LOADING

キッチングリーン キッチン

面積と高さが重要!カウンターキッチンのリフォーム費用と注意点!

カウンターキッチンとは、いわゆるリビングなどが見えるオープンになったキッチンのことです。近年このタイプのキッチンが増えており、リフォームを希望する方も少なくありません。

キッチンからリビングが見渡せるので小さなお子さんがいる家庭には特に最適ですし、家族との会話も増えるでしょう。そんなカウンターキッチンですが、さまざまな種類があります。

そのため、ひと口にカウンターキッチンといってもかかる費用はもちろんのことデザイン、使いやすいなどは異なるのです。また、リフォームするうえでの注意点もありますので、カウンターキッチンを検討している方は事前に確認しておきましょう。

【体験談】リフォーム費用が106万⇒85万円に!
誰でも簡単に見積もりを安くする方法とは?

リショップナビのサービス内容

「わが家のリフォームは一体いくらかかる?」「高額な費用を請求されるんじゃないのか…。」と不安に思う方も少なくありません。

リフォームは定価がなく、適正価格を知るなら複数社の見積もりを比べるしかありません。

『リショップナビ』なら簡単入力でリフォームに掛かる費用を複数業者で一括見積もり。特定の厳格な審査基準をクリアした会社のみ紹介しない制度なので安心です。

実際にわが家のリフォーム費用は当初より21万円も安くなりました。専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので安心してリフォームを検討できました。

累計利用者数が10万人を突破したリショップナビ。リフォームで損しないために必ず活用してください。

カウンターキッチンの種類と費用

ダイニング

カウンターキッチンと聞いて思い浮かぶのは対面キッチンではないでしょうか。リビングとダイニングが見渡せるタイプのキッチンで、近年マンションでもこのタイプのキッチンが増えています。

冒頭でも述べたように家族を見渡すことができるので、家族とのコミュニケーションを増やしたい方にはぴったりでしょう。小さなお子さんがいる家庭も、対面キッチンにすることで安心です。

また、カウンターキッチンには大きく2つのタイプに分けられ、フルオープンになったタイプもあれば、間にカウンターがあるタイプもあります。間にカウンターが入っているタイプは、料理の持ち運びにとても便利です。

ここでワンポイント
カウンターの傍にダイニングテーブルを置くケースが多いと思いますが、そうすることでキッチンからダイニングテーブルまで料理が運びやすくなります。

フルオープンタイプは、いわゆるアイランドキッチンやペニンシュラキッチンなどを指し、吊り戸棚など余計なものがないので空間を広々と見せられるでしょう。カウンタータイプは圧迫感があるので、スッキリ見せたい方にはフルオープンタイプがおすすめです。

気になる費用ですが、カウンターがあるタイプとオープンタイプでは大きく異なります。オープンタイプでもフルオープンになると費用は高くなり、230万円を超える場合もあるでしょう。

対面式キッチンと特徴と費用

キッチン

その名のとおり、リビングやダイニングと対面になっているのが特徴です。マンションでもこのタイプのキッチンが増えていますが、壁がないので圧迫感がなく、開放感があります。

先にも述べていますが、リビングやダイニングが見渡せることから料理をしつつ家族とコミュニケーションを取ることができます。ただ対面式キッチンの場合、フルオープンタイプではないのでカウンターや吊り戸棚が設置されています。

そのため、多少の圧迫感はあるかもしれません。しかし収納スペースを十分取りたい方には適しているでしょう。費用は、70~160万円前後です。

ここでワンポイント
コンパクトなキッチンであれば100万円以下に抑えられますが、スペースが広い場合やハイグレードになるとやはり高くなります。また壁付きキッチンから対面式キッチンにリフォームする場合も、壁を取り除くことになるので高くなるでしょう。

オープンキッチンと特徴と費用

ダイニング

オープンキッチンは、フルオープンになっているタイプとそうでないタイプがあります。そのため、同じオープンキッチンでもどのタイプを選ぶかによって費用は変わってくるでしょう。

しかし、対面式キッチンに比べると開放感があり、吊り戸棚もないのでリビングやダイニングまで開けているのが特徴です。カウンターとして使うこともできますし、料理の持ち運びもスムーズになります。

