LOADING

キッチングリーン キッチン

【箇所別】キッチンの収納を増やすリフォーム平均費用・相場と注意点

より使い勝手の良いキッチンにするためにも、棚や引き出しなどの工夫は必要です。年配の方ならデザイン性や流行よりも「無理なく使える」ことを重視する必要がありますし、家族構成によっては将来性を考えて検討することも大切でしょう。

また、キッチンのリフォームは安価なものではありません。たとえ少ない個所をリフォームする場合でも、商品価格以外に工事費、廃材処分費などがかかってきます。それらを踏まえたうえでリフォームについて考えましょう。

最近はスライド式の収納が流行っていますが、果たして自分の家には合うのでしょうか?収納にもそれぞれメリット・デメリットがあることをきちんと考えなければいけないでしょう。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

キッチンの収納(引き出し・棚)できる箇所

ダイニング

先にも述べたようにキッチンスペースによってどれくらいの収納が可能になるかは異なります。そして、スペースを有効活用することで賢く収納することができるでしょう。一般的に収納というと引き出しや棚などですが、この2か所だけでもいろんなタイプがあります。

たとえば棚なら、近年流行っているのが「背面収納」と呼ばれるもの。その名のとおりキッチンの後ろ側に収納スペースがあるもので、キッチンやリビングから見えるのが特徴です。戸建てはもちろんのこと、マンションでもこのタイプの収納が増えています。

壁面を有効活用して収納するのでムダがありませんし、キッチンをすっきりまとめることができるでしょう。他にも、天板・吊戸棚・床下などが大体の収納場所になります。これらはリフォームで増設することもできますし、使いやすくコンパクトにすることもできます。

キッチン本体

ダイニング

キッチン本体とは、いわゆる「シンク」「調理台」「流し台」「コンロ台」「レンジフード」などを指します。これらをリフォームするとなると大掛かりになりますが、一気にキッチンの雰囲気を変えることが可能です。

収納スペースが少なく、キッチン器具の置き場を持て余している場合など、本体すべてをリフォームすることでスッキリするでしょう。ただ本体をリフォームするということは、そのぶん費用も大きくなってきます。その辺もきちんと考えて検討する必要があります。

ちなみに、キッチン本体のリフォームは原状回復させるケースまるっきり変えるケースの大きく2つに分類されます。前者は一部を交換するだけで良いので費用も抑えられますが、後者はまるっきり変えてしまうのでやはり膨大な費用がかかることになってきます。

キッチン本体のリフォームにかかる費用と注意点

電卓

キッチンの一部を交換するだけであれば、大体70~100万円です。たとえばコンロ台からシステムキッチンにする場合など、これくらいの費用でリフォームすることができます。原状回復だけでも、使い勝手はずいぶん変わってきます。

キッチンの雰囲気もリフォーム前より明るくなるでしょう。一般的に交換できる場所は以下の3つです。

  • 収納の取っ手
  • 扉のタイプを変更
  • 天板

収納の取っ手は、つまみタイプからハンドルにするだけでもずいぶん違いますし、扉をスライド式にするだけで扱いやすくなります。上記はあくまで原状回復の場合です。まるっきり変えてしまう場合、費用はもう少し高くなり、大体150~300万円かかるでしょう。

いわゆるリノベーションと呼ばれる方法で、キッチン本体をすべて変えることになるので、どうしてもこれくらいの費用になってしまいます。とはいえ、リノベーションすると今までとはガラリと雰囲気が変わるので、こだわりたい方には最適です。

注意してほしいのは、使用するパーツや工事の種類などによって費用が変わってくることです。上記の費用はあくまでリフォーム全体の費用であって、商品価格や廃材処分などを考えると変動します。そのこともしっかり考えておいてください。

キッチンの天板

キッチン

天板はワークトップと呼ばれている部分です。近年はシステムキッチンが増えていますが、使い勝手の良い天板にすることで調理や掃除などがラクになるでしょう。人気の天板は、人工大理石やステンレスなどで、汚れがつきにくいので、天板には最適です。

ただリフォームをする場合、天板のデザインによって費用が変わってくるので、しっかり検討する必要があります。

キッチンの天板のリフォームにかかる費用と注意点

電卓とお金

当然、人工大理石とステンレスでは前者のほうが費用は高くなります。ステンレスは昔から使われている天板ですが、年々良いものへと変わってきています。掃除のしやすさや、使いやすさなどを重視して選ぶなら断然ステンレスがおすすめです。費用は、約8万円です。

