LOADING

キッチングリーン キッチン

【簡単すぎる】キッチンリフォームの費用を安くするためのコツ&相場

キッチンのリフォームには費用がかかります。なるべく安く抑えたいとは思っても、どのようにすれば安くなるのか不安に思うこともあるでしょう。業者に見積もりを取って判断するにしても、それが妥当な金額かどうか迷うこともあります。

一生に何回もすることのないキッチンリフォームですので、悩んでしまうのも当然です。キッチンリフォームはキッチンの種類や業者によって大きく費用が異なります。

そこで、なるべく安くリフォームするために注意しておきたいポイントを紹介しましょう。

なお、キッチンのリフォームを業者に依頼するときの“おすすめ方法“を先に少しだけ話しておきます。

自分で優良業者を探したり、一社ごとに見積もり請求をしたりするのは大変な手間ひまです。

そのため、一度に複数の業者の見積もりが手に入る『一括見積もりサービス』を利用することをおすすめします。

最安値のリフォーム料金で、なおかつ、しっかりリフォーム工事をしてくれる優良業者を探すなら、この方法をぜひ試してみてください。

▼一括見積もりを詳しく見る▼

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

キッチンリフォームの相場を知っておこう

電卓とペンでお金の計算

キッチンリフォームの相場はいくらぐらいか、ということはよく聞かれることですが、最小限でよいのなら30万円以下、良いものを目指す場合は150万円以上になります。キッチンリフォームの相場といっても目指すものによって費用に大きな差が生まれるものです。

リフォーム業者によっても相場は異なり、たとえば大手のハウスメーカーだと宣伝費など経費がかかるため料金設定はどうしても高めになるでしょう。一方、地元の工務店に依頼すればそれより安く収まる傾向があることは確かです。

業者の違いもそうですが、もっと大きいのがキッチンの種類です。I型、L型、対面型などのキッチンがありますが、さらにそれぞれの種類にグレードがあって、どの種類のどんなグレードにするかによって費用はかなり違います。

ここでワンポイント
相場といってもリフォームで目指すキッチンによって費用はバラバラですから、漠然と全体的な相場を調べるのではなく、具体的な種類を念頭に調べることが大切です。

今までのキッチンと同じタイプを選ぶ

L字型の綺麗なキッチン

上でも触れましたが、キッチンにはI型、L型、対面型、また最近ではアイランド型などタイプが分かれています。最も普及しているのがI型のキッチンで、キッチンの種類や価格の選択肢が多いのが特徴です。

L型も最近増えてきたキッチンのタイプで、コーナーがあるため、キッチンのスペースがそれに合っているかを確認しておかなければなりません。

最近の人気は対面型やアイランド型のキッチンですが、I型やL型からリフォームするには配管の場所が変わるために費用がかさむ傾向にあります。

I型から対面型などキッチンの場所まで変えるようなリフォームだとどうしても高くなりますので、費用をなるべく抑えるならこれまで使用してきたキッチンと同じタイプを選ぶことです。また、最新モデルより一つ前のモデルを選んだ方が割安になるでしょう。

全部ではなくて一箇所だけにする

料理中のダイニング

同じタイプのキッチンを選ぶにしても、全体を一新するとなると当然すべてを新しく購入することになるので、劇的に費用を抑えることは難しいです。

ですので、可能ならば現在使用しているもののなかでまだ使用できそうなものは、リフォーム後もそのまま使用するとよいでしょう。

たとえば、キャビネットはこれまでのものを使用し、シンクとワークトップだけ新しいものに交換するなど、部分的なリフォームができるなら大きく節約できます。

一箇所でも新しくなればキッチン全体の印象が大きく変わるため、予算が限られている場合には有効です。

アウトレットのシステムキッチンにする

白を基調としたダイニング

システムキッチンにもアウトレット品があります。アウトレットといっても誰かが使用していた中古のキッチンということではなく、展示品や旧型モデルなどを割安で販売しているものです。

最新モデルのシステムキッチンに新調するより、かなり費用が抑えられるでしょう。ただし、キッチンのサイズや仕様は変更できないことがほとんどです。

目指すリフォーム後のキッチンにぴったりのアウトレット品が見つかればよいですが、そうでないものを妥協して取り付けても後で不満を感じることにもなりかねません。また、アウトレットだと保証期間が短くなることもあるので注意してください。