対面式キッチンよりも見渡しが良くなるので、やはり小さなお子さんがいる家庭にはメリットになるでしょう。費用は、110~200万円前後です。吊り戸棚がないので収納スペースを考える必要がありますが、広々とした空間を望んでいる方にはおすすめです。

アイランドキッチンと特徴と費用

キッチン

こちらはまた一風変わったデザインで、ひと言でいうと、独立したキッチンです。敷地が広くないと難しいタイプですが、キッチンにこだわっている方には人気があります。まさにフルオープンなキッチンで、オープンキッチンよりもさらに開放感があるのが特徴です。

調理するスペースも広いので、料理がしやすく配膳もラクになるでしょう。一般家庭でこのタイプのキッチンを利用している方はほとんどいないかもしれません。そのため、料理教室を開いている方や、料理家などに多いタイプといえます。

またキッチンでスペースを取ってしまっているので、収納の確保は考えなければいけません。費用は、150~230万円前後。オープンキッチンより高くなります。

キッチンを移動させる場合の費用

電卓とペン

キッチンのリフォームは、原状回復であればそれほど費用はかかりませんが、大掛かりな工事をする場合はどうしても多額の費用がかかってしまいます。たとえば、キッチンを移動する場合です。

キッチンの移動と聞いてもいまいちピンとこないかもしれませんが、元の場所から希望する位置に移動するリフォームです。なかには、2階へ移動するケースもあります。

キッチンの移動は、当然大掛かりなリフォームになります。そのため、キッチンを移動するスペースも必要ですし、移動した後の修復も欠かせません。またキッチンのタイプによってもかかってくる費用は異なります。同じキッチンでも100万円前後の差があります。

対面式キッチンとフルオープンタイプの移動費用

虫眼鏡とお金

対面式キッチンへと移動する場合は、150~250万円程度。もともとのキッチンスペースを対面に移動するだけなので、それほど費用は高くありません。とはいえ、100万円以上することは念頭に置いておきましょう。

次に、フルオープンタイプへと移動する場合では、200~300万円とやはり高くなります。アイランドキッチンのようにキッチンが独立している場合は、確実に高くなってしまうのでじっくり検討する必要があるでしょう。

キッチンのリフォームは、給排水管やダクト、電気線などキッチンとは別の工事も必要になってきます。さらに、移動となると移動する場所の確保や移動した場所の修復なども必要になりますから、しっかり見積もりを出してもらい納得したうえでリフォームしましょう。

カウンターキッチンにする場合の注意点

キッチン

カウンターキッチンは開放感があるので、小さなお子さんがいるなど家族との時間を大切にしたい方には憧れのキッチンです。しかし、カウンターキッチンにする場合はいくつかの注意点があります。

注意点をしっかり理解しておかないと、以前よりも使いにくいキッチンになってしまう可能性もあり得るでしょう。そんなことのないように、事前にしっかり確認しておいてください。

カウンターキッチンは面積と高さに注意

チェック

カウンターキッチンは何度も説明したとおり壁のないキッチンのことをいいます。壁付きキッチンからこのタイプにリフォームする場合、「必要になる面積が違う」ということを理解しておかなければいけません。

ある程度広さが問われますから、狭いキッチンをカウンターキッチンにする場合、「前より狭くなってしまった」ということのないように、キッチンやリビング・ダイニングなど、どれくらいのスペースがあるか確認してからリフォームを検討しましょう。

次に多いのが、「カウンターの高さ」です。ポイントは、家族の身長に合わせて選ぶことです。家族の身長がバラバラな場合は、キッチンを利用する頻度が高い方の身長に合わせて選ぶと良いでしょう。

気をつけるんだ!
高すぎる・低すぎるなど極端になると料理しにくくなるので注意してください。ベストな高さは、(身長÷2+5)cmです。他にも、耐水性やシンクや換気扇の音、タバコや料理のニオイなどにも注意しましょう。

耐水性の高いものにするようにする

キッチン

キッチンはいわゆる「水回り」ですから、耐水性の高い素材を選びましょう。一般的に設定されているのはステンレスや人工大理石ですが、クォーツストーンも耐水性が高いです。また、クォーツストーンの場合、傷もつきにくいので耐久性にも優れているでしょう。

