LOADING

トイレッド トイレ

絶対に知っておきたい!トイレの内装リフォームの平均費用と注意点!

床や壁紙を交換したり、照明を変えたり、手洗いをつけてみると言った、内装のリフォームをすることで、トイレの雰囲気や利便性を大きく変えることができます。

便器や便座の交換は専門家でないと難しいですが、簡単な内装のリフォームであれば、自分たちで行うことも不可能ではありません。

業者に任せる場合でも、便器の交換ほどお金がかかるものではないので、トイレリフォームの選択肢の一つとして考えてみる価値はあります。

なお、トイレのリフォームを業者に依頼するときの“おすすめ方法“を先に少しだけ話しておきます。

自分で優良業者を探したり、一社ごとに見積もり請求をしたりするのは大変な手間ひまです。

そのため、一度に複数の業者の見積もりが手に入る『一括見積もりサービス』を利用することをおすすめします。

最安値のリフォーム料金で、なおかつ、しっかりリフォーム工事をしてくれる優良業者を探すなら、この方法をぜひ試してみてください。

▼一括見積もりを詳しく見る▼

トイレの内装リフォームするのにかかる費用

虫眼鏡とお金

トイレの内装リフォームは、どこを変えるかによって費用が変わってきます。床や天井、壁などまとめてリフォームする場合、5万円もあれば、かなりよいリフォームができると言われています。

一般的に、内装のリフォーム費用は、トイレが広いほど費用が高くなると言われています。ですが、1つの相場として、床の張り替えであれば2~3万円、天井や壁の張り替えも2~3万円をみておくと良いでしょう。

ここでワンポイント
天井や壁、クロスなどは使用する材料によって値段がかなり変わってきます。

スタンダードな壁紙や黒須であれば、1平方メートルあたりで、1,000円前後が相場ですが、機能性の高いものを使用する場合には、そこからさらに値段が上がって、1,500~2,000円は見ておく必要があるでしょう。

トイレの雰囲気を大きく変えるという場合、壁紙や天井、床などをまとめて変えるほうが統一感が出てきます。複数の箇所を一度に変える場合、プロのリフォーム業者に任せるほうが無難です。

業者によって見積金額には結構な違いがあるので、できるだけ内装リフォームの費用を抑えたい場合には、複数の業者に一括で見積もりを出せるサービスを活用すると良いでしょう。

ここでワンポイント
複数の業者に見積もり依頼を簡単に出すことができるので、料金も含めて、一番ピッタリくる業者を選びやすくなります。

内装リフォームの箇所

トイレ

内装リフォームを行う個所は、主に床、壁紙がメインとなります。他にも天井を張り替えたり、照明を変えてみたり、手洗いをつけてみるなども内装リフォームの箇所に含めることが可能です。

トイレのリフォームを行う場合、内装も一緒に変えたほうが良いのは、便器や便座だけ新しくなっていても、内装が汚れていては違和感が出てきてしまうからです。

特に、トイレの床や壁などは、汚れがついたりして、劣化しやすいですので、便器などを変える時に一緒に変えるほうが良いということになります。

ここでワンポイント
便器のリフォームと比べると費用を抑えることができます。

内装のリフォームに共通して言えることは、清潔感を重視して素材を選ぶという点に尽きます。トイレというのは、常に水気があって、家の中でも汚れやすい場所です。

なので、汚れがついても落ちやすかったり、掃除がしやすいような素材であるということは、内装リフォームの素材選びにおける外せないポイントと言えるでしょう。

トイレの床材・どう選ぶ?

床をきれいにする

トイレの床は内装の中でも非常に汚れやすい部分です。汚れの付きやすさで言うなら、便器の次に来るはずです。そのため、汚れづらく掃除がしやすい床材を選ぶのが基本です。

男性が使用する場合、どうしても小用を足すときに便器の外にはねてしまう可能性があるため、床材は耐水性があるだけでなく、アンモニアにも耐性があるものを選ぶ必要があります。

フローリングなどの木製の場合には、尿が跳ねるとシミになってしまいやすいですし、においが取れなくなる可能性があるので、衛生面などを考えると、避けたほうが無難と言えるでしょう。

ここでワンポイント
トイレの床材に良いものとして、水に強いクッションフロア、もしくは、フロアタイルなどがあります。

これらの床材や大理石やフローリングなど、いろいろなデザインのものがありますので、床材で悩んだ時にまず候補とすると良いでしょう。

トイレによく用いられる磁器製のタイルは、吸水性が低いため床材としては優れていると言えます。ただ、冬場は非常に冷えやすくなるので、その点を考慮して活用するほうが良いでしょう。

トイレの壁紙・どう選ぶ?

