LOADING

お風呂

【箇所別】どこが一番高い?お風呂・浴室のリフォーム費用・価格相場

お風呂・浴室のリフォームでは、箇所別によって費用や価格も変わります。浴槽をリフォームするのか、バリアフリー化のために手すりを設置するのか、便利な機能を付けるのかなどでそれぞれ費用も違ってきます。

そこで箇所別のリフォーム費用・価格の相場を把握しておきましょう。相場を把握しておくことで予算を立てやすくなり、予算内でどんなリフォームが可能なのかも想定できるようになります。

箇所別のリフォーム相場を詳しく見ていきましょう。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リノコのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

【箇所別】お風呂・浴室のリフォーム費用・価格相場

電卓とペンが置かれた見積書

お風呂でリフォーム可能な箇所は、主に以下の部分が挙げられます。

  • 浴槽
  • シャワー・シャワーヘッド
  • 浴室暖房乾燥機
  • 追炊き機能
  • 手すり
  • 浴室ドア
  • 水栓
  • 床・壁タイル
  • ジェットバス・浴室TV・浴室スピーカー
  • 給湯器交換
  • 浴室鏡

これらがお風呂のリフォームをする時の対象となるわけですが、それぞれでリフォーム工事の内容も変わりますから費用や価格も変わります。

大事なことは相場を理解しておくことで、相場を踏まえて見積もりの結果をチェックすれば、リフォーム費用を最小限に抑えることも可能です。

少し暗めのお風呂場

【お風呂・浴室】リフォームの平均相場は?価格&費用を安くするコツ

お風呂・浴室リフォームの価格帯・平均相場 お風呂や浴室のリフォームはど……続きを読む

浴槽(種類別)

バスタブ

浴槽のリフォームはもっとも費用が高くなる1つです。まず大きく分けて以下のどちらのリフォームをするかがポイントです。

  • ユニットバス
  • 在来工法

ユニットバスは浴槽だけでなく、浴室全体がセットになっているため、お風呂全体のリフォームとなるケースが多いですが、在来工法は浴槽のみを交換するなど、自由度が高くなっています。

さらに在来工法は浴槽の種類が豊富で、FRP浴槽や木製の浴槽、人工大理石の浴槽など、種類によっても費用が変わってきます。費用の相場としてはユニットバスも在来工法も安いものなら50万円ほど、高いものなら100万円ほどになるでしょう。

浴槽のグレードにもよりますが50万円から100万円くらいの費用が必要になると想定しておくと、実際の価格から大きくかけ離れることは少ないはずです。

白いユニットバス

【浴槽種類別】在来工法とユニットバスのリフォーム価格・費用一覧!

お風呂の在来工法とユニットバスの違い ユニットバスはシステムバスとも呼……続きを読む

シャワー・シャワーヘッド

シャワーヘッド

シャワー本体、もしくはシャワーヘッドを交換するリフォーム工事です。たとえば現在のシャワーだと水が出すぎているので、節水のために新しいシャワーに交換するといった内容が主なリフォーム内容です。

シャワー本体やシャワーヘッドともに相場としては1万円から3万円ほどで、両方を交換するとしても高くて6万円程度ということになります。工事としても簡単なため、人件費なども最小限で、お風呂のリフォームとしてはもっとも安い費用です。

浴室暖房乾燥機

白いユニットバス

浴室暖房乾燥機はいくつかの機能を持っていて、天井裏に取り付けるのが一般的です。浴室暖房乾燥機の機能は以下の通りです。

  • 暖房
  • 換気
  • 洗濯物の乾燥

これら3つの機能を1つで果たしてくれる便利なものなのですが、リフォーム費用はそれほど高くはありません。約7万円から9万円くらいが相場で、10万を切る価格で浴室内に設置できることも珍しくないのが特徴です。

冬場に浴室が寒くなってしまう地域や、湿度が高くしっかり換気したい地域の家庭で人気を集めています。

追炊き機能

大理石を使ったユニットバス

追炊き機能があると、一度冷めてしまったお湯を再び温めることが可能になるため、家族で入浴時間がバラバラだという家庭などで便利です。最近では追炊き機能が付いたお風呂も多いのですが、リフォームする場合はオプションとして別途費用がかかります。

追炊き機能の相場は3万円から4万円ほどで、5万円を切るタイプが一般的です。機能などによっては相場を超えることがありますが、いずれにしても4万円ほどの価格になると想定しておくと予算も考えやすくなります。

手すり

手すりのついたユニットバス

手すりは主にバリアフリー化のためのリフォームで選ばれます。手すりに捕まることができるようになるため、高齢の方でも入浴しやすくなり、同時に介護が必要な場合は介護者の負担も軽減されます。

手すりの相場は手すり1本単位で考えるのが一般的で、1本あたり約1万円が相場です。手すりの数によって最終的な価格が決まります。手すりを設置する場所などは価格にほとんど影響せず、あくまでも数が重要です。

あらかじめ何本の手すりが必要かを検討しておきましょう。

浴室ドア

ドアノブ

浴室ドアは大きく3つの種類に分かれます。

  • 開き戸
  • 中折れ戸
  • 引き戸

以上の3つで、これらいずれかのタイプに交換することになります。それぞれで価格相場も違っていて、開き戸なら5万円ほど、中折れ戸なら6万円ほど、引き戸なら10万円ほどが相場になります。

各タイプで大きな違いはありませんが、引き戸のみ若干高めの価格になっているので注意してください。

ここでワンポイント
浴室ドアだけでなく、ドアの外枠も一緒にリフォームする場合は、上記の相場に5万円程度が上乗せした額が相場となります。

水栓

シャワータイプの水道

シャワーも水栓の1部と考えられますが、シャワーだけでなく水栓全体をリフォームする場合の費用・価格です。さまざまなタイプの水栓がありますが、価格はそれほど変わらず、ほぼ同じくらいの相場でリフォーム可能です。