キッチンの移動は控える

大理石のアイランドキッチン

キッチンを移動させるリフォームでは、どうしても費用がかさみます。キッチンには排水管がつながっていますが、それは床下に勾配を付けて配置されています。勾配を付けないと水の流れが悪くなり詰まりの原因になるからです。

勾配を付けるにはある程度のスペースが必要だということも覚えておきましょう。すると、キッチンを移動させるには当然排水管も移動させることになりますが、そのように勾配の付く形で配置し直さなければならないため、大掛かりな工事が必要になってしまいます。

リフォーム費用をなるべく安くするなら、移動せずにリフォームできないか考え直してみることも必要です。

キッチンの移動に伴う配管工事の費用がどのぐらいになるかは、住宅の種類や業者によっても変わりますが、20万円以上総額で変わってくるほど大きな要素です。移動しなくてもよいのであれば移動を控えるのが吉と言えるでしょう。

移動させたい場合は既存のシステムキッチンを流用

リフォームの設計図

現状の場所では不都合が多いためにリフォームでキッチンを移動させたい場合でも、安く抑える術はあります。キッチンの移動ではシステムキッチンを丸ごと買い替える人が多いですが、それをせずに現在使用しているキッチンを使えないか検討してみましょう。

システムキッチンは非常に高価で、対面型やアイランド型のキッチンを新たに購入するとなると、それだけで150万円ぐらいかかることもあります。

現在のキッチンを移動させて使用できるなら、費用で大きいのは移動させるための工事費のみですので、かなり安く抑えることができるでしょう。

【施主支給】キッチンを購入して取り付けを依頼

スマホを操作する女性

施主支給で費用を抑える方法もあります。施主支給とは、設備の発注を業者の代わりに施主である自分が務めるという方法です。自分で好きなキッチンを発注できるため、安いキッチンを探すことができれば、全体の費用をかなり抑えることにもつながるでしょう。

ただし、施主支給にはデメリットもあります。施工業者が担うリスクを自分で背負わなければならないため、不具合の発生時に困ったことになります。

製品自体に問題があるのか、工事に問題があったのかといったことで責任の所在をはっきりさせることができず、保証してもらえないケースも起こり得ることを覚えておきましょう。

また、業者によっては施主支給を受け入れてないこともあります。施主支給OKの業者を探す一手間も念頭に入れておきましょう。

キッチンリフォームを安く安心できる業者の見つけ方

青い服を着た業者

リフォーム業者にもいろいろあります。キッチンリフォームなら水回りのリフォームが得意な業者を見つけることが、費用を安く抑える早道です。なぜなら、キッチンリフォームが得意なために仕入れ価格も安くできる傾向があるからです。

逆に、水回りのリフォームをあまり扱っていない業者だと割高になる傾向があります。下請けの業者に工事を回されることもあるので、中間マージンが発生してしまうからです。安さを重視して探すと格安工事が売りの業者も見つかることはあるでしょう。

リフォームで考えるべきは工事費用だけでなく、その後のトラブルにも対応してくれるようなアフターフォローも忘れてはいけません。格安価格の広告を出している業者を見つけても、それだけでは安心できる業者とは言えないでしょう。

低価格に納得できる業者の特徴

他社より安いということはそれだけの理由があるので、なぜその価格が実現できるのかまで考えて選んでください。たとえば、低価格が納得できる業者には以下のような特徴があります。まず、少人数経営の業者です。

社長以下職人のみの業者なら、人件費を始め余計なコストがかからないため、低価格でリフォームを提供することが可能です。

また、水回りのリフォームに実績のある業者なら、安く仕入れるためのルートを確保しているために、他社より安く提供できるという納得の理由が見つかるでしょう。

そのほか、ショールームを持っていない業者や、施工対応のエリアが狭い業者など、コストが削減できる要素がある業者では、何でも広く請け負うという業者より低価格で提供できる傾向にあります。