他にも、傷がつきにくく耐久性に優れたクォーツストーンも人気があります。ただ特殊な天板を使用してしまうと、先にも述べたように費用が高くなってしまうので、デザイン性だけでなく使いやすさ・汚れにくさ・耐久性なども考えて検討することがポイントでしょう。

ちなみに、人工大理石の場合は約10万円となっています。それに加え、「どれくらいのサイズにするのか」などでも変わってくるでしょう。

吊り戸棚

キッチン

キッチンの上部にあるのが吊り戸棚です。この吊り戸棚、意外にも邪魔に感じる方が多いといいます。キッチンの収納スペースとして吊り戸棚は定番ですが、いかんせん自分よりも高い位置に設置されていることが多いため、届かなくて困る方は少なくないでしょう。

実際、吊り戸棚の収納は「普段使わないもの」が多く、リフォームによって取り外す人も少なくないといわれているほどです。しかし、取り外すと今度は「吊り戸棚が必要」と感じるケースも少なくありません。意外と扱いが難しいのがここの収納スペースなのです。

不要なようで必要、必要なようで不要。そんな吊り戸棚は、使いやすくリフォームしてみると良いでしょう。賢くリフォームすることで、今まで煩わしいと感じていた吊り戸棚がとても便利になります。

吊り戸棚のリフォームにかかる費用と注意点

電卓とペン

では、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?吊り戸棚を取り替える場合・取り付ける場合で変わってきます。前者の場合、2~3万円程度です。もともとある吊り戸棚を別のものに替えるだけなので、それほど費用はかかりません。

しかし取り付ける場合は、5~10万円程度と高くなります。増設するわけですから、ただ棚を取り付けるだけでなく天井や壁の補強も必要になってくるでしょう。

そのため、取り替えよりも値上がりしてしまうのです。吊り戸棚のタイプによってはもっと高くなる場合もあるので、じっくり検討してください。

床下収納

床下

収納するスペースがない場合に役立つのが床下収納です。床を活用するのでスペースも取りませんし、見た目もスッキリするでしょう。意外にも物で溢れていることが多い場所だからこそ、床下収納の「見えない収納」を活用してみてください。

とはいえ、リフォームとなるとやはり新たに収納スペースを増設するわけですから、それなりの費用がかかってきます。また注意点もしっかり理解しておく必要があるでしょう。

床下収納のリフォームにかかる費用と注意点

電卓とペン

リフォームにかかる費用は、約10万円前後です。あくまで相場なので、サイズや使用する部材、機能性などで大きく変わってきます。場所を広くすればするほど高くなるでしょう。基本的に、リフォーム費用は商品価格だけでなく工事費、廃材処分費なども含まれます。

それらをすべて含めたうえでこの価格になりますが、床下点検口を利用してリフォームする場合はもう少し安くなります。工夫次第で費用を抑えることもできるでしょう。たとえば、大型の床下収納を設置する場合は10万円以上はかかります。

田舎暮らしで買い溜めをしている方などは、大型冷蔵庫並の床下収納を設置している家庭が多いものです。しかし一般家庭であれば、小さいものでも十分収納ができます。根菜類やペットボトルなどを収納するだけであれば3万円で済ませることも可能でしょう。

パーツ別にかかる費用

ビジネス

キッチンのリフォームといっても、パーツ別にかかる費用は異なります。たとえば、引き出しの取っ手やスライド引き出し、床下収納など。

天板は、ステンレスにするか人工大理石にするかでもずいぶん変わってくるでしょう。同じキッチンのリフォームでも、全体を替えるのとパーツのみ替える場合でも費用は変わってきます。

近年は100万円以下でも十分素敵なキッチンへとリフォームできるといわれていますが、デザイン性や使い勝手など細かいところにこだわると200万円以上になってしまうケースも少なくありません。それでも、大体200万円以下でリフォームできるといわれています。

取っ手の交換

キッチン

取っ手が古くなってしまった場合や、使い勝手が悪い場合は交換のリフォームが可能です。取っ手を替えるだけでも、ずいぶん雰囲気は変わってきます。棚のデザインに合わせて選ぶのがポイントです。使いやすさだけで選ぶと棚とミスマッチでキッチンに馴染みません。

