンスに優れていたり、インテリアとしても活躍してくれたりするカーペット。さまざまなメリットがある一方で、押さえておきたいデメリットもいくつかあります。具体的には以下のとおりです。

  • 素材によっては水分を吸い込みやすい
  • ダニが繁殖しやすい
  • お手入れが大変

ただ、これらのデメリットについては、カーペットの選び方によって気になりにくくはなります。たとえば、次の機能を持つ製品を検討してみるのも良いでしょう。

  • はっ水加工機能付き
  • 防ダニ加工機能付き
  • 洗濯機で洗浄可能

高機能なものほど割高感は出てくるのは否めません。ただ、一度リフォームをすると長いあいだカーペットは使い続けることになるため、デメリットは少ないに越したことはないといえるでしょう。

【部屋別】カーペットに張り替える費用相場

見積書

部屋別、場所別で業者に依頼した場合のカーペット張り替え費用には違いがあります。リビングやダイニング、寝室を含む居室や和室、洗面所やトイレ、キッチンの水まわり、廊下や階段、玄関の相場について以下にまとめました。

居室(リビング・ダイニング・寝室)

6帖10平米の部屋で張り替えをする場合、カーペットの商品価格と工事費などすべて込みで、50,000円程度からリフォーム可能です。なお、もとの床材が何であったかによっても、張り替えにかかる費用相場は変わってきます。

既存の床材がカーペットやクッションフロア、フロアタイルやタイルカーペットの場合は安くおさまることが多いです。

これに対して、フローリングや畳の場合は高くなりやすいでしょう。とくに畳からの張り替えは100,000円以上からかかると思っておいたほうが良いです。

和室

畳で遊ぶ子ども

畳をカーペットに張り替える場合は相場がはね上がるのは先述のとおりですが、理由は張り替えに加え下地造作費用が発生するためです。6帖10平米の場合には、115,000円程度の費用がかかると思っておくのが良いでしょう。

多めの予算を組まなければいけないのは悩みどころではありますが、部屋の雰囲気はカーペットに変更することでガラリと変わります。ベッドルームとして、または子ども部屋として生まれ変わらせるのも良いのではないでしょうか。

キッチン

窓のあるキッチン

4帖7平米の張り替えの場合には、50,000円程度から床リフォーム費用がかかると思っておくと良いでしょう。なお、標準的なカーペットでは、水分を吸い込みやすいため、キッチンとの相性はあまり良いとはいえません。

そのため、はっ水加工機能が付いている製品にするのもおすすめです。それ以外には、カーペットは部分的に交換することができます。汚れが目立つようになったら、キッチンだけ張り替えるつもりでリフォームするのも悪くないでしょう。

洗面所

洗面所

洗面所の床材をカーペットに変更する場合には、大体キッチンと同程度の費用がかかると思っておくと良いでしょう。洗濯機パンの脱着が必要な場合には、プラス20,000~30,000円の費用がかかる可能性が高いです。

この場所も、カーペットの水を吸い込みやすい弱点については考慮しなければいけません。あえて洗面所にカーペットを敷くメリットとしては、保温性の高さが生きて床が冷たいのが気になりにくくなる点にあるといえるでしょう。

トイレ

トイレ

トイレに潜むリスクとして、急激な気温差による血圧の乱高下で脳や心臓に起こる健康被害のヒートショックがあげられます。トイレの中の冷えを少なくするのを目的に、あえてカーペットを選択する手もないわけではありません。平均費用は50,000円前後でしょう。

しかし、キッチンや洗面所の項目でも述べたように、カーペットは水を吸収しやすいのが欠点です。トイレに敷くのであればはっ水加工機能付きの製品や早いサイクルでの張り替え、こまめなお手入れが必要になるでしょう。

玄関・廊下・階段

玄関の床

通る機会の多い場所であるため、足音が響きにくく転倒のリスクが低いカーペットとは好相性といえるでしょう。7平米を張り替えするとして、大体50,000円から床リフォーム費用がかかると思っておけば大きく外れることはないはずです。

