LOADING

キッチングリーン キッチン

【これで安心】totoのキッチンリフォームにかかる費用と特徴!

キッチンのリフォームというとPanasonicやクリナップなど多くのメーカー名を思い浮かべますが、その中でもダントツ人気があるのがtotoです。

totoはトイレのメーカーと誤解している人が中にはいますが、totoは水回りに関するあらゆる知識を活かして、斬新で使いやすいキッチンを沢山提供してくれています。それではtotoのキッチンの魅力を探っていきましょう。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リノコのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

totoのキッチンにリフォームするのにかかる費用

キッチンのリフォーム

いきなりtotoのキッチンリフォームの費用についてお話しますが、totoには後述するようにミッテクラッソという二つの主力商品があり、どちらの路線を選ぶかによって、大幅に費用が変わってきます。

  • シンプルなデザインで好むのならミッテで費用は50万円~です
  • 自分好みにアレンジしたいならクラッソで費用は80万円~です

上記は本体のみの価格であり、さらに工事費用がかかりますから、実際の費用はリフォーム業者によって異なってきますし、リフォームをする場所によっても大きく費用は変わってきます。

例えばマンションのように間取りや使用できる設備が制限されているのであれば、自ずと費用が変わってきますし、キッチンの場所を大幅に変更するのであれば、配管等を全てキッチンに合わせて移動させる必要がありますから、費用が上乗せされてしまいます。

まずは自分がどのようなリフォームをしたいかを見極めて、リフォーム業者と一緒にtotoのショールームに足を運んで実物を見てから費用を見積もってもらう方が確実です。

費用が思った以上にかかりそうであれば、素材のグレードを下げるなどの方法がありますから、まずは自分の希望をリフォーム業者に伝えてください。

totoのオススメ・特徴

TOTO
(画像出典:https://jp.toto.com/)

totoというとトイレのイメージが強いですが、実は水回り全般にとても強く、機能的でデザイン性に優れた商品を多く展開しているので、大変人気があるメーカーです。

キッチンも機能的で使い勝手をとことん考えたものが設計・販売されているので、totoのキッチンを選んで良かったと実感している人が多いです。

後述するtotoならではのこだわり機能は実際に奥様方の意見をベースに開発されているので、他のメーカーに比べて圧倒的に使いやすいという評判です。

まずtotoのショールームに行って実際に現物を見てから、リフォームの内容を決めようという方が多くいらっしゃいます。

タッチスイッチ水ほうき水栓とエアイン機能


水に空気を含ませて水の粒を大きくしてから、水を流すエアイン機能になっているので、なんと約35%の節水を実現できます。

また水栓が斜め下方に傾いた形状になっており、そこからほうきのように水が噴射されるので、一度に広範囲に水が当たるようになっているので、効率よく洗い物が出来るでしょう。

さらに水栓に軽くタッチするだけでお水が出るようになっているので、手が汚れていてもすぐにシャワー状の水を流す事が可能です。

前述のエアインシャワーと組み合わせれば、さらに節水効果が上がって、約41%の節水効果、年間にすると約16,200円も水道代を節約する事ができます。

滑り台シンク


シンクの中の排水口は一般的にシンクの一番奥の真ん中にありますが、toto独自開発の滑り台シンクの排水口はシンクの左隅に寄せられています。

シンク自体に約3度の傾斜がついているので、水を流すことで、調理をしていて出たゴミが自然に排水口に流れるようになっています。排水口が隅に寄ったおかげで、調理スペースが広がりますし、また生ゴミが排水口に流れる時間が圧倒的に短縮されます。

例えば、お茶殻を排水口に流す実験をした際に、従来のシンクでは約28秒かかっていたものが、滑り台シンクの場合はなんと約19秒で排水口まで流す事が出来ました。

ここでワンポイント
たった9秒の短縮と思うかもしれませんが、お茶殻ではなく、他の食品でさらに多くの量を排水口へ流す事を考えれば、調理時間の大幅な短縮に繋がる事がお分かりになるでしょう。