リフォームは、材質や色なども見て考える必要がありますから、たかが取っ手の交換でも入念に選ぶ必要があるでしょう。ひと口に取っ手といっても種類はさまざまです。つまみタイプが一般的ですが、掴みやすさからバータイプが人気です。

同じバータイプでも、いろんな種類があるので費用は変わってきます。扱いやすさも重要なポイントです。費用は、商品価格・工事費・廃材処分費を合わせて大体3万円。

気をつけるんだ!
バータイプの場合、長さによっても変動するので注意してください。増設する場合も別途費用が発生しますので、しっかり考えてから交換しましょう。

スライド引き出しへの変更

キッチン

開けやすさや収納スペースが増えるなどで人気のあるスライド引き出しですが、デメリットもあります。特にフライパンや鍋などを収納する場合、スライド引き出しにすると重さで開けにくくなるといわれています。

将来性を考えると不便に感じることがあるので、人気のタイプとはいえきちんと考えて変更しなければいけません。費用は約20万円で、増設する場合は、さらにプラスされます。

大掛かりなリフォームにもなりますから、「どんなものを収納するのか」「わが家にとって将来的にも役に立つのか」などを考えてリフォームしましょう。

床下収納の追加

リフォーム

大きさにもよりますが、大体10万円。昔からある収納ですが、近年はいろんなタイプのものが増えています。そのため、サイズや種類によってじゃ10万円以上になる場合も少なくないでしょう。

一般的な開閉するタイプのものであれば、それほど高くありません。前述したとおりの費用でも十分リフォームできます。

キッチンの場合は、この相場でも十分可能ではないでしょうか?畳など特殊な場所に追加する場合は、約20万円といわれています。

収納リフォームの注意点

オフィスにいる男性

いざキッチンの収納リフォームをしようと思っても、意外と難しいもの。というのも、安易に検討してしまうと失敗してしまうからです。多くの人はデザイン性などを重視しがちですが、これが失敗の元です。

見た目はオシャレでも、使ってみると扱いにくく不便だったというケースは少なくありません。そんなことのないように、収納リフォームをする際は事前に注意点や失敗例などを見ておくと安心です。

また、リフォーム会社選びも重要になります。ひと口にリフォーム会社といってもさまざまです。当然、質の高いリフォーム会社に依頼するのがベスト。1か所だけでなく、数か所に見積もりを出してもらいましょう。

ここでワンポイント
キッチン全体を見てじっくり検討することが大切です。いざリフォームをしたら「ゴミ箱を置けなかった」「吊り戸棚を使用しなかった」といったことのないように、実際使ったところを想定してから考えるようにしてください。

開けるときに開けにくい・または重たくないか

ダイニング

扉からスライド引き出しに替えた場合に多いのがこの「開閉のしやすさ」に関する問題です。スライドするだけで良いのでとても便利ですが、先にも述べたようにフライパンや鍋などを収納すると開閉が重くなってしまいます。

スムーズに開閉できなくなるとやはり使い勝手が良いといえません。意外にも見落としがちな点なので、収納するものも考えてスライド引き出しを検討しましょう。

DIY

壁塗り

自分に合った収納スペースにするには、DIYという手もあります。リフォームをするとどうしても実際使ったときに使いにくいと感じることがありますが、DIYなら自分好みに変更できるので使い勝手は抜群です。

日曜大工が不得意な方でも、カラーボックスを使えば簡単に収納スペースを作ることができますし、最近では100円ショップにもホームセンターで買えるようなアイテムが売っています。意外にも簡単にできるので試してみてください。

まとめ

交渉

いかがでしたか?キッチンは毎日使う場所だからこそ、使い勝手や収納などが気になります。あなたにとって「使いやすいキッチン」とはどんなものでしょうか?価格も大型リフォームでは10万円以上となるなど、リフォームの規模によって差があります。

また間取りを含めると100万円になる場合もあります。ついデザイン性や流行などを優先しがちですが、しっかり検討しないと失敗しやすいことが分かりました。価格や注意すべき点をじっくり検討して自分に合った居心地の良いキッチンへと大変身させましょう。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