一括見積もりサービスを使うのがおすすめ

スマホを持ってオッケーサインをする女性

安い業者を見つけたとしても、その1社に即決するのはやめましょう。なるべく多くの業者に相見積もりを取って、価格やサービスを比較検討して決めるべきです。たとえば、安い業者だと思って見積もりを出してもらった時に提示された価格があるとします。

その価格が実際に安いかどうかは、専門家でもなければ判断できません。しかし、それ以外に複数の業者に同じ条件で見積もりを出しておけば、それらの価格を参考に、最初の業者が本当に安いかどうか判断できるというわけです。

リフォーム費用に相場はあるといっても定価はありませんから、業者の言い値で決まってしまいます。そのため、少なくとも2社、できれば3社以上の見積もりを取りましょう。

気をつけるんだ!
3社以上から相見積もりを取ると言っても、自力で行うのはたいへんです。3社から見積もりを取るなら、3社にいちいち連絡して見積もりを依頼しなければなりません。

ネットから見積もりを依頼できるとしても、1社ずつ個人情報を入力するのは不安もあるでしょう。そこで、おすすめなのが一括見積もりサービスです。

ネットの一括見積もりサービスを使えば、一度必要な項目を入力するだけで複数の業者に一斉に見積もりを依頼することができます。

個人情報をあちこちで何度も入力するような必要もないため、セキュリティーの面でも安心です。見積もりの依頼に余計な手間をかけなくて済む方法なので、キッチンリフォームの際は一括見積もりサービスをおすすめします。

【当サイトおすすめ】リフォーム前に
利用すべき一括見積もりサービス2選
リフォーム前に試すべき2つのサービス

リフォーム前に必ず以下2つの一括見積もりサービスを利用してください。

なぜなら、リフォームには定価がないからです。適正価格を知るためには複数の見積もりを比べるしかありません。

各リフォーム会社に問い合わせて見積もりを取るのは大変です。以下のサービスなら一瞬で複数社に見積もり依頼、相場もわかり優良会社を紹介してくれます。

【リショップナビ】
累計利用者10万人突破の一括見積もり
リショップナビ
  1. 提携業者1500社
  2. 厳格な審査基準をクリアした会社のみ提携
  3. カンタン30秒で"最安値"がわかる(無料)

リフォーム一括見積もりといえば「リショップナビ」と言われるほど有名なサービス。提携業者は厳格な審査基準をクリアした優良リフォーム会社1500社なので安心です。

実際に利用した結果、当初のリフォーム費用より21万円も安くなりました。

万が一の保証のために「安心リフォーム保証制度」まで完備。リフォームで損しないために、安心して利用できるリショップナビを必ず活用しましょう。

リショップナビ
公式サイトはこちら
【リノコ】
無料&匿名で見積もり相場と優良業者がわかる
リノコ
  1. 自宅近辺のリフォーム適正価格が"10秒でわかる"
  2. 厳しい基準をクリアした優良施工店のみ紹介
  3. 1日の利用人数を制限するほどの人気サービス

自宅近辺で優良施工店を探すなら「リノコ」以上のサービスはありません。

「仕上がりが悪い」「追加請求がきた…」などトラブルが多いリフォーム。リノコなら厳しい基準をクリアした優良施工店のみ、また適正価格の"定額料金"なので追加費用は一切ありません。

安心・安全かつ無料&匿名で利用できるリノコは必ず利用してほしいサービスです。下記の無料診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

まとめ

白い部屋のキッチンと窓

キッチンリフォームの費用を安く抑えるには、使用中のキッチンと同じタイプかどうか、一部のみか総取り替えか、キッチンを移動させる必要があるかどうかなど、さまざまな要素を検討しましょう。キッチンを移動させるとなると費用はどうしても高くなります。

移動させる必要がある場合は、既存のキッチンを流用できないかも考えるべきです。ただ、いずれにせよ工事を行うのは施工業者ですので、低価格で工事を提供してくれることと同時に、安心して任せられる業者なのかどうかをよく吟味しなければなりません。

アフターサービスまで頭に入れて、まずは業者に見積もりを出してもらいましょう。1社だけでは価格が判断できないため、一括見積もりサービスを利用して、なるべく多くの業者から相見積もりを取ることをおすすめします。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