滑り台シンクの排水口には受け皿がついているので、ゴミが溜まったら、受け皿を取り出して、そのままゴミを捨てるだけで良いので、とても簡単にお掃除が出来ます。

一家の食事が終わっていざ生ゴミの処理をする時、疲れていると面倒に思いがちですが、この受け皿がついていると楽に生ゴミ処理が出来るので大変便利です。最近は共働きのご夫婦が多いので、時短が出来るアイテムを選んだ方がストレスフリーになるのでおすすめです。

キレイ除菌水

キレイ除菌水
(画像出典:https://jp.toto.com/products/kitchen/crasso/feature/05.htm)

キッチンは生野菜や生肉などを使いますから、自分や家族の健康のために常に衛生的に保ちたいものですよね。totoでは薬品などを使わずに水道水に含まれる塩化物イオンを分解して次亜塩素酸と呼ばれる除菌成分を含む水を作り出す「キレイ除菌水」を開発しました。

こちらの除菌水をまな板やカウンターの上、排水口などのお手入れの際に使うことで、簡単に衛生的な状態を保つ事ができます。実はこのキレイ除菌水はtoto社のトイレでも採用されており、社員からもかなり好評の機能なのです。

キッチンを衛生的に保つために色々な薬剤を使用するのも良いのですが、まずはお手入れに使うお水から、考えてみてはどうでしょうか。

傷がついても落とせるクリスタルカウンター

クリスタルカウンター
(画像出典:https://jp.toto.com/products/kitchen/crasso/parts/counter.htm)

キッチンは毎日使う所ですし、包丁や鍋など色々な調理器具を使うので、どうしてもキッチンのカウンターには傷がつきやすいものです。

気をつけるんだ!
キッチンを新調しても、数年経てばそこかしこに傷がついてしまいます。ここも考えないといけません。

totoのクリスタルカウンターなら、スポンジ等で磨くことで擦り傷を綺麗に直す事ができます。キッチンは清潔感が第一なので、いつまでも綺麗な状態に保てるなんて素敵ですよね。

totoのクリスタルカウンターはシンクと一体になっていて継ぎ目がないので、お掃除も楽ですし、熱にも強いので、いつも水晶のような美しいキッチンを保つ事ができます。

クリスタルスノー、ライトピンク、アクア、アイスブルー等、7つのカラーバリエーションがあるので、お好きな色のキッチンを選んでください。

totoオリジナルのA型プラン

任せてもらうサラリーマン

キッチンのレイアウトと言えば、L型やI型などが一般的ですが、totoではオリジナルのA型プランがあります。

キッチンの角スペースは一般的にデッドスペースになりがちですが、totoのA型プランはなんとそのデッドスペースになりがちな角の部分を有効活用するようにデザインされたキッチンなので、とても効率的に料理が出来ると大人気です。

Aの形の尖った部分がいわゆる一般的なデッドスペースなのですが、そこを作業スペースにして、その両サイドにシンクとコンロを配置しているので、動線が良く、作業がしやすいレイアウトになっています。

たくさん収納できて便利な「らくプル親子収納」


収納力の高さもtotoのキッチンが選ばれる理由となっていますが、その中でも最近注目なのが「らくプル親子収納」です。下の大きな引き出しを引き出すと、同時に中の小さな引き出しも手前に出てくるので、必要なものを同時に取り出せます。

例えば下に収納している鍋を引き出すと同時に、おたま置きも一緒に取り出せたら手間がかからないので楽チンですよね。

らくプル親子収納以外にもキッチンバサミやピラーなどの小物は「パックンポケット」と呼ばれるさらに小さな収納ポケットに入れておく事ができるので、取り出しやすくて便利です。

手を使わずに流せる!つま先らく押し水栓スイッチ


料理をしていて手が汚れてしまっていると、水栓を触りたくないものですよね。totoの主力商品であるミッテのキッチンにはキッチンの足元に「つま先らく押し水栓スイッチ」がついています。

汚れた手で水栓のレバーをひねる必要がなく、足元のスイッチを軽く押すだけで、簡単に水を出したり、止めたりする事が出来ます。水量の調節をする必要がないので、簡単に効率よく洗い物が出来ると好評です。

totoだから水栓も使いやすい

至近距離にある蛇口

水回りに強いtotoなので、水栓にはこだわりがあり、先ほどご紹介したタッチスイッチ水ほうき水栓やつま先らく押し水栓スイッチだけでなく、色々な種類の水栓が用意されています。

