LOADING

キッチングリーン キッチン

失敗しない!キッチンリフォームにかかる費用【メーカー別】

キッチンリフォームでは、キッチンの種類や工事の規模によって費用は大きく変わります。費用をかけようと思えば何百万円でも際限なくかかってしまうため、相場を知ることが大切です。

とはいえ、多くの人にとってキッチンリフォームは初めてでしょうから、業者に見積もりを出してもらっても、それが適正な料金なのかわかりにくいでしょう。

そこで、キッチンリフォームでの有名メーカー別の人気キッチンとその価格、住宅別やキッチンの箇所別における費用、少しでもリフォーム費用を安くするためにできることなどを見ていきましょう。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リノコのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

toto

TOTO
(画像出典:https://jp.toto.com/)

totoといえば、見た目に美しいシステムキッチンで定評があります。インテリアに合わせたシステムキッチンをお求めなら、真っ先に検討しておきたいところです。totoのシステムキッチンは独自の機能を備えているのが特徴です。

totoのシステムキッチンは、メーカー希望価格で約90万円からの「ザ・クラッソ」と、約75万円からの「ミッテ」の2種類に限定されています。

安さで選ぶなら「ミッテ」ですが、安いと言ってもカウンターはステンレスか人造大理石かを選べますし、扉のカラーバリエーションも豊富で高級感は十分です。

また、水ハネを防ぎながら大きな鍋でも洗いやすい「水ほうき水栓」という機能を備えています。つま先で簡単に水を止めたり出したりできるため、節水がしやすく経済的です。

リクシル

リクシル
(画像出典:https://www.lixil.co.jp/)

リクシルのキッチンは種類が豊富です。シンプルなデザインから意匠を凝らしたものまで住宅やライフスタイルに合わせて選べます。

キャビネットは大容量で収納に優れていますし、調理中にキッチン用品をサッと取り出すのに便利な小物ポケットが付いていたり、屈みこまなくても楽に鍋などを取り出せる設計になっていたりと、キッチンでの負担を軽減するための工夫が豊富です。

また、「くるりん排水口」という水を流すだけで汚れが簡単に取れる排水口や、「よごれんフード」というファンのお手入れが不要なレンジフードなどの機能も人気があります。そんな数あるリクシルのキッチンのなかで、特に人気が高いのが「リシェルSI」です。

748,000円のカスタムベーシックプランと943,000円のセラミックトッププランがあります。セラミックトップは重厚感があって高温のフライパンや鍋をそのまま置けるようになっているところが人気です。セラミック以外に人造大理石やステンレスも選べます。

パナソニック

パナソニック
(画像出典:http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/)

パナソニックといえば家電のイメージがありますが、システムキッチンにも高性能の製品を揃えています。

パナソニックのシステムキッチンの特徴は、商品開発時に女性社員の意見を積極的に採用したり、家庭の主婦にアンケートを取ったりして、実際にキッチンを使用する視点を大切にして設計されているところです。

そんなパナソニックのシステムキッチンで人気なのは、約79万円からの「ラクシーナ」です。このキッチンはカラーバリエーションが豊富なのが特徴で、シンクとカウンターに8色、ドアに45色と他メーカーより多く取り揃えています。

また、オプションではありますが、シンクを端から端まで自由にスライドさせることのできる「スラくるネット」というシンクが人気です。好きな位置にまな板を置けるのは、料理をする人にとってかなり使い勝手が良く感じるでしょう。

キッチンの箇所別でリフォームにかかる価格・費用

チェックポイント

キッチンリフォームでは、大きく分けると

  • 30万円以下
  • 30~150万円
  • 150万円以上

3つの価格帯になります。ただし、30万円以下の低予算でできるリフォームは、一部の入れ替えのみですから、全体を入れ替える場合は50万円ほどは見ていきたいところです。

キッチンを移動させるような大掛かりなリフォームでは150万円以上になることが多いでしょう。もちろんキッチンに使用する素材のグレードでも費用は大きく変わります。ステンレス製のキッチンは多いですが、最近では人造大理石も増えています。

ここでワンポイント
キャビネットもステンレス製や木製などの違いがあります。キッチンには水道、ガス、電気、換気のすべてが集まっており、家の中でも複雑な機能を受け持つポジションです。

キッチンの位置を変えるようなリフォームでは、表面的な変更だけでなく、壁の中や床下の給排水管や換気ダクトの工事が必要になるため、どうしても費用は高くなる傾向にあります。