ちなみに、ステンレスと人工大理石ではステンレスのほうが耐水性があるといわれています。昔から使われている素材なので馴染みがあるのも良いでしょう。人工大理石も耐水性はありますが、アクリル系とポリエステル系があるので気をつけてください。

耐水性が高いキッチンは、調理をするときに水浸しになる心配がありません。毎日の掃除もしやすくなるでしょう。

シンクや換気扇の音・ニオイに注意する

ダイニング

開放感があり家族とのコミュニケーションが取りやすい、配膳しやすいといったメリットがあるカウンターキッチンですが、注意点として挙げられるのが「換気扇の音」や「ニオイ」です。

実際使用していると、キッチンとリビングやダイニングがひとつになることでTVの音が聞こえにくくなるといったケースがあります。調理中の音や洗い物の音、換気扇の音などがリビングやダイニングにいる人たちの邪魔になってしまうこともあるので、工夫が必要です。

これらを避けたい方はやはり壁付きキッチンのほうが使いやすいですし、換気扇を静音タイプにすることで対処できるでしょう。シンクも音が気にならない素材を選ぶことで防げます。

気をつけるんだ!
家族に喫煙者がいる場合、カウンターキッチンだとどうしてもキッチンまでニオイが入ってしまいますから、その点も考慮する必要があるでしょう。

ついデザイン性や流行だけで選びがちなカウンターキッチンですが、こういった注意点にもしっかり目をやることで、より使い勝手の良いキッチンリフォームができるのです。

収納を確保する

キッチン

オープンで開放的が売りなカウンターキッチンですが、難点はやはり「収納スペース」です。対面式キッチンであれば吊り戸棚が付いているものもあるので、ある程度収納スペースを確保できます。

しかし、アイランドキッチンのように独立したフルオープンタイプのカウンターキッチンは、吊り戸棚が付いていないので収納スペースは少なくなります。そのため、収納を確保することをしっかり念頭に置いておく必要があるでしょう。

ここでワンポイント
リフォームする場合は、キッチン下に収納スペースを設けること。背面収納もおすすめです。いろんなフルオープンタイプのキッチンを見てみると、背面を活用している方がほとんどでした。

キッチン周りは背面で十分収納スペースを確保することで、無駄なくキッチンを活用できるでしょう。もちろん、DIYが得意な方は自分好みの収納スペースを作っても良いかもしれません。DIYが苦手な方でも、カラーボックスやワゴンなどで簡単に作ることができます。

また、収納は何も隠すばかりではありません。「見せる収納」でカウンター周りを活用するのもおすすめです。

まとめ

ペンと電卓

いかがでしたか?憧れのカウンターキッチンは、選び方次第で以前よりも狭くなった、思っていた面積と違ったということになり兼ねません。

そのため、ある程度スペースが必要になることを覚えておきましょう。実際、せっかくリフォームをしたのに失敗してしまった例はたくさんあります。

リフォームにかかる費用も、どのタイプを選ぶかによって100万円弱で抑えられるものもあれば、200万円以上する場合もありますので、じっくり考えて理想のカウンターキッチンを手に入れましょう。

失敗しない!リフォーム業者の正しい選び方

リノコのサービス

「納得のいく仕上がりになるか心配…」
「いくら費用がかかるかわからない…」

いざリフォームをしようとする、このような不安が出てきます。 すぐに優良業者が見つかればいいですが、そんな簡単にはいきません。 仕上がりが悪かったり、追加請求がきたりとトラブルも多いリフォーム。そんな不安を解消するのが「リノコ」です。

  • 適正価格の"定額料金"なので追加費用なし
  • 厳しい審査基準を満たした"優良施工店のみ"紹介
  • 専門知識をもつコンサルタントが最後まで担当

安心して納得のできる業者を選ぶなら「リノコ」は最もおすすめ!下記の診断ツールから、まずはあなたのリフォームの適正価格を確認しましょう。

(※施工店からの営業電話は一切ありません)

コメントを残す

ページの先頭へ