なお、よく通るということは、それだけ傷むのが早くなる場所でもある点に注意しなければいけません。可能であれば、より耐久性に優れているカーペットを選択すれば、長い耐用年数が見込めるでしょう。

カーペットの張替えタイミングと工事の流れ

業者にデータを見せてもらう女性

使い方や製品のグレードなどの要素で変わってきますが、大体5~6年ほどが経過した頃がカーペットの張り替えタイミングといえるでしょう。床リフォームが必要なサインとして、以下の点があげられます。

  • カビやダニが繁殖した
  • 取り除けない汚れが付いた
  • 歩いたときの弾力感が失われている
  • 歩いたとき床の異音が気になる
  • 全体の色褪せが目立つ
  • 剥がれやほつれ、毛足の潰れがある

こうした問題があり、リフォーム業者に張り替えを決めた場合には、現地調査や正式な依頼を経て、次の手順で工事が行われるのが普通です。

  • 現状で張っている床材を撤去する
  • 新しい床材を敷き詰める
  • 新しい床材を固定する
  • 仕上げ

カーペットに張り替える床リフォームは、比較的工期が短い点が魅力のひとつです。絶対にというわけではありませんが、半日~1日程度で工事は完了し、歩きはじめることができます。

カーペットを張り替え費用を安くするためのコツ

チェックする虫眼鏡

カーペットのグレードを下げれば商品価格は抑えられます。また、内装リフォーム専門業者に依頼すれば割安になるケースが多いです。ただ、製品のグレードは機能性などを考えると落としたくない方もいるでしょう。

その場合は、いかに商品価格の値引きを受けたり工事費用を安く抑えられたりするのかが重要です。業者に依頼する際にはまず見積もりを請求しますが、一社だけの見積もりで依頼を決めてしまうと、その業者が本当に安いのかがはっきりしません。

そのため、複数の業者に対して見積もり請求をし、提示された内容を比較検討することをおすすめします。そうすれば、どこが他社と比べて安く、希望に合ったプランを提案してくれるのかがわかりやすくなるでしょう。

消費税

リフォームするなら増税前?増税後は大損!?【2019年消費税対策】

増税前の値段でリフォームできる条件とは?消費税の経過措置について リフ……続きを読む

カーペットのリフォームは一括見積もりがおすすめ

スマホを持ってオッケーする女性

複数のリフォーム業者から見積もりを取り、比較検討するのは相見積もりといいます。インターネットの一括見積もりサイトを利用すれば、複数社への見積もり請求が楽々できてしまいます。その理由を含め、メリットは以下のとおりです。

  • サイト内のフォームに一度だけ必要事項の入力&送信でまとめてサイトの登録業者に見積もり依頼が可能
  • 無料で利用可能、利用によるリフォーム業者との契約義務はなし
  • しつこい営業の心配が少ない

サイトには優良業者が登録されています。そのため、自力で探して複数社の見積もりを取ったけれど、すべてイマイチな業者をあたっていたという失敗が起こりにくいです。

床材の張り替えを検討している方は、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

リショップナビ

リショップナビは利用すべき?評判は?メリット・デメリット全まとめ

リショップナビとは? リショップナビは累計利用者数400万人を突破、毎……続きを読む

まとめ

カーペットが敷かれた書斎

音が響きにくく滑りにくい、さらにクッション性があり、保温性にも優れているなど高機能なカーペット。一部だけの張り替えが可能な点や、デザインの種類が豊富な点も、この床材の主な魅力に含まれます。

しかしその一方で、水分を吸い込みやすくダニが繁殖しやすいなどの弱点も持っています。どの場所に張るかは自分だけでなくリフォーム業者とも話し合って決めるのが得策といえるでしょう。

なお、相見積もりの際には内訳を十分に確認しましょう。見積もりに記載のない名目での追加費用が発生しないことは、必ず確認するのがトラブル会費のためには必要です。

あとで問題が見つかった場合の保証の有無も含め確認し、一括見積もりを利用してベストと思える業者に床リフォームを依頼しましょう。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リショップナビのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