また、床材や壁紙をついでに補修したいのであれば、それにかかる費用もプラスされることになるでしょう。いくらでも費用をかけられるのがキッチンですので、予算が限られているのであれば、

  • 絶対にリフォームしたいところ
  • できればリフォームしたいところ
  • 我慢できるところ

といったように優先順位を決めなければなりません。

リフォームの総額は、キッチンの価格だけでなく、工事費用、材料費、解体・撤去費用、その他の諸費用といった具合にいろいろ考えなければならない要素があります。

カタログで見たシステムキッチンが気に入ったとしても、そのキッチンの価格だけで費用が収まるわけではないことに注意してください。

住宅の種類別でキッチンのリフォームにかかる費用

電卓とペン

住宅の種類によってキッチンリフォームにも制限が加わります。持ち家の一戸建てであればリフォームの自由度は高いですが、賃貸物件であれば家主の許可が必要です。勝手に大幅なリフォームを加えると、後でトラブルになることは必至ですので注意してください。

一戸建てのキッチンリフォームの予算は、100~150万円は確保しておくとよいでしょう。マンションでは一戸建てより注意しなければならないことがあります。

マンションの規約で決められた範囲でしかリフォームできないのはもちろんですが、共用スペースに及ばない範囲でしかできないため、キッチンの位置を変えるような大掛かりなリフォームは難しいです。

また、エレベーターや玄関のスペースにも制限があるため、自分の部屋のことだけ考えていると、資材を部屋に運べないなどということになってしまう可能性もあります。さらに、近隣住人への配慮も欠かせません。

気をつけるんだ!
規約に違反していないし共用スペースにも侵入していないから大丈夫と思っても、リフォームでは工事などで業者の出入りが激しくなるため、住人への邪魔や騒音などに注意する必要があります。

マンションのキッチンリフォームの予算は、60~90万円がボリュームゾーンですが、一部機器の入れ替えだけなら30万円以下に抑えることも可能ですし、逆に、大掛かりな工事が必要であれば一戸建て以上にかかることもあります。

まずは実際に業者に自宅を見てもらって、リフォームの希望を伝えて見積もりを出してもらうよう頼みましょう。

キッチンリフォームの費用を安くするためのコツ

電卓

リフォームの費用は、業者によってはもちろん地域によっても異なります。大手のハウスメーカーと地元密着の工務店では経費の関係で価格が違いますし、お住まいの地価によっても差が出てくるでしょう。

そのため、同じ条件で工事を依頼しても、業者によって金額に差が生まれるのです。大手より地元密着型の業者の方が安くなる傾向にありますが、設備機器のメーカーと契約して独自のキッチンを製造しているハウスメーカーでは製品の費用は安くなることもあります。

いずれにせよ、相場がわかれば業者の比較も容易になりますから、その地域の相場を把握しておくことが大切です。場合によっては同じリフォームでも数十万円も変わってくることもあるので、1社の見積もりだけで決めないことが大切です。

いろんな業者を比較して依頼する業者を決めた後で、さらに費用を安くするなら最初のプランを見直すことも検討してください。

キッチンリフォーム一括見積もりを活用する

スマホとパソコン

キッチンに限らずリフォームを業者に依頼する際は、複数の業者から見積もりを取って比較して決めることが大切です。

ただ、業者に電話して希望するリフォームプランを伝えたところで、実際に見てみないことには具体的な金額は提示できないと言われるでしょう。住宅の面積や使用されている素材によって費用は大きく変わるため、当然です。

見積書は業者によって書き方が違うため、どの部分の工事にどのぐらいの費用がかかるかということまで細部に説明してくれる業者もあれば、「一式○○万円」と簡単にまとめる業者もあります。

そこで便利なのが、キッチンリフォームの一括見積もりです。同じ条件での見積もりを複数社から同時に出してもらうことができるインターネットのサービスですので、電話で問い合わせるような煩わしさがありません。

まとめ

キッチンの窓際にあるサボテン

キッチンリフォームはその種類や規模、施工業者によって大きく費用が異なります。予算と相談しながら相場も参考にしつつ、安く抑えられるところはないか検討してみましょう。

キッチンの価格だけで考えず、実際に工事してもらうまでの総額を考慮して予算を立てなければなりませんが、それには複数の業者に実際に見積もりを出してもらって比較するのが最善の方法です。そのためにも、ネットの一括見積もりサービスの利用をおすすめします。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リショップナビのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