例えば、水とお湯を切り替える時に「カチっ」と音がするエコシングルは、シンプルなデザインでとても人気があります。また泡沫シャワーが自慢のミクロソフトは、ふわふわの優しいシャワー状のお水が出てくるようになっており、水はねしないように設計されています。

洗い物をする時や野菜を洗う時に、勢いよく水を出しすぎて、水が思いっきり自分にかかってしまったなんて経験がある人は多いと思いますが、そのような水はねがしない設計になっているので、汚れがひどい食器も汚れの飛び散りを気にせずに洗う事が出来て便利です。

またシンクのお掃除の時に大活躍するのがハンドシャワータイプで、隅々まで水を行き渡らせたい時にシャワー部分を引き出せるのでお掃除が楽に出来ます。

豊富なバリエーションの扉

茶色のナチュラルキッチン

totoのキッチンの魅力は、やはりカラーバリエーションが豊富であるという事でしょう。扉の色はなんと58種類から選ぶ事が出来ますから

リビングの壁の色やキッチンの床に合わせて色を選んだり、ポップで元気になれそうな色を選んだりなど、楽しく扉の色を選んでください。

totoのキッチンの扉は「UVマイスター塗装」と言って、色むらの無い、滑らかな塗装になっており、これが出来るのは一部の熟練職人だけです。

totoではキッチンの扉を1枚1枚UVマイスター塗装で行っており、その出来上がりはまさに芸術的ですから、キッチンに立つのが嬉しくなってしまいますよ。

人気の主力商品

チェックするビジネスウーマン

totoのキッチンに興味が湧いてきたら、主力商品を見ていきましょう。totoのキッチンは大きく分けて二つの種類がありますから、自分の希望がどちらに近いかを考えて選んでください。

ミッテ

ミッテ
(画像出典:https://jp.toto.com/products/kitchen/mitte/index.htm)

totoのキッチンでシンプルなデザインを重視したのがこのミッテです。マンションのように間取りや設備に一定の制限がある場所の場合に、どんな場所にでも設置できるような特別な部材を用意できる「マンションリモデルプラン」が用意されています。

もちろん一戸建てにも対応しており、様々な条件下でも施工ができるように配慮されていて、カラーバリエーションも豊富で、2種類の取っ手と合わせると合計68種類の組み合わせから選ぶ事ができます。

ミッテの場合は前述したようなタッチスイッチ水ほうき水栓やすべり台シンク、らくプル親子収納などはついておらず、518,000円からの提供となっています。

クラッソ

ザ・クラッソ
(画像出典:https://jp.toto.com/products/kitchen/crasso/index.htm)

ミッテと同様にtotoを代表するキッチンで、機能性が優れており、インテリアのような美しさを実現しているのが、このクラッソです。

ミッテよりもより自分好みにしたい人に向いていて、シースルー扉やプリント材などを使って、お部屋の雰囲気に合わせてキッチンをコーディネイトできる魅力が詰まっています。

クラッソの場合は、タッチスイッチ水ほうき水栓やすべり台シンク、らくプル親子収納などが標準装備されており、扉も58 種類のカラーから選ぶ事ができて、818,000円からの提供となっています。

お値段だけで見ると、ミッテよりも高いと感じるかもしれませんが、totoの技術をフル装備してある事を考えると、高いと感じないかもしれませんね。

totoのキッチンにリフォームした方の口コミ

家族で料理中

  • お手頃価格で使い勝手の良いキッチンにリフォーム出来た
  • ミッテを選んだおかげで複雑な形にも対応してもらった
  • マンションの規制もクリア出来た
  • 足元のスイッチが楽

など、みなさん満足している口コミが多いです。

まとめ

キッチンを見る業者

totoのキッチンは色々な優れたアイテムやカラーバリエーションがあるので、希望に沿わないものはなく、多くの人が満足しています。

totoのキッチンはお手頃価格でリフォーム出来る所も人気の理由で、憧れのシステムキッチンも50万円代から実現出来ます。もちろん仕様や素材によって費用は変わってきますから、リフォーム業者と相談して自分なりのキッチンを作りあげてください。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リショップナビのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