相場としては2万円から3万円程度で、水栓を交換するだけならリフォーム費用もかなり安く済みます。自分で交換作業を行うことも可能ですが、やはりトラブル防止などを考えるとプロの業者に任せた方が安心できます。

床・壁タイル

明るいユニットバス

床や壁のタイルの張替え作業は、どちらも工事内容としては似ていますが、床か壁かで費用の相場も違います。まず床のタイル張替えの相場ですが、こちらは6万円ほどでできるケースが多くなるでしょう。

一方で壁のタイル張替えは10万円ほどが相場で、床よりも少し高めの費用が必要になると考えておきましょう。床よりも壁の方が総面積は広くなるので、その分だけ作業も多くなりそれが価格に反映されている形です。

床と壁を同時に張り替えるケースも多く、そうなると16万円くらいが相場になります。

お風呂の床

【お風呂の床】リフォームにかかる費用・相場・床材選びのポイント!

浴室の床リフォームにかかる費用・平均相場 お風呂の床リフォームに要する……続きを読む

ジェットバス・浴室TV・浴室スピーカー

テレビの付いたお風呂

現在の浴槽にジェットバスを取り付けたり、浴室用のTVやスピーカーを設置するのもリフォームの1つです。ジェットバスと浴室TVは相場がほぼ同じで、12万円から14万円ほどとなっています。

相場より安いタイプもありますが、平均的な価格としては10万円を超えると想定しておくのが無難です。浴室スピーカーはこの2つよりも相場が安く5万円ほどとなります。

普段の入浴をより快適にするために優れたアイテムですので、リフォーム人気も高まっています。

給湯器交換

給湯モニター

お風呂に欠かせない給湯器の交換リフォームの相場は、10万円から35万円ほどと、かなり幅が広いのが特徴です。それだけ種類が多く価格もバラバラなのです。給湯器の交換を行うなら、予算に応じて最適な種類を選ぶように心がけましょう。

給湯器は種類によって省エネ性能が違うのですが、省エネ性能に優れたものほど高品質ということで価格も上がります。

給湯器の交換にかかる費用は上がってしまいますが、省エネなほど今後の費用を抑えられるので、性能と価格のバランスが大切です。

浴室鏡

少し暗めのお風呂場

浴室鏡のリフォームは鏡の種類が価格に大きく影響します。鏡の種類としてはサイズで2種類、形状で3種類に分けられます。まずサイズです。

  • 全身が写る大型サイズ
  • 半身が写る小型サイズ

このサイズごとの種類に加え、形状の組み合わせで鏡の種類が決まります。

  • 角形
  • アーチ形
  • 丸形

サイズについては、大型サイズの方が高く、形状については丸形がもっとも高くなります。そのため大型サイズで丸形の形状だと5万円近くの費用になるケースもありますが、これは費用が高い場合の1例です。

相場としては2万円ほどの費用で、鏡のサイズや形状によって相場を基準に価格が変動するようなイメージです。

お風呂リフォームの費用を安くするためのコツ

業者同士の比較

お風呂のリフォームにかかる費用を安くするコツとしては、使用する部材の品質を落とすことが一般的です。たとえば浴槽の交換をするなら、機能性を多少犠牲にしても安い浴槽を選んだり、シンプルな浴槽を選ぶことで費用を抑えられます。

これはどの箇所にも言えることで、できるだけ安い部材を選べばリフォーム費用も安くなります。また、リフォームではプロの業者に工事を行ってもらうため、その工賃や人件費を下げる工夫も求められます。

業者と交渉して値切る方法もありますが、それよりはそもそも安い価格でリフォームしてくれる業者を見つける方が確実でしょう。たくさんあるリフォーム業者の中から、可能な限り安い価格で工事してくれる業者を探せばリフォーム費用を下げられます。

お風呂のリフォームは一括見積もりがおすすめ

サラリーマンのチェック

お風呂のリフォーム費用を下げる方法として今人気なのが一括見積もりです。一括見積もりを利用すると複数のリフォーム業者に一括で見積もり依頼が可能です。個別に見積もりを依頼する手間が省けるのもメリットですが、価格を安くするのにも役立ちます。

というのも、各業者とも顧客を獲得したいと思っていますから、他業者に負けるわけにはいきません。一斉に見積もりを開始するとなれば、できるだけ安い価格を提示して顧客に自分たちを選んでほしいと考えます。

結果的に本来よりも安い価格でリフォームしてもらえることが多く、こちらとしても見積もり結果を比較すれば良いだけなので簡単です。一括見積もりを利用するだけでリフォーム費用を安くできる可能性がありますので上手に使いこなしましょう。

まとめ

バスタブ

お風呂は必ずしも浴室全体をリフォームするとは限らず、特定の箇所だけをリフォームすることも珍しくありません。箇所別の費用や価格の相場を理解してけば、自分の希望するリフォームにいくら必要なのかを想定できるようになります。

気をつけるんだ!
箇所によっては安い価格でできる場合も、高い価格になってしまう場合もありますので注意しないといけません。

いずれにしても極力費用を安くするように工夫しなければなりません。そこで便利なサービスが一括見積もりです。

一括見積もりなら複数のリフォーム業者の価格を比較できて、簡単に最安値でリフォームしてくれる業者を見つけられます。見積もりを詳しくチェックすることで信頼できるかどうかも判断できるようになります。

お風呂のリフォームを考えるならまずは一括見積もりから始めてみましょう。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リショップナビのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