扉

トイレの壁紙で定番となっているのがビニール製のクロスです。ビニールクロスにはいろいろなデザインがありますし、掃除もしやすいなどトイレの壁紙にぴったりと言えます。

しかも、掃除しやすいだけでなくその他にも様々な機能を持った壁紙があるため、壁紙選びはいろいろな選択肢が考えられます。

汚れがつきにくいものや、防カビ機能がついたもの、消臭機能がついたものなど、こういった機能性壁紙は、通常の壁紙と比べると値段は高くなります。

ここでワンポイント
その値段だけの効果はあるため、導入を検討してみる価値はあると言えるでしょう。

また、トイレの内装の中で、一番目につきやすいのが壁紙です。そのため、デザインにこだわったおしゃれな壁紙を選択するのも悪くありません。トイレの内装の雰囲気に大きく影響を及ぼすのが壁紙だからです。

便器の色と合わせて、黒などのシックな色で統一してみたり、柄の描かれている楽しげな壁紙を選択してみるなど、内装リフォームの中で遊び心を発揮できる部分なので、一番楽しい部分かもしれません。

中でも自由にデザインを変えたいという場合、無地の機能性壁紙にして、そこにトイレの内装用のステッカーを張っていくというのもおススメです。

ここでワンポイント
これだと好きなキャラクターに囲まれたトイレを演出したり、飽きてきたら剥がしてしまえばいいだけなので、壁紙ごと変える場合と比べて、非常にお手軽です。

トイレの空間・雰囲気をよくしよう

トイレ

日常生活の中で、トイレで過ごす時間というのはそれほど長いものではありません。

しかし、良いアイデアが浮かぶのは、寝床、風呂の中、トイレの3か所だと言われるように、日常生活の中で、ゆったりリラックスして過ごせる数少ない場所ということもできます。

そのため、内装にこだわった材料を使うことによって、雰囲気を大きく変えることも可能です。例えば、壁を珊瑚の漆喰に変えてみれば、トイレとは思えないようなおしゃれな空間を演出することができます。

ここでワンポイント
また、リフォームの材料として無垢の木を使うことで、ログハウスにいるようなトイレを作ることも可能です。

こういった雰囲気を変えるためのリフォームは、事前にこういった感じにしたい、といったイメージがとても大事です。

イメージがしっかりとできていないと、業者に適切な指示を出すことができず、仕上がりも満足のいくものとなりません。

ネット上には雰囲気の良いトイレの画像が検索するとたくさん出てきます。こういった画像を利用して、どういったトイレにしたいのかの、イメージ作りに役立てると良いでしょう。

照明やペンダントライトをつける

照明

トイレの照明を変えることによって、雰囲気を大きく変えることができます。照明の種類を変えたり、位置を変えることによって雰囲気がガラッと変わります。

一般的な家庭のトイレだと、天井にある天井照明が普通となっています。天井から全体をまんべんなく照らすことができるため、メインで用いられています。

この天井にある照明の位置を壁に変えると雰囲気は大きく変わります。

ここでワンポイント
そのために工事が必要になるので、ハードルは少し高いですが、位置が変わるだけで、トイレの雰囲気も大きく変わるものです。

また、トイレの照明をペンダントライトに変えるというのも1つの方法です。ペンダントのようにぶら下げる形のペンダントライトに照明を変えるだけで、雰囲気はかなり変わります。

いろいろなデザインのものがありますので、演出の選択肢が広がるのも大きな利点と言えるでしょう。

デザインにこだわる

壁塗り

トイレの内装のリフォームは機能面を高めるだけでなく、雰囲気をガラッと変えられる利点が大きいです。

雰囲気を大きく変えたいなら、どういった雰囲気のトイレにしたいのか、そのイメージをハッキリと持つことが重要です。

トイレの内装リフォームを考える場合、トイレをどういった空間にしたいのか、そこを明確に決めることが最初にして最大の課題となります。

ここでワンポイント
この部分が決まれば、あとは、業者を決めるだけで話は進んでいきます。

ただ、どういったトイレにしたいかというのを、詳細にイメージするのは、デザインの素養やセンスがないと難しいのも事実です。そういった方面が疎い人の場合、ベースの色を決めてしまうというのが有効です。

基本的に、落ち着けるトイレというのはシンプルで統一感のあるデザインになっているのが普通です。

そして、そこには必ず、メインとなる色が存在しています。なので、どういった色をベースにリフォームしたいのか、そこを決めるだけでも、かなり話は進みやすくなるはずです。

トイレの雰囲気に悩むとき

風呂とトイレ

トイレをできるだけ広く感じたい、明るく感じたい場合は、白っぽい色が良いです。白は膨張色で、光を反射しますので、白っぽい色だと明るく広い雰囲気が得られます。

気をつけるんだ!
ただ、真っ白の壁だと尿などが飛び散ったときに非常に目立ちやすく、また汚れがついた場合でも、目立ちますので、真っ白ではなく白っぽい色のほうが良いでしょう。

一方、落ち着いた雰囲気にしたい場合は、黒やこげ茶などのダークトーンが向いています。黒は収縮色ですので、トイレの空間が引き締まり、落ち着いた雰囲気にすることができます。

一つの色で内装が統一されるというわけではありませんが、どういった雰囲気にしたいか悩んだ時に、色を決めるというのはとても有効です。

トイレリフォームに強い業者なら一括見積りがおすすめ

パソコン

トイレリフォームの業者を探すなら、一括見積もりサービスを活用してください。これはそのままのサービスで、複数社へ一度にリフォームの見積もり請求を出せるサービスです。

専用のフォームに必要事項を入力して送信をすれば、それぞれのリフォーム会社から見積もりが送られてきます。より細かいところまで詰めるために連絡もくれるので、請求さえしてしまえば後は受け身のままで進められるのです。

各リフォーム会社も最初から競争することが前提なので、見積もり結果もかなり力を入れたものが送られてきます。納得のできるリフォームをするためには、しっかりと情報を集めて比較し、その上でベストな選択ができるようにしてください。

【当サイトおすすめ】リフォーム前に
利用すべき一括見積もりサービス2選
リフォーム前に試すべき2つのサービス

リフォーム前に必ず以下2つの一括見積もりサービスを利用してください。

なぜなら、リフォームには定価がないからです。適正価格を知るためには複数の見積もりを比べるしかありません。

各リフォーム会社に問い合わせて見積もりを取るのは大変です。以下のサービスなら一瞬で複数社に見積もり依頼、相場もわかり優良会社を紹介してくれます。

【リショップナビ】
累計利用者10万人突破の一括見積もり
リショップナビ
  1. 提携業者1500社
  2. 厳格な審査基準をクリアした会社のみ提携
  3. カンタン30秒で"最安値"がわかる(無料)

リフォーム一括見積もりといえば「リショップナビ」と言われるほど有名なサービス。提携業者は厳格な審査基準をクリアした優良リフォーム会社1500社なので安心です。

実際に利用した結果、当初のリフォーム費用より21万円も安くなりました。

万が一の保証のために「安心リフォーム保証制度」まで完備。リフォームで損しないために、安心して利用できるリショップナビを必ず活用しましょう。

リショップナビ
公式サイトはこちら
【リノコ】
無料&匿名で見積もり相場と優良業者がわかる
リノコ
  1. 自宅近辺のリフォーム適正価格が"10秒でわかる"
  2. 厳しい基準をクリアした優良施工店のみ紹介
  3. 1日の利用人数を制限するほどの人気サービス

自宅近辺で優良施工店を探すなら「リノコ」以上のサービスはありません。

「仕上がりが悪い」「追加請求がきた…」などトラブルが多いリフォーム。リノコなら厳しい基準をクリアした優良施工店のみ、また適正価格の"定額料金"なので追加費用は一切ありません。

安心・安全かつ無料&匿名で利用できるリノコは必ず利用してほしいサービスです。下記の無料診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

まとめ

風呂

トイレの内装リフォームを行うと、トイレの空間の雰囲気を大きく変えることができます。

本格的な住宅のリフォームと比べると、かなり費用を抑えて行うことができるため、非常におススメ度が高いです。

ここでワンポイント
トイレの壁紙はネットで探すとユニークなものがたくさん出てくるため、そういったものを購入して、DIYでやるという選択肢もあります。

トイレの便器が傷んでしまって交換するから、ついでに内装も変えてしまいたいとか、壁紙や床材が傷んできた場合などは、内装を変える良いタイミングと言えるでしょう。

コメントを残す

ページの先頭へ